オオルリ・イカル

 今朝はいつもより早く出かけてみました。
もうすぐ5月とは思えない寒さでしたが、湖畔から森の中へ入ってしまえば冷たい風はあたらないので、足早に歩きました。


昨日とは別の場所で、オオルリ雄3羽、雌1羽の群れに出会いました。
c0340898_20231375.jpg
c0340898_20223256.jpg
c0340898_20215963.jpg


c0340898_20240083.jpg
様子を見ていると、どうやら群れのリーダーはこの女の子のようでした。

オオルリが遊歩道の脇で見られるのは、渡ってきた後の今だけです。囀りがはじまる頃には、高い場所で姿を見ることが多いです。


オオルリたちが休んでいるそばでは、エンレイソウが咲きはじめていました。
c0340898_20253028.jpg



午後から、熊谷 勝さんの写真展「愛らしい鳥たち」を観に室蘭へ行きました。
会場は混んでいましたが、野鳥を好きなかたがこんなにたくさん!と、お客のひとりでありながら、とても嬉しく思いました。
テーマのとおり、愛らしい鳥たちを堪能してきました。



途中で立ち寄った公園では、おいしそうにクルミ?を食べているエゾリスと、
c0340898_20262883.jpg



「誰の囀りだろう?」と、双眼鏡で主を探して、やっと見つけたのは、イカル!
c0340898_20243525.jpg
遠くて高い場所だったのですが、何枚か撮って、まぐれで目が入っていたものです。
高らかに囀っている、その嘴の様子は写っていませんでしたが。
でも、イカルの囀りは初めて聴くことができました。







[PR]
by naomin1112 | 2016-04-30 21:14 | オオルリ
<< 鳥見日和 オオルリ、キビタキ到着です。 >>