タグ:コサメビタキ ( 13 ) タグの人気記事

おいしい湧き水

 先日、いつもの湖畔コースを歩いていたとき、札幌のSさんご夫妻に初めてお会いすることができました。
もう、ほんとうにビックリして、嬉しくて・・・!!

いろいろなお話をしたり、水場にやって来る鳥たちを観察したり、写真を撮ったり・・・とても楽しいひとときでした。


水場におりて来たオオルリ。
c0340898_20454223.jpg
c0340898_20461789.jpg
オオルリが水を飲んでいる姿を初めて見ました。とてもリラックスした様子でした。

c0340898_20465322.jpg

近くで私たちの様子を見ていたコサメちゃん。
c0340898_20475797.jpg





今日も、同じ場所を歩いてきました。
日に日に葉が茂ってきています。

しばらく待っても、水場に鳥たちの気配はなかったので、対岸に渡り水場を見おろす場所に立ってみました。すると、お久しぶりのコゲラが2羽、なんだか揉めているのかと思いましたが、つがいが仲良く追いかけっこ?のようでした。
c0340898_16201019.jpg
c0340898_16215629.jpg
c0340898_16235731.jpg

帰り道でも、同じようにふざけあっている?仲良しコゲラのつがいを見かけました。
最近、あまり姿を見ていなかったので、ホッとしました。





[PR]
by naomin1112 | 2016-05-24 18:53 | オオルリ

コサメちゃんがいっぱい!

 コサメビタキが一気にふえました!

湖畔の遊歩道を歩いていると、あっちにも、こっちにも、コサメちゃんの小さな群れ!

c0340898_20231545.jpg

c0340898_20241340.jpg
うしろ姿もかわいい~~!


c0340898_20261442.jpg
囀っているコもいました。


水場では、派手に水浴びをしているコもいましたが、このコは、木道の手すりの縄が気に入ってしまったようで・・・
c0340898_20281207.jpg
c0340898_20290340.jpg
c0340898_20303147.jpg
ちょっと飛んでは、またこの縄に戻ってきます。


c0340898_20314300.jpg
c0340898_20342530.jpg
くりくり大きな目がほんとに可愛い~!



c0340898_20360559.jpg
本日最後に出会ったコサメちゃん。


みんな、この森で子育てしてほしいなーと思います。




[PR]
by naomin1112 | 2016-05-13 20:46 | コサメビタキ

キセキレイ、シジュウカラ、コサメビタキ

 だいぶ葉が落ちて、秋が深まってきたいつもの湖畔。
落ち葉とクリのイガだらけの遊歩道をのんびりとキャンプ場まで往復して来ました。



不安定な天気でしたが、晴れとなったらスカッと爽やかな晴れ!で、明るいキャンプ場。
鳥たちの姿が見えないなぁ、と、しばらくぼーっと待っていたら、地面から木へ飛び上がったコが視界に入りました。

レモンイエローがとても可愛いキセキレイ。
c0340898_19142150.jpg

c0340898_19145904.jpg
時々、キョロキョロとあたりを警戒しながら、


延々と羽繕いをしていました。
c0340898_19155651.jpg
飛び去るときには、3羽でした。これからいっしょに南へ向かうのでしょうね。





帰りに湿原を通り、橋を渡っていたら、カラちゃんたちの元気な声が聴こえてきました。
すぐそばのツリバナの木に、シジュウカラやハシブトガラが群がっていました。

c0340898_19180643.jpg

c0340898_19170455.jpg

c0340898_19193995.jpg
赤い種子を足でおさえながら食べているシジュウカラは、私が見ていても文句を言いに来ませんでした。





森の中からふいに出てきたコサメビタキ。
c0340898_19131736.jpg
目の前で、フライングキャッチを見せてくれましたが、失敗でした。
そろそろ渡りの準備ですね~。

















[PR]
by naomin1112 | 2015-09-30 20:13 | キセキレイ

アカゲラ、コサメビタキ、キビタキ

 いつもの湖畔~キャンプ場への遊歩道に、ウォーキングの方々が戻ってきました。
ホッとしながらも、周囲に気をつけながら歩いて行き、鳥たちの気配があまり感じられないままキャンプ場に到着。
誰もいないキャンプ場でしばらくボーっとしていたら、ナナカマドの木に、アカゲラの女の子が飛んで来ました。

c0340898_20313965.jpg
忙しそうに場所を移動しながら突きまわっていました。

c0340898_20333326.jpg

c0340898_21072905.jpg

c0340898_21083958.jpg
キャンプ場の炊事場近くで出会ってから、大回りに一周、彼女はつかず離れず、同行してくれました。





少し薄暗い松林の中に、コサメビタキがキョロキョロしながら佇んでいました。
c0340898_21094363.jpg

c0340898_21102719.jpg
夏の間は時々見かけていましたが、ヒグマ騒ぎで遊歩道閉鎖になって以来、コサメちゃんには出会えていなかったので、まだいてくれてとても嬉しかったです。




そして近くで聞き覚えのある地鳴きが聴こえてきました・・・キビタキくんも、まだこの森に残っていました。
c0340898_21113001.jpg

c0340898_21122106.jpg
時々翼をふるふるさせながら、鳴いていました。

c0340898_21132229.jpg
ちょっと首を傾げた様子がとても可愛い~!




帰りには、カケスが数羽、ギャアギャア鳴きながらいるところを見かけました。
ちょっと見ただけで飛んで行ってしまいました。










[PR]
by naomin1112 | 2015-09-17 22:58 | アカゲラ

アカゲラ親子

 雨続きの、6月末の仕事が終わった~と思ったら、まだ雨でなかなか鳥見に行けず、1週間ぶりにやっと今日、出かけて来ました。
いつもの湖はさすがに水量が多かったです。


最初に出会ったのは、コサメちゃん。
c0340898_15465756.jpg
相変わらず、かわいいなぁ~!





湿地の中でアカゲラの声が聞こえました。よく見ると、親子!!
おかあさんがガサガサとわき目もふらずに虫を探しては子どもに食べさせていました。
c0340898_15484708.jpg
写真左側におかあさんが写っています。


この子はまだジッとして待っているだけでした。巣立って間もないのでしょうね。
c0340898_15495644.jpg
子どもの目や表情って、なんて可愛いのでしょう・・。





まったく別の場所でもアカゲラ親子を見かけました。こちらはおとうさんといっしょでした。
c0340898_15533370.jpg
この木の下でおとうさんが虫を捕って、子どもに運んでいました。

c0340898_15513036.jpg
待っている間、木を突くマネ?をしているようでした。
それにしても、こんなに目立つ場所にいて大丈夫なのか、心配です。





先月、ヤマゲラ雌がアリを食べていた場所で、今日は雄が同じようにアリを食べているところに出会いました。
c0340898_15584677.jpg
アタマの赤が緑の中でとても素敵です。
時々、足で顔や首まわりを掻いてアリを落としているようでした。

c0340898_15571923.jpg
c0340898_15553974.jpg
もしかしたら、先日の雌とつがいなのかもしれませんね。
どこかで子育てしているのかも・・・。





湿原の中を流れる小川から、急に飛び上がってきて、お互いビックリ!
キビタキ雌でした。
c0340898_16005101.jpg
なにかの実をくわえて、彼女も私にビックリした様子で、でも飛び去らずにいました。



その後、また近くに来たのは同じ雌のようでした。今度はずぶ濡れです。
c0340898_16022148.jpg
ここはとてもきれいな水が流れていて、浅くて水浴びに絶好な場所もあるので、鳥たちに大人気です。





鬱蒼とした森の奥で、誰かの気配がしました。双眼鏡で見てみると遠くにメジロの親子。
c0340898_16032377.jpg
カラダをふるふるさせて、親にごはんをおねだりしていました。
とても遠かったので、私のコンデジでこれ以上できないところまでのズームです。

ここでは(私には)メジロは珍しく、渡りの時期に群れを見る以外はあまり出会えませんでした。
メジロがこの森で子育てをしていたことがとても嬉しかったです。























[PR]
by naomin1112 | 2015-07-02 17:20 | アカゲラ

ペタンと座る、ハクセキレイの子、再び

 いつもの湖畔の遊歩道を歩いていると、遠くに白っぽいハクセキレイがチョコチョコ小走りしているのが見えました。

もしかしたら、6月13日のブログに登場した、縁石にペタンと座り込んでいたハクセキレイ幼鳥かと思います。
c0340898_20192905.jpg
かなりしっかりしてきた様子で小走りしては何かをついばんでいました。
よく見ていたら、時々アスファルトの上で座っていました。あの子かな?と思い、元気でいたことがとても嬉しかったです!





森の道では、コサメちゃんが飛んできて、可愛いポーズ。
c0340898_20204747.jpg

c0340898_20225713.jpg



また、湿原では、巨大化した水芭蕉の葉にもコサメちゃん。
c0340898_20250317.jpg

c0340898_20260954.jpg
しばらくの間、ここにこうして日向ぼっこ?





みんなのお気に入りの水場では、水浴び後の羽繕い中のメジロ。
c0340898_20333551.jpg

c0340898_20275378.jpg
安全な、枝の混んだ木の中で、ずいぶん時間をかけてていねいに羽繕いをしていました。

メジロに出会ったのは、かなり久しぶりでした。
この森で子育てをしていてくれたらいいなぁ~と思います。









[PR]
by naomin1112 | 2015-06-20 21:09 | ハクセキレイ

可愛い~!ハクセキレイ幼鳥

 昨日の続きです。
ヤブサメが水浴び後の羽繕いをしていた時に下流から飛んで来た、コサメビタキです。
c0340898_17212783.jpg
このコサメちゃんも、ここで高速羽繕いをしていました。
白いアイリングが大きな目をますます大きく見せてくれます。





前方にハクセキレイが歩いているなーと見てみると、まだ口角の黄色い幼鳥でした。
c0340898_20290637.jpg
まだヨチヨチの赤ちゃん?かわいい~~!
よく見ると、もっと先にもう1羽、兄弟がいました。


c0340898_20300869.jpg
トコトコ歩き、何かついばんでいる様子は、いっちょまえのようです。



ところが、急に縁石の上にペタンと座り込んでしまいました。
c0340898_20321169.jpg
疲れてしまったのかな?
こんなふうに平べったく座ると、縁石の色が保護色になっていますね~。

この後クルマが来たとき、湖側へ飛んだのですが、私が気付かなかっただけで、親もそばにいて3羽で飛んで行きました。





遊歩道のすぐ脇で、色鮮やかなアカゲラがくつろいでいました。
c0340898_17172397.jpg

c0340898_17183103.jpg
とは言っても、警戒を怠らず。



ていねいに羽繕い。
c0340898_17191497.jpg
子育てに追われた中での、ちょっとした息抜きだったようです。
















[PR]
by naomin1112 | 2015-06-13 18:14 | ハクセキレイ

久しぶりのコサメちゃん

 エゾハルゼミが大音量で鳴き、森の奥からはツツドリの囀りが聞こえる湖畔の遊歩道。
今年こそ、ジュウイチが「ジュウイチー!ジュウイチー!」と囀る声が聞いてみたいなーと思います。


珍しく、大型バスが細い車道を走って来ました。
駐車場には鳥友Tさんと、Kさんのクルマが見えましたが、本人たちの姿はなし。

近くの木に、コサメビタキが飛んで来ました。
c0340898_20000631.jpg
最近、見かけていなかったので、今日は嬉しい出会いでした。





少し薄暗いエゾマツの根本で、シジュウカラのつがいが、マツのなにかを自分のからだに塗っているように見えました。
c0340898_20012702.jpg

c0340898_20022822.jpg
せわしなく、翼を広げたり、身をよじったり、初めて見る光景でした。





帰り道、遠い前方で、アオジが早足で歩きながら、虫を拾っていました。
c0340898_20032465.jpg
何匹もいっぺんにくわえて、育ちざかりの可愛い子どもたちに運んでいるのでしょう。





午後から急に晴れてきたので、海岸草原にも行ってみました。
国道から海へ向かうと、先ほどすれ違ったバスが止まっていました。遠くにお客さん方の姿。バードウォッチングや植物観察のツアーだったのでしょうね。


声のする方を探すと、コヨシキリが黄色い口をあちこちに向けて囀っていました。
c0340898_20062386.jpg

c0340898_20041268.jpg
小さなカラダで、この複雑で大きな囀り、体力消耗しそうです。でも、必死だけれど気持ち良さそうな様子です。





どういうわけか、いつも近くに飛んでくるオオジュリン。
c0340898_20052787.jpg
警戒されているようなので、場所を移動しました。





今日のノビさんです。
c0340898_20075146.jpg

c0340898_20083596.jpg
春に到着したばかりのノビタキたちの中には、まだ冬羽のおもかげが残るコもちらほらいましたが、いつの間にかみなさん、すっかり夏羽ですね。
































[PR]
by naomin1112 | 2015-06-10 22:33 | コサメビタキ

緑のトンネル

 遊歩道は緑のトンネルになってきました。
空が見える部分が少ない、という感じです。

囀りや地鳴きの声がどの方向からも聞こえてきます。
でも、姿はなかなか見えません。
1年中、探さなくてもいつもいてくれる、と思っていたコゲラの姿もありません。今頃きっと、子育て中なのでしょうね。



今年は出会いの多いコサメビタキが、湿原にある木に止まっていました。
c0340898_21043615.jpg
囀り声が小さいけれど、かえってそれが目立っています。





小川の上の木にも、コサメビタキ?のつもりでいましたが、こちらはキビタキの女の子でしょうか?
c0340898_21025732.jpg

c0340898_21034212.jpg
どちらにも見えてきてしまいました。




キャンプ場入口の湿原では、クリンソウがかわいいピンク色の花を咲かせています。
c0340898_21054607.jpg




秋に真っ赤な実をつける、ナナカマドの白い花。つぼみがいっぱいでした。
c0340898_21072774.jpg





高~い木の上に、イカルの姿が見えました。
c0340898_21090527.jpg

c0340898_21081123.jpg
嘴の黄色がとても素敵です!
今度は、もう少し下で会ってみたいなーと思います。





湖畔の明るい植林地帯で、今シーズンよく見かけるモズ。
c0340898_21094597.jpg
だから?毎年この周辺で子育てしているアオジやウグイス、カラちゃんたちが今年は少ないように思います。
いつも、見晴の良い場所からモズが目を光らせているので・・・。












[PR]
by naomin1112 | 2015-05-26 23:27 | コサメビタキ

夕方の湿原、クロツグミの囀り

 午前中は曇り、午後から晴れという日が続いています。

今日は夕方、キャンプ場の駐車場までクルマで行き、湿原に沿った遊歩道をのんびり歩きました。
この時間に鳥見ということは今までになかったのですが、思っていたより鳥たちが多く見られ、ちょっとビックリでした。


c0340898_18404994.jpg
かわいいキビタキの女の子。
近くには雄もいました。つがいになって落ち着いたところ?のように見えました。




西日を背に、囀るクロちゃん。
c0340898_18433233.jpg
木の葉をなんとかかいくぐってピントを合わせてみました。
遠いので、こちらに気付いていないように思いましたが、そんなことはないのでしょうね。
この距離は、クロちゃんにとって、許してくれる距離なのでしょう。


c0340898_18421078.jpg
クロちゃんがやさしい歌をうたっているのをずっと聴いていました。
1曲終わると、どこからかほかのクロツグミの歌が聞こえてきます。その歌が終わると、またこちらのクロちゃんが歌う・・・これが鳴き交わしなのかな?





湿原を流れる小川から、急に飛び上がったキビタキの女の子。
c0340898_18452598.jpg
雄はびっくりしたのか、離れた木へ飛んで行きましたが、このコはこの枝に止まってのんびりして、そのうち羽繕いをはじめました。





夕方は、みんな水浴びをしたくなるのか、鳥さんに大人気の水場は混んでいました。

このコサメビタキは、ホバリングしながら、流れの速い場所にジャボン!と入っては飛び出てくる・・を繰り返していました。
c0340898_18464112.jpg

キビタキ、センダイムシクイ、ハシブトガラ、シジュウカラも水浴び。
みんな、とても気持ち良さそうでした。


最近、キビタキ雌をよく見かけるようになりました。
雄のバトルを見ることが少なくなってきたので、つがいができて落ち着いたのかな?と思います。
それでもまだまだ、一生懸命囀っている雄は多いです。縄張りの主張か、雌を呼んでいるのか、いろいろな鳥たちの囀りの中で、ひと際目立っています。











[PR]
by naomin1112 | 2015-05-22 21:06 | クロツグミ