ノビタキきょうだい

 久しぶりの海岸草原は鳥たちの声で賑わっていました。

ハマナスの花の近くで囀っていたコヨシキリ。
c0340898_20290671.jpg

c0340898_20294973.jpg
相変わらずのハイテンポです。
縄張りを主張しているのでしょうか、それともお嫁さん探し?ちょっと飛んでも、また同じあたりに戻って来てスルスルと登りながら囀ります。





もうそろそろかな~と思っていましたが、やっとノビタキの子どもたちに出会うことができました。
とても遠いので、カメラを向けてもゆらゆらの手振れです・・・。でも、かわいいので並べてみました。

まだあまり動けないような、おチビさん。ここから親をジッと見つめている様子でした。
c0340898_20313047.jpg

c0340898_20303640.jpg
親が虫を運んでいました。バランスを崩しながら、パタパタとおねだり!



最初、この子1羽だけかと思っていましたが、兄弟が飛んで来ました。
c0340898_21355045.jpg

c0340898_21371085.jpg
あとから飛んで来た子(左側)は少し成長が早いようで、親の後を追って飛び回っていました。



c0340898_21385952.jpg
たまたまこの場面が写りました。親が子どものところに飛んできて虫を与えるのはとても速いです。



c0340898_21381455.jpg
まだあまり上手に飛べないこの子も、一日ごとに立派なノビちゃんになってゆくことでしょうね。



c0340898_21392860.jpg
こちらは、もうだいぶ飛べる子。飛ぶことが楽しくて仕方がない、という様子でした。

2羽とも、元気に育ってほしいです。
北海道生まれのこの子たちは秋には海を渡って行くのですね。





もう帰ろうとした時、近くの水場からいきなり上がってきてビックリした、シマセンニュウ。
c0340898_21405687.jpg
いつもなら、囀り声は聴こえてもなかなか出会えないのです。でもこの彼は、慌てるわけでもなく、羽繕いをしたり囀ったりしていました。











by naomin1112 | 2015-06-25 22:31 | ノビタキ
<< アカゲラ親子 キビタキ親子 >>