オオジュリン雛・暑そうなヒバリ

 7月分の仕事を終え、久しぶりに鳥見に出かけました。
湖畔からキャンプ場方面へ歩いて行きましたが、クマに出会いたくないので途中で引き返しました。
草刈り中だったためか、鳥たちの姿はなし。
あんなに多くいたキビタキの気配もまったくなし。




つぎに、海岸草原へ行ってみました。
警戒してジャッ、ジャッと怒っているノビタキの前をとおり、海岸と草原の間の道を歩いて行くと、聞き慣れない声がしました。
なにかのヒナが親を呼ぶ声。
見回すと、遠くにオオジュリンのヒナがちょこんといました。

c0340898_18423103.jpg
私のコンデジ最高のズームです。
カメラを覗いているだけでゆらゆら、まさに証拠写真です・・。

まだ親から虫を運んでもらっているおチビさんですが、飛ぶチカラは大したものでした!





今日はいつになくヒバリが目立っていました。どのヒバリも、暑さからか、口を開けていました。


メガネ模様がくっきりのヒバリ。
c0340898_18433148.jpg
濃い色合いのコです。




時々クルマが通る道で、優雅に砂浴び中!
c0340898_18454172.jpg

c0340898_18443897.jpg

c0340898_18470006.jpg
少し歩いては砂浴び、また歩いては砂浴び・・・その様子が可愛くて、終わるまでずっと見ていました。




こちらのコは、暑そうな顔で休憩中?
c0340898_18513518.jpg

c0340898_18495589.jpg

c0340898_18482621.jpg
ヒバリは表情が豊かだなぁーといつも思います。

ヒバリの幼鳥も見てみたいのですが、もう、羽色など親と同じになっているのか、見分けることができずにいます。



by naomin1112 | 2015-07-30 22:29 | オオジュリン
<< 日本海側へ遠征(1)ヘラサギ  海岸草原のシマセンニュウ・コヨ... >>