タグ:キビタキ ( 25 ) タグの人気記事

久しぶりの湖畔

 長い長い雨降りがようやくおわり、久しぶりに太陽を見ました。

いったいいつ以来の鳥見なのか、忘れてしまったほどです。


遊歩道を歩いていると、斜面からかわいい声が聴こえてきました。前方を、こげ茶色のちいさな毛糸玉のようなモノが横切ったので、もしかしたらヤブサメの子?と思い、様子を見ていると、やはりそうでした!
c0340898_19382574.jpg
c0340898_19395211.jpg
遠かったのでぼけぼけですが、かわいい姿を撮らせてもらうことができました。
ヤブサメのこどもたちが山から湖側へ移動して行くところに出会えて、ほんとうに嬉しかったです。




薄暗い森の中で、スポットライトを浴びて歌うキビタキくんを見かけました。
c0340898_19365235.jpg
c0340898_19340136.jpg
よく見ると、尾羽が痛んでいるようでした。なにかアクシデントがあったのでしょうか。飛ぶことはできていましたが、秋の渡りが心配です・・・。




明るい林縁で、エナガの親子に出会いました。
c0340898_19411715.jpg
子どもたちはだいぶ成長して、枝から枝へと上手にちょこまかしていました。
c0340898_19424328.jpg
c0340898_19453651.jpg
c0340898_19441263.jpg
この子はのんびり止まっていたので、かわいい表情をたくさん見せてもらいました。


電線に止まり、親がごはんを運んでくれるのを待っている子も。
c0340898_19465715.jpg
c0340898_19482055.jpg
c0340898_19494760.jpg
からだは親より大きくみえるほどでした。
大きな木に、子どもが何羽もいるので、親は大忙しのようでした。





26日(日)雨が止んだので出かけてみたら、また雨がふりだし、帰ろうと思ったときに出会ったオオルリくん!
c0340898_19312006.jpg
雨の降る中、美声を響かせていました。

ふと気付くと、近くに雌さん!
c0340898_19320936.jpg
片足をしまい、くつろいでいた様子?

おじゃま虫のわたしは退散してきました。
























[PR]
by naomin1112 | 2016-06-28 21:08 | ヤブサメ

カワラヒワ夫婦

 最近、キャンプ場でよく出会うカワラヒワ。
いつもつがいで仲良く過ごしているのに、今日は雄だけが見えました。

c0340898_18335771.jpg


雌はどうしたのかなぁ・・と、広場を見回すと、やっぱりいました。
c0340898_18351148.jpg
よく見ると、タンポポの綿毛ではなく、綿毛になる前の状態のモノを食べていたようでした。

c0340898_18361791.jpg
c0340898_18373739.jpg
このとき、雌の向こうにもう1羽いることに気付きました。

c0340898_18383833.jpg
ニュウナイスズメの奥さんも、同じようにタンポポのタネをたくさんくわえて行きました。


c0340898_18393039.jpg
雄の待つところへ飛んで行きました。





湿原を流れる小川の上に、キビタキ雌さん。
c0340898_20422599.jpg
木漏れ日が、ちょうど彼女のかわいい横顔を照らしていました。


c0340898_20431433.jpg
ここを通るたび、争い中のキビタキ君を見ますが、なかなか決着がつかないようです。





c0340898_20412094.jpg
ひらひら可愛いシラネアオイ。



c0340898_18405629.jpg
クリンソウ、湿原のあちこちで咲いています。












[PR]
by naomin1112 | 2016-05-26 20:14 | カワラヒワ

みんなの水場

 5月とは思えないほどの暖かさです。
キャンプ場へ向かうクルマがどんどん入ってきたので、今夜は大賑わいなことでしょう。


湿原の遊歩道は、午後になると人影はまばらです。
鳥たちが多く集まる水場でしばらくの間、様子を見てみました。

最初に水浴びに来たのは、センダイムシクイ。
c0340898_17585332.jpg
c0340898_17572306.jpg
水浴び後は、枝の混んだ、安全な場所で羽繕いです。



豪快に水しぶきをあげていたアオジ、長風呂でした~。
c0340898_18063183.jpg
c0340898_18073327.jpg




山側から歩道に飛んできたクロツグミは、歩いて水場へ下りて行きました。
c0340898_17595077.jpg
c0340898_18005977.jpg
水浴び後は、湿原の方へ。
c0340898_18020709.jpg
水芭蕉の葉が巨大になってきました。
クロちゃんが小さく見えます。



水場から上がってきた、キビタキの女の子。
c0340898_18053274.jpg




私がいる木陰のすぐ近くのロープに止まったコサメビタキ。
c0340898_18082601.jpg
何か言いたげな表情に見えました。
カメラを見ていたのかな?


20分間ほど水場を見ていたのですが、天気が良く暑かったせいか、次々と水浴びにやってきました。














[PR]
by naomin1112 | 2016-05-21 18:45 | センダイムシクイ

コルリくん

 晴天が続いています。
連日、鳥見に出かけていて、写真の整理ができていませんでした。



毎年、声は聴こえても姿が見られない、もし出会えても一瞬・・・という、私にとって遠い存在だったコルリ。
やっと出会うことができました。
c0340898_17025209.jpg
湿地わきの遊歩道を歩いていたら、足元から近くの木に飛び移ったのが彼でした。
あっ!コルリだ、でも「ここで慌ててカメラを向けたらダメだ」鳥友Sさんの言葉を思い出し、そっと様子を見ていると、しばらくの間うろちょろと近くにいてくれました。
枝かぶりで、近いのにまったくピントが合わず、なんとか証拠になったのは、この1枚だけです。





求愛ダンスのニュウナイスズメ。
c0340898_16522635.jpg
c0340898_16513863.jpg
けなげにダンスを披露していましたが、肝心の雌さんは、木の新芽?をもりもり食べている最中でした。
雌が見ていてくれなくてもいいのかな・・・?




広場には、素敵に囀るオオルリ君と
c0340898_16561336.jpg
c0340898_16552089.jpg
美しい女の子!
今年はオオルリに出会う機会が多く、じっくりと観察しているのですが、特に雌さんは、雰囲気がいろいろだなーと思います。





小川でくつろぐキビタキ君
c0340898_17000960.jpg
c0340898_16565730.jpg
近くにいた女の子は、虫取り名人?何度も捕っていました。





かわいい声で囀っていたコサメビタキ。
c0340898_17015665.jpg
と思ったら、3羽で追いかけあいを始めました。縄張り争いの最中だったようです。コサメビタキの争いの近くで、キビタキもブンブン争ってもつれていました。みんな、怪我をしなければいいのですが・・。





今シーズン初めて、ツツドリに出会いました。
c0340898_17011436.jpg
トケン類の、独特な嘴のかたちがかわいいな~といつも思います。
彼らに出会うと、一瞬、猛禽かと思うのも、いつものことです。











[PR]
by naomin1112 | 2016-05-18 18:04 | コルリ

キミは誰なの?

 昨日は曇り空でしたが、団体のウォーキングのグループの方々で賑わっていました。



人々が去った「みんなの水場」は、こんどは鳥たちで賑わいました!
シジュウカラ、センダイムシクイ、アオジ、キビタキ、コサメビタキたちが水浴びを始めました。
その中で、?と思い、遠くてわかり辛いのですが、写真を撮りました。

c0340898_15085042.jpg
c0340898_15093688.jpg
ヤブサメかな、と思いましたが、尾の長さがあるので、ちがうようです。
ウグイス?にしては小さく、尾が短いかな?
頭央線がないので、センダイムシクイではないです。
エゾムシクイか、メボソムシクイでしょうか?

このコも、気持ち良さそうに、何度も水浴びをしていました。




センダイムシクイは群れで虫を捕っていました。
c0340898_15130056.jpg
c0340898_15111460.jpg
c0340898_15102817.jpg
c0340898_15115580.jpg
まるで和菓子のような色合いだな~と、いつも思います。




毎回、ブログに登場してもらう、キビタキ君。
c0340898_15150571.jpg
c0340898_15154981.jpg
この角度の、腰の黄色が特に好きなんですよ~。




帰り際に、湖畔で出会ったオオルリ君は、大きく元気に囀っていましたが、お腹も背中も、羽が痛んでいるようでした。
c0340898_15172794.jpg
c0340898_15163837.jpg
本州からここまで渡ってくる間の過酷さ、またはアクシデントからぎりぎり逃げてこられたのでしょうか。
どうか元気でいてほしいと思います。














[PR]
by naomin1112 | 2016-05-11 16:17 | センダイムシクイ

囀りとバトル

 いつもの湖畔を歩いていると、あちこちからオオルリの囀りが聴こえてきます。

今年は少し早めかな・・?
c0340898_14423789.jpg
美声が響き渡ります!


c0340898_14481561.jpg
いろんな方向へ、この声がとどくように。


c0340898_14485485.jpg
高い木の上で、いい調子で囀っていたところ、急にビュン、ビュン!と飛びました。
よく見てみると、雄2羽が、争っていました。
つい最近まで、複数の雄が仲良く過ごしている様子を見ていたのですが、それは渡ってきた直後だったからでしょうか。





キビタキも、ブンブン言いながら、激しいバトル中でした。
c0340898_14572750.jpg

c0340898_14510395.jpg
相手の出方をうかがっている?
いつまでも続きそうな様子でした。
今年はまだ、キビタキ雌に出会っていませんが、そろそろ会えるかな?





毎年、アカハラを多く見かけるのですが、ちょっと小柄に見えたこのコは、愛くるしいという言葉がピッタリ!
c0340898_14414218.jpg


c0340898_14403636.jpg
薄い色合いなので、女の子なのかな、ほんとうに可愛かったです。













[PR]
by naomin1112 | 2016-05-08 15:48 | オオルリ

オオルリ、キビタキ到着です。

 今日はとても寒かったのですが、雨が止んだので、いつもの湖畔を歩きました。

「膝関節症でも、無理のない程度に、とにかく歩くことです!それに筋力トレーニングも毎日ね!」・・と先生に言われ、そのように努力しています。


今日は嬉しい出会いがありました!
オオルリとキビタキが帰ってきたのです。

c0340898_16355077.jpg
c0340898_16344640.jpg
c0340898_16372863.jpg
地面に下りて食べ物をとっては木に上がり、ず~っと同じあたりにいました。
ふと気付くと、オスがもう一羽。
争うわけではない様子でした。一緒に渡って来た仲間なのかな?



オスにばかり気をとられていて気付くのが遅かったのですが、私がいた場所からすぐ近くに、メスがいました!
c0340898_16463415.jpg
c0340898_16403331.jpg
オオルリの女の子にこんなに近くで出会えたのは初めてです。

動かずに様子を見ていると、2羽のオスは、メスを気にしているようで、チラッ、チラッと見ていました。





それから、キビタキ。彼らも地面に降りてなにか捕っては杭や木に飛んで・・を繰り返していました。
人(わたし)がいても平気でそこらへんにいます。
c0340898_16413708.jpg
c0340898_16423807.jpg
キビタキは最初、1羽だけだと思っていたら、林から何羽も飛び出してきました。
もうすぐメスたちも到着するのでしょうね。

















[PR]
by naomin1112 | 2016-04-29 17:37 | オオルリ

アカゲラ、コサメビタキ、キビタキ

 いつもの湖畔~キャンプ場への遊歩道に、ウォーキングの方々が戻ってきました。
ホッとしながらも、周囲に気をつけながら歩いて行き、鳥たちの気配があまり感じられないままキャンプ場に到着。
誰もいないキャンプ場でしばらくボーっとしていたら、ナナカマドの木に、アカゲラの女の子が飛んで来ました。

c0340898_20313965.jpg
忙しそうに場所を移動しながら突きまわっていました。

c0340898_20333326.jpg

c0340898_21072905.jpg

c0340898_21083958.jpg
キャンプ場の炊事場近くで出会ってから、大回りに一周、彼女はつかず離れず、同行してくれました。





少し薄暗い松林の中に、コサメビタキがキョロキョロしながら佇んでいました。
c0340898_21094363.jpg

c0340898_21102719.jpg
夏の間は時々見かけていましたが、ヒグマ騒ぎで遊歩道閉鎖になって以来、コサメちゃんには出会えていなかったので、まだいてくれてとても嬉しかったです。




そして近くで聞き覚えのある地鳴きが聴こえてきました・・・キビタキくんも、まだこの森に残っていました。
c0340898_21113001.jpg

c0340898_21122106.jpg
時々翼をふるふるさせながら、鳴いていました。

c0340898_21132229.jpg
ちょっと首を傾げた様子がとても可愛い~!




帰りには、カケスが数羽、ギャアギャア鳴きながらいるところを見かけました。
ちょっと見ただけで飛んで行ってしまいました。










[PR]
by naomin1112 | 2015-09-17 22:58 | アカゲラ

キャンプ場まで行ってみました。

 今日も途中まで、のつもりだったのですが、大型犬を連れた家族が同じ方向へ向かったので、距離を置きながらキャンプ場まで行ってみました。
クマが目撃された場所あたりを通過する時は、思わず早足になってしまいましたが。


カラちゃんたちの声、アカゲラの声、ヒヨドリの声は時々聴こえましたが、姿が見えないまま歩いて行くと、道路際の木に飛んで来たコがいました。
とーっても久しぶりの、キビタキでした。
c0340898_21472104.jpg

c0340898_21480185.jpg
今、気付いたのですが、彼の頭上に、セミのぬけがらがちょこんとありました。





キャンプ場に着くと、オンコの木でヤマガラが、せわしなく行ったり来たりしていました。
c0340898_21490538.jpg
幼鳥?それとも換羽中?
羽毛が不揃いなところも、とても可愛い~!
c0340898_21501550.jpg
c0340898_21511176.jpg
足で実をおさえている様子を見ているのが大好きなんです。


c0340898_21520347.jpg
こちらは立派なオトナ。ヤマガラの正面顔は、他の鳥さんたちとは何かが違う・・・と、いつも思ってしまいます。





帰りに見かけたモズは、虫をくわえて得意顔のようでした。
c0340898_21532689.jpg
 蒸し暑かった夏はもう終わり、昼間はカラッと晴れ、朝晩は寒いくらいの気温です。
とても過ごしやすい季節ですが、だんだん陽が短くなるのがちょっとさみしいです。








[PR]
by naomin1112 | 2015-09-01 22:42 | キビタキ

キバシリの水浴び

 今日は、雲の流れが速く、コロコロと天気がかわる一日でした。

キャンプ場に着くと、青空の良い天気!でも大回りに一周して湿原の方へ向かうと急に雨、そして湖畔に出ると今度はさわやか~な晴れ。
天気はどう変わっても、キビタキやオオルリの囀りはずっと続いていました。特に最近は今までそうでもなかったオオルリの声があちこちから聞こえてきます。



遊歩道脇の川の、水浴びにちょうど良い浅瀬では、センダイムシクイ、ヒガラ、ハシブトガラ、シジュウカラなどが水浴びをしていました。
入れ替わり立ち代わり、とは、まさにこういう事なんだなぁーと、気持ち良さそうにジャブジャブしているコたちを見ていると、楽しくなりました。
c0340898_15445724.jpg
ヒガラの幼鳥、何度も浴びに来ていました。

ほかにも時々、写真を撮ってみましたが、どれも失敗ばかりでした。ヒガラとセンダイムシクイがピッタリ隣で浴びているところも、あとから見たらブレブレ写真でガッカリ・・。



あれっ?これは誰?
と、撮った写真で確認すると、キバシリでした。
c0340898_20072188.jpg

c0340898_15422037.jpg
今までいろいろな鳥たちの水浴びを見てきましたが、キバシリの水浴びシーンは初めてです!
このコはずいぶん長風呂でした♨






人もクルマもしょっちゅう通る場所に、だいぶ前からお馴染みのキビタキ親子がいます。
今日は道のすぐそばで子どもがジッと待っていて、おとうさんが何度も虫を運んでいました。
c0340898_15475865.jpg

c0340898_15463939.jpg
初めて出会ったときは、まだほわほわのまん丸赤ちゃんでしたが、ずいぶん大きくなりました。


こちらはおとうさんです。
c0340898_15503859.jpg
茶色い部分が残っているので、若いおとうさんなのかな。


c0340898_15485047.jpg
虫を物色中?
どんどん、子どもに食べさせていました。子育て上手なおとうさんなのでしょうね。




[PR]
by naomin1112 | 2015-07-07 21:16 | キバシリ