タグ:メジロ ( 8 ) タグの人気記事

メジロが見つけた

 今日は一日中晴天!という予報なので、家事を高速で済ませていつもの湖畔へ。


遊歩道の反対側で、メジロがなにやら必死でジタバタしていました。
望遠で見てみると・・・
c0340898_19425916.jpg
去年、だれかがここに産み付けたタマゴ(たぶん)。


いいもの見つけた~!とばかりに引っ張るけれど、なかなか取れない。
c0340898_19441460.jpg


c0340898_19422969.jpg
どうしても、取れない!



c0340898_19453427.jpg
あきらめた表情のメジロ・・・この後、飛んで行きました。





森には、夏鳥のみなさんが、続々と到着しているようです。
c0340898_19471005.jpg
大音量で囀るアオジくん。




枝の向こうに佇んでいた、ニュウナイスズメくん。
c0340898_19480469.jpg


みんな、かわいいお嫁さんが来てくれるといいね。








[PR]
by naomin1112 | 2016-04-25 20:12 | メジロ

小畔川、懐かしい場所(1)

 新年明けましておめでとうございます。

久しぶりに埼玉へ帰省して暖かいお正月を過ごしてきました。

私が通っていた小学校は数年前に移転して、跡地はサッカー場になりました。でも、よく遊んでいた学校の近くの河原や田畑は昔のまま、それに今では市民憩いの公園や水鳥が集まる貯水池もできて、毎日鳥見に行きたくなる場所になりました。


公園でいちばん多く見かけたのはヒヨドリ。いつでもどこでも賑やかなようです。

「ぎ~~」という声を探すと、1羽のコゲラが幹を突いていました。
写真を撮ってから気付いたのですが、雄に見られるという赤い部分が!!
c0340898_11185545.jpg
ずっと見てみたかったので、正月早々嬉しいことがあり、コゲラくんに感謝です!




すぐそばにはメジロの群れが飛び回っていました。樹液をなめに来ているように見えました。
c0340898_11193900.jpg
ウチの方ではまだまだ出会えないメジロ、ひと足早く可愛い姿を見ることができました。





川を挟んで、貯水池と公園の池が並んでいるのですが、そこを自由に行ったり来たりしているカワセミ。人や犬が通っても、平気で魚を探していました。
c0340898_11122963.jpg
凛々しい雄くんと・・・




美人さんの女の子です。
c0340898_11161580.jpg


c0340898_11144558.jpg
けっこう高い位置から池の中を覗き込んで、ダイビングしていました。
よく見ると、カワセミが食べやすいような大きさの魚がいっぱいいました。




c0340898_11213757.jpg
西日を浴びたモズ、若いコなのかな?素早く飛んで虫を捕まえていました。



多くのウォーキングやランニングの人々、犬の散歩、広場ではボール遊びや凧揚げ、川では釣り人・・と、どこも人で賑わっている場所なのですが、鳥たちも多く集まっていたのでちょっと驚きました。
(2)へ続きます。



相変わらずのコンデジ任せの写真となかなか上達しないパソコンの扱いなのですが、お出でくださるみなさまに感謝しつつ、今年も鳥見とブログを楽しみたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。






[PR]
by naomin1112 | 2016-01-05 22:31 | コゲラ

おいしい赤い実

 今朝、町内でヒグマが目撃されました。
私が時々鳥見に行く海岸草原に近いので、しばらくの間一人では出かけないことにしなければ・・・。



今日は前回の鵡川河口の帰りに立ち寄った林道でのことです。

とても久しぶりにメジロの群れに出会いました。
c0340898_20221760.jpg
c0340898_20230275.jpg
かわいい声があたりにいっぱい!





遠くに真っ赤な実をつけた木があり、誰かがいそうだったので、注意して見ていると、やはり実を食べに来たコがいました。
写真を撮ってから確認したのですが、クロツグミの幼鳥?だと思います。
c0340898_20254423.jpg
c0340898_20264143.jpg
c0340898_20240757.jpg
足場がいろいろありそうに見えるのですが、実際はちょうど実が食べやすい足場がないのか、ひと粒採るのもタイヘンそう。
バランスを崩して、下にバサバサと落ちてしまう場面も。





クロちゃんのあと、同じ場所に来たコは、何の幼鳥なのでしょう?
c0340898_20290832.jpg
c0340898_20303924.jpg
クロツグミより少し小さくて、白い眉斑が目立っていました。まだ枝から枝へうまく飛び移れなくて、この子も時々バサッと落ちていました。
図鑑で調べたのですが、わからず・・・です。





となりの木のてっぺんでは、ノビタキさん。
c0340898_20274366.jpg
冬羽に変わってきて、秋の装いです。
いつも夏羽のノビタキを見ているので、冬羽はとても新鮮な感じです。


[PR]
by naomin1112 | 2015-08-18 21:51 | メジロ

月曜日の湖畔

 日曜日だった昨日とは打って変わって静かな湖畔の遊歩道。
歩いているとき、前後に人もクルマもいない状態というのが続きました。すると、縁石にちょこまかとキビタキの女の子。

c0340898_21105420.jpg
縁石に乗ったり、道路に下りたり、まるで遊んでいるかのようでした。

c0340898_21114073.jpg





水場から上がって羽繕いを始めたこの子は、キビタキ?
c0340898_21095736.jpg






初めて、センダイムシクイの幼鳥にちゃんと出会いました。
c0340898_21124457.jpg
この子はもうだいぶオトナになってきたようです。
センダイムシクイは早めの営巣・子育てなのか、クマの看板が設置される前に(6月初旬)対岸で彼らの巣立ち雛に出会ったことがありました。







ざわざわと、カラちゃんたちのものとはちょっと違う声がしたのでよく見てみると、メジロでした。同じ木に群れでいて、ちょこまかと動き回っていましたが、1羽がふいに出て来て、羽繕いを始めました。
c0340898_21183141.jpg

c0340898_21170346.jpg

c0340898_21153270.jpg

c0340898_21135651.jpg

c0340898_21192521.jpg
動きが速くてなかなか撮らせてもらえないメジロが、明るい場所に出てきて羽繕いを!・・・私はドキドキで、初めはブレブレ写真ばかりでした。
落ち着いてきたころ、やっとふつうに撮ったので、同じようなのですが並べてみました。














[PR]
by naomin1112 | 2015-07-06 22:10 | キビタキ

ペタンと座る、ハクセキレイの子、再び

 いつもの湖畔の遊歩道を歩いていると、遠くに白っぽいハクセキレイがチョコチョコ小走りしているのが見えました。

もしかしたら、6月13日のブログに登場した、縁石にペタンと座り込んでいたハクセキレイ幼鳥かと思います。
c0340898_20192905.jpg
かなりしっかりしてきた様子で小走りしては何かをついばんでいました。
よく見ていたら、時々アスファルトの上で座っていました。あの子かな?と思い、元気でいたことがとても嬉しかったです!





森の道では、コサメちゃんが飛んできて、可愛いポーズ。
c0340898_20204747.jpg

c0340898_20225713.jpg



また、湿原では、巨大化した水芭蕉の葉にもコサメちゃん。
c0340898_20250317.jpg

c0340898_20260954.jpg
しばらくの間、ここにこうして日向ぼっこ?





みんなのお気に入りの水場では、水浴び後の羽繕い中のメジロ。
c0340898_20333551.jpg

c0340898_20275378.jpg
安全な、枝の混んだ木の中で、ずいぶん時間をかけてていねいに羽繕いをしていました。

メジロに出会ったのは、かなり久しぶりでした。
この森で子育てをしていてくれたらいいなぁ~と思います。









[PR]
by naomin1112 | 2015-06-20 21:09 | ハクセキレイ

キビタキ君、到着。 初・さくらメジロ。

 先日は家族で札幌方面へ鳥見に行ったので、今日は室蘭・伊達方面へ行きました。
ちょうど桜が見ごろなので、どこへ行っても賑わっていました。



庭園や小高い丘のある探鳥地では、今シーズン初のキビタキくん!
数日前にはオオルリが到着していたので、そろそろかな・・・と、毎日楽しみに待っていたところでした。

c0340898_22233902.jpg
林の中で彼を見つけたとき、なんとも言えない感動!


c0340898_22251413.jpg
ときどき、囀っていました。なつかしい、この声!


c0340898_22263549.jpg
今日はこのコ1羽に出会いましたが、きっと森林のあちこちに仲間がバラけているのでしょうね。
かわいいお嫁さんが見つかるといいなー!





次に向かった場所の駐車場わきに、大きな桜の木がありました。
なんだか声が聞こえる・・・と、よく見ると、メジロがいっぱい!!

今まで、いろいろな方の「桜メジロ」ブログを拝見してきて、と~っても羨ましくて、いつかは私も・・・と思い続けていました。
その機会がやっとめぐってきてくれたようで・・!
c0340898_22355012.jpg

c0340898_22402799.jpg

c0340898_22414039.jpg
チュルチュル、チルチル・・みんなのかわいい声が聞こえていました。中には、朗々とした囀りも。


c0340898_22425372.jpg

c0340898_22444043.jpg
ひっきりなしにクルマが通る場所なので、メジロたちは1羽が飛んで行ってしまうと、木にいたみんなが次々に同じ方へ飛んでしまいます。
でも、また次々にもといたところへ帰って来ます。これを延々と繰り返していました。





前々から楽しみにしていた、熊谷 勝さんの写真展、「野鳥美を求めてⅡ」。
道の駅、みたら室蘭へ行きました。
ホールに展示された数々の作品は、ふだん見かけることのできる鳥、なかなかお目にかかれない鳥、そのどれもが命あふれ、いきいきとした姿で私たちに感動をあたえてくれました。
笑顔の素敵な熊谷さんは、とても気さくな方で、野鳥の撮影、生態、エピソード、ご自身のことなどいろいろなお話をしていただき、ほんとうに楽しい時間を過ごしました。持参した写真集「野の鳥の四季」にサインをしていただき、とても嬉しかったです。











[PR]
by naomin1112 | 2015-05-06 00:28 | キビタキ

久しぶりの湖畔

 月末だけの仕事の4日間、鳥見に行くことはできないので、今日は久しぶりでした。
なんだか森が明るい、、、木の葉がかなり落ちたから。
4日も見ないと、だいぶ様子が変わっていました。




歩き始めてすぐ、メジロの群れに出会いました。
チーチー、チ―チー、チーチー、、、と、50羽以上はいそうな大群。
そういえば、室蘭の鳥友Tさんが、50羽~70羽くらいの群れがいたよ、と言っていました。
この群れのことかもしれません。
c0340898_21140642.jpg
いっぱいいると却って写真は難しいよ、とも。ホントにそうですね、メジロたちはワイワイして次々に動き回って、ぜんぜんピントが合いません。




今までは、笹やぶでチャッ、チャッ、チャッ、、、とウグイスがずいぶんいましたが、もうだいぶいなくなりました。
今日のチャッ、チャッ、、、は、ミソサザイ。
c0340898_21144628.jpg
夏の間はまったく姿を見ることができなかったので、とても久しぶりです!
これから冬~春、毎日会えるといいな~~!





湿原の中を流れる小川で、楽しそうなキーキー声と、バシャバシャ水の音が、、、?
ヒヨドリたちが、豪快な水浴びの真っ最中だったのです。15~20羽くらいいました。
c0340898_21192856.jpg
とても遠いので、ボケボケですが、かわいいヒヨちゃん。たぶん幼鳥。
彼らは南へ渡って行くのでしょうか、それともここで越冬?





駐車場に戻ると、クルマのすぐ後ろに、、、
c0340898_21201663.jpg
ウグイスがこっちを見ていました。もうすぐ渡って行くのかな?
来年もここに来て、美声を聞かせてほしいです~!





すぐ近くに飛んできたコゲラ!
c0340898_21214722.jpg
木の幹に縦にとまれば、尾羽でからだをささえますが、この場合は↑?














[PR]
by naomin1112 | 2014-10-30 23:57 | メジロ

はじめまして♪

はじめまして
「なおみんの野鳥部屋」から引っ越してきました。

お天気次第なのですが、鳥さんに会いたくてほぼ毎日、出かけています。
行き場所は近くの探鳥地や海岸です。
そこで出会った鳥さんのこと、感じたことなどを記していきたいと思います。
ブログも、デジカメ任せの写真も初心者なのですが、どうぞよろしくお願いします。



秋になって木々の葉がどんどん落ちてゆくのはもの悲しいようですが、
鳥さんたちの姿が見やすくなってきました。
…でも、彼らにとっては隠れ場所がなくなり、天敵に襲われる危険が大になる厳しい季節の到来なのでしょうね。


今年は当たり年?と聞いていますが、ホントに出会うことが多くて嬉しい、メジロ!
c0340898_00561671.jpg
カラちゃんたちとは違う感じのちぃーちぃー声がするっ!
と思ったら、メジロの群れがドッと高い木々の上の方を飛びまわって、しばらくすると移動して行きました。



いつも通る木道では、行く先にゴジュウカラがせわしなく食べ物探し。
c0340898_00414704.jpg
私に気付いているのかいないのか、しばらくそうしているので、通ることができずに待っていました。




ハシブトガラは、赤い実をくわえて、わざわざ近くに来てくれたようです。
あたりを見回しても、赤い実をつけた木は見当たりません。
c0340898_00363133.jpg
ちょうどアタマのところに木の葉が…。




ぎーぎーわかりやすい声のコゲラ、今日は何羽も見ることができました。
c0340898_00461069.jpg
近くに人間がいても、意外とおかまいなしでいる彼ら、これから冬になってもいつも会いたい友だちなのです。









[PR]
by naomin1112 | 2014-10-13 01:58 | メジロ