タグ:クロツグミ ( 12 ) タグの人気記事

みんなの水場

 5月とは思えないほどの暖かさです。
キャンプ場へ向かうクルマがどんどん入ってきたので、今夜は大賑わいなことでしょう。


湿原の遊歩道は、午後になると人影はまばらです。
鳥たちが多く集まる水場でしばらくの間、様子を見てみました。

最初に水浴びに来たのは、センダイムシクイ。
c0340898_17585332.jpg
c0340898_17572306.jpg
水浴び後は、枝の混んだ、安全な場所で羽繕いです。



豪快に水しぶきをあげていたアオジ、長風呂でした~。
c0340898_18063183.jpg
c0340898_18073327.jpg




山側から歩道に飛んできたクロツグミは、歩いて水場へ下りて行きました。
c0340898_17595077.jpg
c0340898_18005977.jpg
水浴び後は、湿原の方へ。
c0340898_18020709.jpg
水芭蕉の葉が巨大になってきました。
クロちゃんが小さく見えます。



水場から上がってきた、キビタキの女の子。
c0340898_18053274.jpg




私がいる木陰のすぐ近くのロープに止まったコサメビタキ。
c0340898_18082601.jpg
何か言いたげな表情に見えました。
カメラを見ていたのかな?


20分間ほど水場を見ていたのですが、天気が良く暑かったせいか、次々と水浴びにやってきました。














[PR]
by naomin1112 | 2016-05-21 18:45 | センダイムシクイ

鳥見日和

 鳥見日和が続いています。

いつもの湖畔~キャンプ場は、今日は観光客の方々で賑わっていました。
カヌーに乗っている人もいました。


私が最近通っている静かな場所で、久しぶりにルリビタキに出会いました。
c0340898_16491042.jpg
c0340898_16495786.jpg
女の子かな?それとも若い雄かな?
と、見ていると、喉を膨らませて、囀っていました!
川の流れる音や、アオジの囀り声のなか、よく耳を澄まさなければ聴こえないような、静かな囀りでした。





それから、ずっと声は聴こえていたのですが、撮ったのは今シーズン初のセンダイムシクイ。
c0340898_16474747.jpg
c0340898_16482529.jpg
素早く虫を捕っていました!





私の背後から、スイ~~っと飛んできて止まったクロちゃん。
c0340898_16510375.jpg
なんだかびっくりした顔をしていますが、私だってビックリしました~!

黒い色が少し薄めで、まだ若いクロツグミのようでした。












[PR]
by naomin1112 | 2016-05-01 17:42 | ルリビタキ

渡り途中、キセキレイ・クロツグミ・アカハラ

 久しぶりに、早朝、カワセミがよく止まる杭を見に行きました。
少し待ちましたが、交通量が増えてきたので諦めて、場所を移動しました。


すると、すぐにキセキレイが現れ、はじめは2羽だったのが、あとからわらわらと集まってきました!少なくとも20羽はいたと思います。
ちょこまか歩きながら、せわしなく何かついばんでいました。
c0340898_20215655.jpg


c0340898_20223627.jpg

今年はあまり見かけなかったキセキレイ、渡りの途中だったのかもしれません。
見るからに子ども!というコも、何羽かいたようでした。旅の無事を祈ります。





カラちゃんたちやヒヨドリたちもやって来て賑やかになったところで、なつかしい声が聴こえました。でも、誰の声なのかどうしても思い出せず、しばらく待ってやっと姿を見ることができました。
もうこの湖畔ではとっくに姿がみられなくなっていた、クロツグミ!
c0340898_20260598.jpg
若鳥のクロちゃん!


c0340898_20264655.jpg
正面顔はよくこんなふうに撮れることを思い出しました。


c0340898_20282686.jpg
おとなになったら、黄色いアイリングになりますね、また元気に北海道に帰ってきてね。



ガサガサするので様子を見ていると、
c0340898_20241274.jpg
クロツグミ雌?それともアカハラ幼鳥でしょうか?



c0340898_20250209.jpg
アカハラも登場。このコは林を出たり入ったりせず、黙々と落ち葉をめくっては何か食べていました。




c0340898_20232339.jpg
ピントが合っていませんが、クサギの実を食べていたコ。
アカハラ?クロツグミ?
図鑑で調べましたが、わかりませんでした。

この仲間で、これから南へ渡って行くのでしょうね。
どうか、無事に目的地へ着いてほしいと願うばかりです。
















[PR]
by naomin1112 | 2015-10-12 21:16 | キセキレイ

おいしい赤い実

 今朝、町内でヒグマが目撃されました。
私が時々鳥見に行く海岸草原に近いので、しばらくの間一人では出かけないことにしなければ・・・。



今日は前回の鵡川河口の帰りに立ち寄った林道でのことです。

とても久しぶりにメジロの群れに出会いました。
c0340898_20221760.jpg
c0340898_20230275.jpg
かわいい声があたりにいっぱい!





遠くに真っ赤な実をつけた木があり、誰かがいそうだったので、注意して見ていると、やはり実を食べに来たコがいました。
写真を撮ってから確認したのですが、クロツグミの幼鳥?だと思います。
c0340898_20254423.jpg
c0340898_20264143.jpg
c0340898_20240757.jpg
足場がいろいろありそうに見えるのですが、実際はちょうど実が食べやすい足場がないのか、ひと粒採るのもタイヘンそう。
バランスを崩して、下にバサバサと落ちてしまう場面も。





クロちゃんのあと、同じ場所に来たコは、何の幼鳥なのでしょう?
c0340898_20290832.jpg
c0340898_20303924.jpg
クロツグミより少し小さくて、白い眉斑が目立っていました。まだ枝から枝へうまく飛び移れなくて、この子も時々バサッと落ちていました。
図鑑で調べたのですが、わからず・・・です。





となりの木のてっぺんでは、ノビタキさん。
c0340898_20274366.jpg
冬羽に変わってきて、秋の装いです。
いつも夏羽のノビタキを見ているので、冬羽はとても新鮮な感じです。


[PR]
by naomin1112 | 2015-08-18 21:51 | メジロ

てっぺんで歌うクロツグミ

 このところ、カヌーで賑わっているいつもの湖。
青い風景の中に、赤いカヌーが浮かび上がっているようです。
小学生の団体が楽しそうな歓声をあげる湖をあとに森を進むと、上の方からクロツグミの歌が聴こえてきました。

高~い木のてっぺんで、気持ち良さそうに歌うクロちゃん。
c0340898_18404246.jpg

c0340898_18412423.jpg
クロちゃんは、歌いながら羽繕いをしていました。


c0340898_18395412.jpg
ふわふわのおなかと、透き通るような黒い尾羽、遠くても嘴の黄色は輝いて見えます。

このあと私がこの場所から遠ざかっても、しばらくの間彼の歌声は聴こえていました。
ずいぶん遠くまで聴こえるんだなぁーと、ゆっくり歩いていると、小川の対岸にシマリスが。

c0340898_18392272.jpg
最近、見かけなかったのですが、いつも歩道に出て来て人をあまり恐れないコのようでした。


見失った、と思ったら、ひょっこり足元に来ました。
c0340898_18422932.jpg
人の近くは安心できる、と思っているかのようです。
出会うときは、たいがい何か食べています。どんな仕草も可愛い~。





アカゲラの巣立ち雛、というかもう幼鳥さんは、森のあちこちにいて、声で居場所がわかります。

湿原の木にいたこの子は、もうだいぶしっかりしてきたようでした。
c0340898_18433936.jpg
木を突きながら登ったり、となりの木に飛んだり、すっかり慣れてきた様子。
でもまだ親が虫を運んでいました。親から見たら、まだひとりで食べ物を捕るには心配なのかもしれませんね。




こちらは湖畔の幼鳥です。
c0340898_18462427.jpg
まだとても幼い感じで、バサバサとやっとこの木に止まったところです。
下にもう1羽いるようでした。笹薮をガサガサさせている音は、たぶん兄弟なのでしょう。


こちらはおとうさん。
c0340898_18451580.jpg
子育ても仕上げの時期ですね。子どもたちに教えることがいっぱいあるのでしょう。
まだしばらくは食べ物を運んであげるようですね。

















[PR]
by naomin1112 | 2015-07-10 21:25 | クロツグミ

ハクセキレイの子・オオルリ・クロツグミ

 湖畔へ行くと、たいがい出会えるハクセキレイの子。今日もいつもいるあたりにいました。

細い水路が湖へ流れ込む場所は、鳥たちに人気です。

c0340898_23090415.jpg
道路をトコトコ歩いていると思ったら、急にペタンと座り込んでしまう、この子。
だんだんからだつきがしっかりしてきました。まだ口角は黄色いようですが。




c0340898_23081302.jpg
兄弟の1羽はずっと見かけないので、どこかへ飛んで行ったのでしょうか。
この子はこの場所で秋まで過ごすつもりかな・・・いつも姿を見かけるとホッとします。相変わらず、時々アスファルトにペタンと座っています。






キャンプ場へ向かって歩いていると、道路を横切って飛んで来たオオルリ。
c0340898_23113192.jpg

c0340898_23103315.jpg
ここで大きめの虫を食べていました。
先日出会ったオオルリのような気がします。今日は囀りは聞けませんでしたが、この場所にしばらくいてくつろいでいました。
クルマが来て飛び去ったとき、もう1羽茶色いコも一緒でした。雌だったのかも?





キャンプ場をひと回りしての帰り道、遊歩道の前方にクロツグミが見えました。
c0340898_23133842.jpg
道の端で虫を探してはくわえているのがわかりました。
この時点では遠かったのですが、クロちゃんは何を思ったのか、びよーん、びよーんとこちらに向かってきました。




そして、キャンプ場を指し示す道標の上に飛び乗り、私をじーっと見つめていました。
c0340898_23122794.jpg
「おばさん、僕のあとをついて来ないでよー」とでも言いたげでした。

それからクロちゃんはまた、飛び跳ねるように歩いて先を急いで行きました。













[PR]
by naomin1112 | 2015-06-22 23:55 | ハクセキレイ

親は大忙し!クロツグミ・ハシブトガラ

 クマに注意、の看板が立ってからいつもの湖はご無沙汰していたのですが、様子を見に行くと一般車通行可の方なら、ウォーキングの方々もちらほらいたので、キャンプ場まで歩いてみました。

エゾハルゼミの声が大音量で響きわたり、キビタキの囀りもかき消されてしまいそうでした。


頭上からぶら下がっている青虫や毛虫に注意しながら歩いて行くと、前方にクロツグミ。
c0340898_18450483.jpg
縁石を上り下りしながら、ぴょんぴょん飛び跳ねるように食べ物探しをしていたようです。
春に渡ってきた頃は、警戒心が強く、人が歩く歩道を一緒に歩くなんて(ある距離をおいて、ですが)考えられなかったことです。





キャンプ場に着くと、今度は嘴にいっぱい虫をくわえたクロちゃんが・・・。
c0340898_18572634.jpg

c0340898_18461584.jpg
これでも、まだまだ虫探しをしていました。こんなにくわえていたら、次の虫をくわえる時に、全部落としてしまいそう。
巣で、おとうさんの帰りを待っているかわいい子どもたちのために、一生懸命虫探しをしているクロちゃんでした。





湿原を通らず、来た道を引き返し歩きました。
ある場所で、なぜか私のすぐ近くで羽をふるふるさせているハシブトガラ、青虫をくわえていました。
c0340898_20090489.jpg

c0340898_20095605.jpg
不思議に思って立ち止まると、もう1羽来て、大きな木にとまると、スッと消えたように見えました。


その時はじめて、ここにハシブトガラの巣があることに気付きました。
とっさに、ここにいてはいけない!と思い、道路の反対側へ、そしてさらに離れてから、そっと様子を見させてもらいました。


頻繁に親が虫を運んでいます。巣に入る前には、鳴いて合図をしているようでした。
c0340898_19013149.jpg

c0340898_19041128.jpg

c0340898_19030449.jpg
人もクルマも通る場所で、しかも出入り口は歩道から丸見えです。
先週は遠足の小学生たちがワイワイと巣の目の前を通ったはずです。
このハシブトガラは、あえて人間のそばに営巣したのでは・・?と思うのです。



家に帰ってよく考えてみたら、はじめに見た、羽をふるふるさせていたコは、偽傷行為だったのかも?!
知らずに巣のすぐそばで立ち止まってしまった私の注意をひこうとしていたように思えてなりません。













[PR]
by naomin1112 | 2015-06-08 21:10 | クロツグミ

夕方の湿原、クロツグミの囀り

 午前中は曇り、午後から晴れという日が続いています。

今日は夕方、キャンプ場の駐車場までクルマで行き、湿原に沿った遊歩道をのんびり歩きました。
この時間に鳥見ということは今までになかったのですが、思っていたより鳥たちが多く見られ、ちょっとビックリでした。


c0340898_18404994.jpg
かわいいキビタキの女の子。
近くには雄もいました。つがいになって落ち着いたところ?のように見えました。




西日を背に、囀るクロちゃん。
c0340898_18433233.jpg
木の葉をなんとかかいくぐってピントを合わせてみました。
遠いので、こちらに気付いていないように思いましたが、そんなことはないのでしょうね。
この距離は、クロちゃんにとって、許してくれる距離なのでしょう。


c0340898_18421078.jpg
クロちゃんがやさしい歌をうたっているのをずっと聴いていました。
1曲終わると、どこからかほかのクロツグミの歌が聞こえてきます。その歌が終わると、またこちらのクロちゃんが歌う・・・これが鳴き交わしなのかな?





湿原を流れる小川から、急に飛び上がったキビタキの女の子。
c0340898_18452598.jpg
雄はびっくりしたのか、離れた木へ飛んで行きましたが、このコはこの枝に止まってのんびりして、そのうち羽繕いをはじめました。





夕方は、みんな水浴びをしたくなるのか、鳥さんに大人気の水場は混んでいました。

このコサメビタキは、ホバリングしながら、流れの速い場所にジャボン!と入っては飛び出てくる・・を繰り返していました。
c0340898_18464112.jpg

キビタキ、センダイムシクイ、ハシブトガラ、シジュウカラも水浴び。
みんな、とても気持ち良さそうでした。


最近、キビタキ雌をよく見かけるようになりました。
雄のバトルを見ることが少なくなってきたので、つがいができて落ち着いたのかな?と思います。
それでもまだまだ、一生懸命囀っている雄は多いです。縄張りの主張か、雌を呼んでいるのか、いろいろな鳥たちの囀りの中で、ひと際目立っています。











[PR]
by naomin1112 | 2015-05-22 21:06 | クロツグミ

クロジ若くん、はじめまして!

 今日は午後から気持ちの良い晴れでした。
湖畔の遊歩道のどこを歩いても、囀りの大合唱でした。

日に日に緑が濃くなっているので、キビタキくんもみどりがかった黄色とオレンジ色に。
c0340898_21121703.jpg


こちらの彼は、どうしたことか、羽毛がボサボサになっていました。
c0340898_21132852.jpg
渡ってきたばかりなのかな?それとも縄張り争いのあとなのかな・・?





湿原で、クロちゃんが気持ち良さそうに囀っていました。
c0340898_21144850.jpg
本当はこの木の下の、雰囲気の良い湿地と撮りたかったのですが、本人を大きくしないとピントが合わず、クロちゃんど真ん中となりました。





鳥友さん方みなさんにはお馴染みのようなのですが、私は初めて出会ったクロジ若くん!!
c0340898_21163927.jpg
木の上にいるとは思っていなかったので、最初、クロジとはわかりませんでした。
でも、しょっちゅう見ている図鑑の、会いたくて仕方がなかったクロジ?と気付いてドキドキ!



c0340898_21191250.jpg
カメラを向けたら、飛んでしまうかと思いましたが、クロジくんはキョトンとしてしばらく同じ場所にいてくれました。



c0340898_21202239.jpg
こんなにのんびりしているように見えるのは、渡って来たばかりで、休んでいるところだったのでしょうか。
もしかしたら怪我をして飛べないのかな、と思いましたが、前方から歩いて来た人に驚いた様子で、ぴゅーんと素早く飛び去りました。





それから、キビタキの女の子!
c0340898_21214528.jpg
雄はずいぶん多く見かけていましたが、雌とは初めての出会いです。
このコも、しばらくの間、同じ場所で休んでいるように見えました。
とっても可愛い!!
それに聡明な雰囲気も!















[PR]
by naomin1112 | 2015-05-14 22:12 | クロジ

かわいい!コサメビタキの囀り

 いっせいに若葉が萌え出てきたようで、緑が濃くなってきました。
だんだん鳥たちの姿を見つけづらくなりますが、彼らにとっては隠れる場所があって、少し安心できるのでしょうか。



湖畔を抜けて、キャンプ場に向かっていると、最近覚えた囀り声が聞こえました。
遊歩道わきの高い木で、コサメビタキ。
c0340898_21501527.jpg

c0340898_21510953.jpg
アオジやキビタキの囀りも近かったので、コサメくんの声が吸い込まれてしまいそう・・・でも、一生懸命囀っていましたよ。
もう、雌も到着しているのかな?





森の、あっちでもこっちでも、キビタキたちの激しい縄張り争いが始まっています。
ブン、ブンと、まるでスズメバチのような音を立てて追いかけあい、取っ組み合いも!
c0340898_21530415.jpg
相当、怒っているらしい・・・。ひとがいても無視!


c0340898_21540485.jpg
彼はいつでも戦闘態勢!緊張感が伝わってきます。





湿原の、BIGに育った水芭蕉を見ていたら、偶然出てきてキョトンとしていたクロツグミ若?
c0340898_21552196.jpg




オレンジ色・茶色系の蝶はよく見かけるのですが、これは初めて見ました。
c0340898_21565414.jpg
ルリタテハ、名前も素敵ですね!





湖一周コースが終わる頃、オオルリの囀りが聞こえてきました。
c0340898_21584338.jpg
でも、なにか違う?・・・と思い、よく考えてみたら、囀りの中に、コルリの囀りがもりこまれていたのです。


c0340898_22003320.jpg
家に帰って、「オオルリ 鳴きまね」と検索してみると、やはり、鳴きまねは得意なのだそうです。
ホンモノかと思うほど、ホントに上手な鳴きまねでした。









[PR]
by naomin1112 | 2015-05-11 22:55 | コサメビタキ