タグ:ゴジュウカラ ( 10 ) タグの人気記事

ムラサキシキブの実を食べている!

 前回の記事のおわりに、「誰かがムラサキシキブの実を食べているところを見てみたい」と載せたのですが、早々に叶うことになりました!


湖畔の遊歩道を歩いているとき、2羽のヒヨドリが飛んできて、静かに木の枝にいるので見ると、ムラサキシキブの実を食べていたのです。
c0340898_14224737.jpg

ちょうど顔に枝がかかってしまいましたが・・・ヒヨちゃんとムラサキシキブ、色合いがとてもお似合いです。





それから、遠いのですが、はじめて偶然撮ったシマエナガの正面顔。
c0340898_14195987.jpg
大きな群れがドッと来て、囲まれて、とても嬉しい時間でした!





湖に倒れこんで苔むした大木では、ゴジュウカラが貯食の作業中でした。
c0340898_14214074.jpg

c0340898_14204886.jpg




湖では遠くにカワアイサの大群、マガモの群れ、ホオジロガモ、オオバンが見えました。
岸の近くでは、ミミカイツブリ(?)が漁の最中でした。
c0340898_14240179.jpg



ミミカイツブリか、ハジロカイツブリなのか、よく調べたのですが、どちらにも当てはまってしまい、?です。
このコは1羽でいたのですが、渡るときには仲間と合流できるのかな・・。










[PR]
by naomin1112 | 2015-11-22 15:02

貯食に大忙し!

 湖畔の遊歩道~キャンプ場を往復していると、あちこちで出会うゴジュウカラ。
今は、冬に備えて貯食に大忙しです。

c0340898_21384854.jpg

c0340898_21393304.jpg
樹皮の隙間にくわえて来た木の実を埋め込んでは取り出し、またちょっと違う隙間に埋めて・・・と、見ているといろいろ場所を吟味しているようです。






キャンプ場奥の栗林近くでは、エゾリスがクルクルと回りながら作業中でした。
c0340898_21372063.jpg

c0340898_21351730.jpg
匂いをかぎながら草地を回っているかと思えば、急にピタッと動きを止めたりします。


c0340898_21363373.jpg
栗の皮を剥いて美味しそうに食べていました。





遊歩道脇では、今まさに栗拾いをしている最中のカケス。
c0340898_21340159.jpg
今年はどこも栗でいっぱいです。去年も一昨年も、これほど栗だらけではなかったと思います。


c0340898_21324435.jpg

たくさん拾ってどこかへ運んでいるようでしたが、この時はもう喉が限界?なのか、ちょっとたいへんそうでした。




[PR]
by naomin1112 | 2015-10-17 22:08 | ゴジュウカラ

ヤブサメ・シマエナガ・ゴジュウカラ幼鳥たち

 今日は家を出たのがもうお昼頃、と、ずいぶん遅い鳥見でした。

静かな遊歩道を鳥たちの声を聴きながら歩いていると、路肩の笹薮でガサガサと何羽かがいる気配がしました。
立ち止まって様子を見ていたら、ヤブサメが1羽道路を飛んで渡って来ました。
そして、あとを追って、こげ茶色の小さな子たちがわらわらと渡って来たのです。
もう、ビックリ!!
私の足元の前後に5羽か6羽?着地して、草むらのあたりにチョロチョロしていました。

だんだんヤブの奥へ移動して行った様子を見届け、少し歩いて離れてから振り返ると、まだ1羽見えました。
c0340898_21010227.jpg

c0340898_21021460.jpg
まだ嘴が黄色い、可愛いヤブサメの雛ちゃん。ヨチヨチしていても、道路を飛んで渡ってくる姿は逞しかったです。
もうしばらくは、親に食べさせてもらいながら、生きてゆく術を教わるのでしょうね。





開けた場所で、エナガ幼鳥に出会いました。
高い木の上部を見ていたら、いくつかの群れがいることに気付きました。
c0340898_21034031.jpg
初めて見た、シマエナガ幼鳥。この子はだいぶしっかりしてきている様子でした。


c0340898_21112744.jpg
こちらは成鳥です。水浴びをしてきたのか、羽毛が濡れていました。





森の遊歩道わきが、ずいぶん賑やかだなーと思ったら、ゴジュウカラ幼鳥が何羽もいました。
c0340898_21063396.jpg
色が薄くて、とーっても可愛いーー!

c0340898_21044496.jpg
もう大きさは親と変わらないけれど、親が虫を運んでくれるのを待っています。

c0340898_21125126.jpg
まだ短い、黄色い嘴。この子も親を待っている様子でした。

c0340898_21082827.jpg
何家族かが、近い場所で過ごしている様子が意外でした。
親は、一生懸命この子たちを育ててきたんだなぁーと、しみじみ感動・・・。











[PR]
by naomin1112 | 2015-06-17 22:31 | ヤブサメ

オオルリくん、おかえり!

 今日は気温が上がって、初夏のようでした。ゆる~く吹いてくる風もあたたかくて心地よく、こんな日の湖畔は、もう最高!です。
いつもの湖一周コース、時間帯がよくなかったのか、ずーっと鳥たちの姿がなく、人影まばらなキャンプ場を大回りにまわって、また湖畔へ向かいました。

みんなのお気に入りの水場で、遠くに青いコがぴょんと遊歩道を横切るのが見えました。
そして木の上に上がったところを見ると、
c0340898_19432220.jpg


オオルリでした!!
c0340898_19440534.jpg
今年初めての出会いです!
やはり、いつ見てもきれいな青い色!
数年前はオオルリがとても多く、住宅地にも立ち寄ってくれました。我が家の庭でも姿を見ることができました。
今年はどうかな・・・?





湖畔に出たところで、センダイムシクイの声が。
昨日、今シーズン初めての声を聞いた、同じ場所です。
葉が茂ってくると姿を見るのがむずかしくなりますが、今なら声を頼りに・・・。
c0340898_19451272.jpg

c0340898_19460075.jpg
元気なチヨチヨビー♪が、あたりに響きわたります。
こんなに小さなカラダから、よくこんなにも大きな声が!





日当たりが良い水場では、水芭蕉の成長も早く、葉はずいぶん大きくなりました。
c0340898_19500302.jpg
ゴジュウカラのつがいが仲良く水芭蕉の間をチョロチョロと・・。


c0340898_19485595.jpg
急に立ち止まって羽繕い。
繁殖活動の前の、ゆっくりとしたひとときなのでしょうか。





c0340898_19472971.jpg
キバナノアマナ。昨日は気付きませんでしたが、きれいな黄色い花が群生していました。










[PR]
by naomin1112 | 2015-05-01 20:45 | オオルリ

ベニマシコ君に出会う

しばらくぶりに、いつもの湖へ行きました。
悪天候続きと仕事と用事とで、なかなか出かけられずにいたので、ほんとうに久しぶりに!


今年はマガンなどの渡り時期が例年より早いそうですが、こちらの湿原でも・・・
c0340898_22015855.jpg

もう、水芭蕉が咲き始めました。





今日はなかなか鳥さんたちに出会うことができず、湖一周の後半でようやく、アスファルトの上でなにか一生懸命食べている、アトリの女の子を見かけました。

c0340898_22042297.jpg


c0340898_22052094.jpg

嘴に泥がついてしまっていますよ~。
食べながら、仲間を呼んでいるのか、可愛らしい声で鳴いていました。





湖の一部が入江になっている湿地に、ずっと前から気になっている、苔むした木があります。
大きな朽木に倒木が重なり、それが丸ごと綺麗な苔におおわれています。
その苔が、曇り空の下だとよけいに目立つように光っているので、ここを通るたび足を止めていました。
その木に、今日は、ゴジュウカラが2羽いました。
c0340898_22083060.jpg


c0340898_22065730.jpg

なにか、隠しておいたものを取りにきたのでしょうか。
一生懸命、落ち葉を取り除いて、ヒミツの作業をしていたようです。






遊歩道を進んで行くと、遠くの水たまりで誰かが水を飲んでいることに気付きました。

c0340898_22091935.jpg

遠くてボケていますが、ベニマシコに出会ったのは久しぶりだったので・・・。



その後、通りかかると、彼はまだ近くにいました。
c0340898_22101513.jpg

ここは観光のお客さんがよく通る場所なので、この子は人なれしているのか、のんびり食べ物を探していました。
よく、イチゴミルク色、と言われるとおりの可愛いベニマシコ。
出会えて、とても嬉しかったです!





昨日、テレビのニュースや番組で話題になっていた、寝台特急北斗星。
娘が1歳のころ北海道に越してきて以来、帰省のたび何度も乗りました。

小さいころから鉄道好きの息子が、昨日最後の札幌行きの雄姿を撮りました。
c0340898_22031711.jpg

このカーブは、昔見つけた、とっておきのカーブなのだそうです。

引退は寂しいけれど、私たちはいつまでも忘れることはありません。
  ありがとう、とこころから思います。

[PR]
by naomin1112 | 2015-03-15 23:31 | ベニマシコ

ゴジュウカラの羽繕い

 今日は雲ひとつない快晴、しかも春を思わせるようなぽかぽか陽気でした。
森のみんなはいつも元気ですが、今日はあたたかな日差しの中で、さらにいきいきとして見えました。

カラちゃん、ミソサザイ、キバシリの囀りも聞こえました。
まだ本当の春は遠いけれど、今日は思わず囀ってしまったようです。




湿原の小川の近くの安全地帯で、ゴジュウカラが水浴び後の羽繕いをしていました。
c0340898_19342014.jpg

c0340898_19345649.jpg

c0340898_19361794.jpg

c0340898_19353250.jpg
ハッと、こちらに気付きましたが、また延々と羽繕い。





湖が入江になっている湿地では、いつものメンバーが勢ぞろいしていました。
気持ち良さそうに水浴びをしているコがあっちにもこっちにも!
アカゲラ2羽がびゅんびゅん飛び交っていたので、なにやら落ち着かない雰囲気でしたが、私も仲間にいれてもらったつもりになりました~。

c0340898_19370242.jpg
いつものミソちゃん。この湿地の主です。



c0340898_19374447.jpg
手が届きそうなほど近くにハシブトガラ。
興味津々という表情でした。



c0340898_19384281.jpg
苔が光っているところに、青みの濃い色をしたゴジュウカラ。
なにか探し物をしているみたいでした。


c0340898_19394388.jpg
お得意のポーズ!
このコのおなかは、真っ白でした。シロハラゴジュウカラという名前そのものですね~。





湖一周を終えて駐車場へ向かっていたら、車道のすぐそばの杭に、トビのたぶん幼鳥が止まっていました。
c0340898_19332905.jpg
スケートを楽しむ子どもたちの様子を眺めているように見えました。
「凍った湖の上で、いったい何をしているんだろう?」と不思議に思っていたのかもしれませんね。










[PR]
by naomin1112 | 2015-01-14 20:27 | ゴジュウカラ

アカウソくん、おひさしぶり!

 「月末だけの仕事11月分」が無事終了して、久しぶりにいつもの湖へ。
駐車場の雰囲気が違っていて(きれいに整地されていた)、まわりのぼさぼさとしていた下草が刈られて、不自然なほどきれいになっていました。ここはカラちゃんたちの食事の場所だったのですが、彼らも戸惑ってしまったに違いないと思います。


湖には、カワアイサ、オオハクチョウ、ホオジロガモ、カイツブリなどが悠々と泳いでいました。
特にカワアイサは大群です。



湖を抜け、湿原を通ってキャンプ場へ行くと、ギャーギャー言いながらカケスが4羽、作業中のようでした。
c0340898_21455188.jpg
何か、一生懸命探しています。


c0340898_21463746.jpg
冬のための食糧の貯蔵なのでしょう。
仲良しなのかそうじゃないのか、4羽は急に体当たりしたり、追いかけたり、ケンカしたり。
でもケンカではなく、荒っぽいコミュニケーションなのかもしれませんね。





湿原へもどると、なつかしい声が聞こえてきました。私は小川を見下ろす場所にいたのですが、その下からウソが飛び出てきました。
水浴びの邪魔をしてしまったのかも・・ごめんね。
c0340898_21445010.jpg

c0340898_21440694.jpg
おなかが赤いから、アカウソくんですね。
今シーズン初の出会いです!!
去年はこの森にウソが多くいました。なぜか、雄だけの群れがほとんどでした。
今年も冬じゅう、楽しませてもらえるでしょうか。





湖に出たところで、2羽のゴジュウカラが、食べ物を貯蔵しているところに出会いました。
c0340898_21471419.jpg
見えづらいですが、嘴になにかくわえています。


c0340898_21474387.jpg
お得意ポーズのもう1羽は、背中の色がとても薄く白っぽいコでした。
私がじっとしていたら、ずーっと近くにいてくれました。
木の実を幹のすき間に埋め込んだりまたひっぱり出したり、忙しそうでした。


予報では、明日からしばらくの間、雪。
遊歩道が雪の道になるのは、もうすぐです。




[PR]
by naomin1112 | 2014-11-30 22:43 | ウソ

ふくらハシブトガラ

 今日は最近の中ではいちばん寒かったです。
午後からは雪雲であたりが暗くなり、雪もぱらぱら降り出しました。

寒さのせいか、ふくらハシブトガラ。
c0340898_19464209.jpg
ふわふわの羽毛で、冬を元気に過ごすのですね・・・。




木道のある水場では、ゴジュウカラが忙しそうに何かをくわえては隠している??様子でした。
冬の準備なのでしょうか。
c0340898_19451171.jpg
ここの葉が緑色なのが、不思議です。まるで春のような色です。





アカゲラの女の子が、キハダの実を食べていました。
c0340898_19441517.jpg
いつも木の幹や枝を突いている姿ばかり見ているので、意外です。





数日前の場所とはまったく別なところで、セグロセキレイ。
c0340898_19461079.jpg
ここでも、落ち葉をめくって食べ物を探していました。
少し離れてもう1羽。やはり、数日前のつがいかもしれません。

去年はこのあたりにツグミが何羽も来ていました。
今年はまだ到着していないようです。
冬の使者の到着を、今か、今かと毎日様子を見に行ってしまいます。


[PR]
by naomin1112 | 2014-11-07 22:51 | ハシブトガラ

カラちゃんたち&カワラヒワ

 遊歩道を歩いて行くと、道のすぐ脇の、高さ1.5メートルほどの場所に、巣がありました。それほど高くはない木の枝の間に。
c0340898_21441761.jpg
クルマも人も頻繁に通る道の、手を伸ばしたら届いてしまうところで、誰かが懸命に子育てしていたのですね。もちろん、その頃は葉が生い茂っていて、ここに巣があるとは誰にも気付かれなかったでしょう。
「鳥の巣図鑑」で調べてみましたが、どうしてもわかりませんでした。






キャンプ場では、カラちゃんたちが賑やかでした。
わざわざそばに来てくれる、、、としか思えないようなゴジュウカラ。
c0340898_21403772.jpg
c0340898_21161544.jpg
c0340898_21165663.jpg
おなかが真っ白!そして正面顔!
今年の夏は、ゴジュウカラの幼鳥もよく見かけました。子育て大成功ですね。





湿原の、大人気の水場では、カワラヒワの群れが水浴び中でした。
c0340898_21181839.jpg
風呂上がりの羽繕いをする、枝の混んだ木に、幼鳥と思われるコがいました。
住宅街にいるカワラヒワと、森で生活するカワラヒワ、風貌がちょっとだけちがうような、、、?





再び湖畔に戻り、進んで行くと、またまたカラちゃんたち。
ふと気付くと、、、
c0340898_21411039.jpg
ハシブトガラが、↑こんな格好でこちらを見ているようでした。
足元を突くでもなく、このまま動きがとまっていたので、撮らせてもらいました。
このあと飛んで行きました。

[PR]
by naomin1112 | 2014-10-31 23:46 | ゴジュウカラ

はじめまして♪

はじめまして
「なおみんの野鳥部屋」から引っ越してきました。

お天気次第なのですが、鳥さんに会いたくてほぼ毎日、出かけています。
行き場所は近くの探鳥地や海岸です。
そこで出会った鳥さんのこと、感じたことなどを記していきたいと思います。
ブログも、デジカメ任せの写真も初心者なのですが、どうぞよろしくお願いします。



秋になって木々の葉がどんどん落ちてゆくのはもの悲しいようですが、
鳥さんたちの姿が見やすくなってきました。
…でも、彼らにとっては隠れ場所がなくなり、天敵に襲われる危険が大になる厳しい季節の到来なのでしょうね。


今年は当たり年?と聞いていますが、ホントに出会うことが多くて嬉しい、メジロ!
c0340898_00561671.jpg
カラちゃんたちとは違う感じのちぃーちぃー声がするっ!
と思ったら、メジロの群れがドッと高い木々の上の方を飛びまわって、しばらくすると移動して行きました。



いつも通る木道では、行く先にゴジュウカラがせわしなく食べ物探し。
c0340898_00414704.jpg
私に気付いているのかいないのか、しばらくそうしているので、通ることができずに待っていました。




ハシブトガラは、赤い実をくわえて、わざわざ近くに来てくれたようです。
あたりを見回しても、赤い実をつけた木は見当たりません。
c0340898_00363133.jpg
ちょうどアタマのところに木の葉が…。




ぎーぎーわかりやすい声のコゲラ、今日は何羽も見ることができました。
c0340898_00461069.jpg
近くに人間がいても、意外とおかまいなしでいる彼ら、これから冬になってもいつも会いたい友だちなのです。









[PR]
by naomin1112 | 2014-10-13 01:58 | メジロ