人気ブログランキング |

ウトナイ湖で、マガン・ヒシクイ・ハクチョウ

 ウトナイ湖へ行きました。
20日の新聞によると、ガン類、ハクチョウ類、カモ類などその他の鳥、合わせて6400羽を確認し今が飛来のピークなのだそうです。

湖畔で観察していると、次々に着水してきました。
c0340898_23201876.jpg

c0340898_23191256.jpg
けっこうぎりぎりまでVの字でいて、一瞬ばらけて着水しているようでした。





c0340898_23212689.jpg
マガンとヒシクイがごちゃ混ぜで、みんな逆立ちで食べ物を採っていました。
数年前から、シジュウカラガンが1羽混ざっているそうなので、見える範囲で探してみましたが、わかりませんでした。





c0340898_23182001.jpg
コハクチョウの親子。
遠くにも近くにも、オオハクチョウやコハクチョウがたくさんいます。


しばらく休んだら、次の中継地へそして越冬地へと飛んで行くのですが、来年の春もまた元気で帰ってきてほしいです!





湖畔を離れ、林の中の小道を進むと、ハシブトガラが2羽、木の実を食べていました。
c0340898_23222053.jpg

c0340898_23230613.jpg
この子たちのお気に入りの場所なのでしょうか、ちょっと飛んでもまたここに戻ってきて、おいしそうに実を食べていました。
ウトナイ湖周辺は人通りが多いせいか、慣れているようで、ヒトのすぐそばでもふつうにもぐもぐしていました。



by naomin1112 | 2014-10-22 00:07 | ヒシクイ
<< カシラダカ、やっと出会えた! マミチャジナイとヤマゲラ   >>