タグ:ヒガラ ( 8 ) タグの人気記事

ニュウナイスズメ・縄張り争い

 夏鳥が、続々と到着しているようですね。


写真は撮れませんでしたが、今日はコムクドリ、センダイムシクイ、ビンズイを見かけました。
一足早く帰って来ていたクロツグミの囀りはすでに絶好調のようです。




ニュウナイスズメ、雄同士の激しい戦いが目の前で。
c0340898_17320782.jpg

c0340898_17311817.jpg
どちらも引かず、延々と続いていました。
どこかに雌もいたのでしょうか。





バッコヤナギには、ヒガラの群れが来ていました。
おいしい花粉を求めて、せわしなく飛び回っていました。
c0340898_17293142.jpg

c0340898_17302395.jpg
顔のまわりだけじゃなく、おなかの方まで、花粉まみれ!





駐車場に戻り、クルマに乗ったとき、すぐ側の木に止まったモズ♂
c0340898_17330528.jpg
窓を開けたら飛んでしまうかな、と思いましたが、飛ばずにいてくれました。


少し離れた枝に、雌も。
c0340898_17335052.jpg
毎年、このあたりに営巣するモズがいるのですが、いつも同じコが帰ってくるのでしょうか。

近々、開発されてしまうこの場所、鳥たちのことがとても気がかりです。











[PR]
by naomin1112 | 2016-04-27 18:19 | ニュウナイスズメ

ぷち遠征です。

 今日はぷち遠征。
いるかな~?いないかな~?と、わくわくしながら足を踏み入れると、賑やかな声が聴こえてきました。


c0340898_20044320.jpg

c0340898_20022149.jpg
いつもは川にドボン!と飛び込むヒヨちゃんたちの水浴びを見ているので、浅い水場で浴びている場面に、静かな感動!





c0340898_20054920.jpg
石のくぼみにたまった水を飲みに来たヒガラ。いつ見ても、ほんとに可愛い~!





c0340898_20081512.jpg


c0340898_20065334.jpg


c0340898_20091625.jpg
ルリビタキが羽を休めていました。
私にはなかなか出会えない鳥さんです。
こちらが動かずにいると、かなり近くまで寄ってきます。

しばらくここで休養したら、山へ移動するのでしょうね。
元気でいてね!


















[PR]
by naomin1112 | 2016-04-24 20:34 | ルリビタキ

いつもの湖畔

 自宅にもどり、久しぶりにいつもの湖畔へ行ってみました。

可愛い地鳴きの声がするので足を止めると、パッと出てきてくれました。
c0340898_19370434.jpg


c0340898_19380537.jpg
遊歩道を歩いていると、時々、行く手をミソサザイが横切って、びっくりすることがあります。
この森ではミソサザイに出会えることが多いのですが、雌雄や、成鳥か幼鳥か、など、まったくわからないまま、あー可愛いなぁ~と見ています。





ぐるぐるとねじれている木の向こうに、誰かさん。
c0340898_19344870.jpg


c0340898_19352806.jpg
久しぶりにオオアカゲラ雄に出会いました。彼は、ドラミングではなく、一心不乱に樹皮をむしっていました。





近くでは、軽やかなドラミングのアカゲラくん。
c0340898_19360904.jpg






今のところ、雪が少ないので、遊歩道はこんな感じです。
c0340898_19331320.jpg
同じ北海道でも、ブログ「アカゲラの林に居候」の、十勝のminさんのところは雪に覆われているそうです。





駐車場に戻ると、ヒガラがハンノキの実を食べていました。
c0340898_19391387.jpg
ちょっとだけこちらを見ましたが、またすぐにもりもりと食べ始めました。













[PR]
by naomin1112 | 2016-01-08 20:44 | ミソサザイ

キバシリの水浴び

 今日は、雲の流れが速く、コロコロと天気がかわる一日でした。

キャンプ場に着くと、青空の良い天気!でも大回りに一周して湿原の方へ向かうと急に雨、そして湖畔に出ると今度はさわやか~な晴れ。
天気はどう変わっても、キビタキやオオルリの囀りはずっと続いていました。特に最近は今までそうでもなかったオオルリの声があちこちから聞こえてきます。



遊歩道脇の川の、水浴びにちょうど良い浅瀬では、センダイムシクイ、ヒガラ、ハシブトガラ、シジュウカラなどが水浴びをしていました。
入れ替わり立ち代わり、とは、まさにこういう事なんだなぁーと、気持ち良さそうにジャブジャブしているコたちを見ていると、楽しくなりました。
c0340898_15445724.jpg
ヒガラの幼鳥、何度も浴びに来ていました。

ほかにも時々、写真を撮ってみましたが、どれも失敗ばかりでした。ヒガラとセンダイムシクイがピッタリ隣で浴びているところも、あとから見たらブレブレ写真でガッカリ・・。



あれっ?これは誰?
と、撮った写真で確認すると、キバシリでした。
c0340898_20072188.jpg

c0340898_15422037.jpg
今までいろいろな鳥たちの水浴びを見てきましたが、キバシリの水浴びシーンは初めてです!
このコはずいぶん長風呂でした♨






人もクルマもしょっちゅう通る場所に、だいぶ前からお馴染みのキビタキ親子がいます。
今日は道のすぐそばで子どもがジッと待っていて、おとうさんが何度も虫を運んでいました。
c0340898_15475865.jpg

c0340898_15463939.jpg
初めて出会ったときは、まだほわほわのまん丸赤ちゃんでしたが、ずいぶん大きくなりました。


こちらはおとうさんです。
c0340898_15503859.jpg
茶色い部分が残っているので、若いおとうさんなのかな。


c0340898_15485047.jpg
虫を物色中?
どんどん、子どもに食べさせていました。子育て上手なおとうさんなのでしょうね。




[PR]
by naomin1112 | 2015-07-07 21:16 | キバシリ

ヒガラ、アオジ幼鳥とヤマゲラの女の子

 久しぶりに娘といっしょに鳥見に行きました。


ある場所で、遊歩道を挟んで山側から川側へと、ヒガラの群れが移動しているところに出会いました。よく見ると、幼鳥ばかりの群れのようで、センダイムシクイの子も一緒でした。

人を怖いと思っていない様子のヒガラちゃん。
c0340898_21132756.jpg

c0340898_21141901.jpg
すぐそばの枝に寄ってきて、興味津々という様子で見つめられ、ドキドキ・・・!!



みんなで水浴びしては、木に上がってひと休み。
c0340898_21170624.jpg

c0340898_21161247.jpg
下を覗き込むしぐさも可愛い~~!


c0340898_21175341.jpg
もうみんな、かなり慣れた様子で森の中を飛び回っていました。
群れはまた、遊歩道を渡って山側へと帰って行きました。






やぶの中にいてなかなか見れなかった、アオジの子。
c0340898_21190159.jpg
やっと撮らせてもらうことができました。もう親から離れ、独り立ちしたのでしょうね。






今日は珍しく(?)木に止まっているヤマゲラ雌に出会いました。
c0340898_21200495.jpg
ここで優雅に羽繕いをしていましたが、しばらくすると広場に下りてアリを食べはじめました。


c0340898_21210104.jpg
豪快に地面を掘って土をすっとばしながら、アリを食べていると、彼女のからだのあちこちにアリがたかっているのが見えました。
アリも必死に抵抗していたのでしょうね。











[PR]
by naomin1112 | 2015-07-05 22:01 | ヒガラ

湖畔にコムクドリ

 今日、初めて出会ったのは・・・
c0340898_22240157.jpg
エゾシカ2頭。
GWで行き交うクルマも頻繁なはずなのに、このときだけは私の前後には人もクルマもなく、前方の道路わきから何か大きめな動物の、ガサゴソする気配を感じたときには、クマ??かと焦りました。
新しい角が伸びはじめているのですね。
しばらく見つめあってしまいましたが、ふいに去って行く白くかわいいお尻を見送りました。





キャンプ場入口から、少し遠くにニュウナイスズメのつがいが見えました。
c0340898_22251656.jpg

c0340898_22262368.jpg
揉め事の最中だったのか、時々大きな声が聞こえました。
ニュウナイスズメの嘴は、とても強そうですよねー。





みんなのお気に入りの水場では、かわいいヒガラの姿が。
c0340898_22532836.jpg
水浴び後、ツルの混んだ安全地帯へやってきたところです。


c0340898_22290032.jpg
周囲への警戒を怠らず、きょろきょろと。


c0340898_22302422.jpg
大切な羽から、お手入れ開始!
このコの相方さんは、別の茂みでやはり羽繕い中でした。





湖畔に出たころ、もくもくと湖面にガスがかかってきました。
岸に立つ立派な木の、ちょっと目立ってしまう場所に、また別のニュウナイスズメ雄が佇んでいました。
c0340898_22323140.jpg

c0340898_22314602.jpg
時々、小さな声で何か言っているのが聞こえました。
地鳴きではなく、ひとりごとのようでした。





湖一周コースを歩き終わったところで、今シーズン初のコムクドリ。
c0340898_22332340.jpg
一心不乱に、何か食べていました(メス)。


c0340898_22342970.jpg
よく見ると、コムクがいっぱい!
な~んにも気にしていないように、ハクセキレイも食べ物探しです。


[PR]
by naomin1112 | 2015-05-03 23:40 | コムクドリ

ヤマセミに偵察される。

 朝、昨日と同じくらい寒かったので、何枚も重ね着をして、いつもの湖一周コースへ行きました。
ところが昼すぎにはぽかぽか陽気、ゆるいアップダウンを繰り返すうちに暑くなってしまいました。


木道のある、みんなの水場では、ヒガラがワイワイと水浴び中!
いつもならハシブトガラとシジュウカラが出たり入ったり賑やかなこの水場、今日のこの時間はヒガラに占領されたようでした。
c0340898_21014978.jpg

c0340898_20434990.jpg
枝の混んだ安全な場所で水浴び後の羽繕いをしながら囀っているコを見つけました。


c0340898_20451341.jpg
ちっちゃくて可愛いヒガラ、少なくとも10羽はいたと思います。
私がじっとしていたら、だんだん警戒心を解いてくれたようで、すぐ近くを飛び回っていました~!





一度家に戻ってから、今度は息子(高3、すでに進学先が決まっていて、今はのんびり中!)と町内西部の川へ。
雪がないので、私でも運転できました。

そろそろ目当ての場所・・・というあたりの橋で止まって川を見下ろそうとしたら、ばっっ!と、カモが飛び立ち、もう1羽が私たちの前方を横切りました。
黒いような白いようなその姿は、なんとヤマセミ!

今、飛んで行ってしまったから、今日はもう私たちがいる間には川に戻らないだろうな・・・と思っていました。
でも、川のそばのクルマを置けるスペースに慎重に駐車させていたら、たぶんさっきのヤマセミが近くの木まで飛んで来たのです!
もう、ビックリ!!

c0340898_20420631.jpg
こっちはビックリして嬉しくて、感動して、慌ててしまいましたが、ヤマセミはこちらをじーーっと見ていました。
よそ者がこの川に入ってきたから、気になって偵察にきたぞー!という表情??



しばらく同じ場所にいてくれました。
c0340898_20425268.jpg
伸びをしたりして、くつろいで・・・フンをするところも見ました!




これは、ヤマセミと初めて出会った息子が撮りました。
c0340898_20393808.jpg
いたらいいなぁ~と言っていたら、ほんとうに出会えて、とてもとても嬉しかった!
もうすぐ北海道を離れる息子との、良い思い出になりました!





ヤマセミが飛んだあとすぐに、今度はトビ、幼鳥のようです。(息子 撮影)
c0340898_20402082.jpg
川に張り出した枝に止まって、鳴き続けているうちに、あれ?下りたかな?と思ったら、ネズミを捕っていました。
帰りにこのコのすぐ下を通りましたが、動じず。
出入りするクルマに慣れているのでしょう。




野鳥を見ていたら、時間の過ぎるのがあっという間です。

















[PR]
by naomin1112 | 2015-02-06 22:09 | ヤマセミ

冬なのに、ウグイス巣立ち雛?!

 遊歩道のまわりは葉が落ちて、かなり見通しが良くなりました。
夏のうっそうとした森が、スカスカの木立へかわり、もの悲しい雰囲気です。
でも、松林ではカラちゃんたちの元気な声が聞こえてきました。



今日はこれから何かイベントがあるんですか?と聞きたくなるほど、ヒガラがいっぱい!
みんなで冬支度なのかな?なにやらとても忙しそうに、歩道の路肩(落ち葉が積もっている)と松の木を行ったり来たりしていました。
c0340898_16205421.jpg
いっぱいいると、ぜんぜん撮れないのは、エナガだけではありません、、、。
なにしろ動きが速くて、追いつけませんでした。





このところ毎日通る、木道のある水場では、一見誰もいないように見えましたが、歩道から一歩木道に踏み出したとたん、ばっっっ!!と一斉にカシラダカの群れが上部の木に飛びました。
c0340898_16224594.jpg


c0340898_16215549.jpg
今日は少なくても20羽はいたようです。みんなお食事の最中だったのですね。





湖一周コースを進み、ある場所で、歩道のすぐ脇の笹がガサガサしました。何だろう?ネズミかな?と思い見ていると、
c0340898_16240659.jpg
なにかの幼鳥?!
色と大きさと尾の様子、それに場所から、ミソサザイかも?と思いました。



そしてちょっと歩いたら前方に、のんびり遊歩道を横断している茶色いコが、、、。
c0340898_16245583.jpg
そ~~っと近づいてみました。
たぶんさっきのコと兄弟だな、、、こっちのコはまだやっと歩いている様子。


c0340898_16254568.jpg
きっと、ヒトを見たのは初めてだったのですね。よちよちと、私の方に向かって来てしまいそうでした。
かわいくて、かわいくて、もっと見ていたかったのですが、親がどこかでハラハラしているのでは、、、と思い、その場をあとにしました。

もう冬なのに、ちゃんと育つことができるのでしょうか。
朝晩はとても寒いし、雪が降るかもしれないのに、、、。それに、カラスや猛禽がうろうろしているし、、、。


家に帰って冷静に考えてみたら、ミソサザイではないことに気付きました。
では、なんの幼鳥だろう???図鑑やネットで1時間くらい調べました。
パソコンの前で悩んでいたら、ひょいと来た息子が「ウグイスの子じゃない?」と。
またネットで、ウグイス幼鳥・巣立ち雛を検索したところ、やはりそのようでした。
尾は、だんだん長くなっていくそうです。

もう11月後半、これから成長して南へ渡るとは考え難いので、越冬するのだと思います。
どうか無事で、、、と、願います。









[PR]
by naomin1112 | 2014-11-19 17:36 | ウグイス