タグ:アトリ ( 8 ) タグの人気記事

ツリバナの実とアカゲラ君

 急に寒くなりました。鳥たちも忙しそうに冬の準備中のようです。

ツリバナの実を採ろうとしているアカゲラくんが、ちょうど良い足場がなくて苦労していました。

c0340898_21150222.jpg
シジュウカラたちに大人気のツリバナの実、どれにしようかな、と物色中のアカゲラくん。


c0340898_21154031.jpg
けっこう長い間、こうして見ていました。



c0340898_21161882.jpg
ホバリング?らしいことをやっても、細い枝の上に止まろうとしても失敗。その都度落ちてまたふわりと幹に戻ってきました。
そしてやっと、こうして逆さまになって実をゲットする技を編み出しました!






湿原を流れる小川の近くでは、今シーズン初めてのアトリの群れ。
c0340898_21180460.jpg


c0340898_21184257.jpg
去年の冬はアトリがとても多く、我が家の庭にも来ていました。この冬はどうでしょうか。





いつの間にか、シメさんも来ていました。
c0340898_21171131.jpg
強そうな嘴は、もうすっかり冬の色です。





キャンプ場では、キバシリが群れでやって来ました。
c0340898_21203919.jpg


c0340898_21192813.jpg

背中から見ると、保護色でとてもわかりずらいですが、おなか側は真っ白なので目立っています。
冬の間、お馴染みさんのキバシリたち、からだは小さいけれど、声は意外と大きいですね~。








[PR]
by naomin1112 | 2015-10-14 21:53 | アカゲラ

み~んな水浴び、とまりません!

 今日は家族で千歳方面へ遠征しました。
まず、はじめに支笏湖・野鳥の森へ行くと、まだまだビックリするほどの残雪が!
高い木々の中で囀っているカラちゃんたちを眺めてきました。

それから、嶋田忠さんの「ネイチャーフォトギャラリー、ザ・バードウォッチング・カフェ」へ。
千歳川周辺の森の中で野鳥たちの可愛いしぐさを観察しながら、心ゆくまで自然を満喫できる、素敵なカフェ・・・しかも、ドアの向こう側はなんと居心地のよいブラインドになっていて、鳥たちの表情をこっそり堪能することができます。
そして、なんといっても、嶋田さんの作品が並ぶギャラリー。感動しました。
また、おしゃれなメニュー・・今日はチーズとベーコンのホットサンドとおいしいコーヒー、日常とまったくちがう優雅な一日、たまにはいいですよね?


ブラインドの中から・・・

ちょうど目の前に水場があり、次々に鳥さんたちがやってきました。
まずは、アトリの女の子。
c0340898_21523403.jpg

c0340898_21534443.jpg

c0340898_21550925.jpg
もう、嬉しくて仕方がないよーー!と言っているかのよう。長時間こんなふうでした。




ハシブトガラは、しずしずと入ってきたと思ったら・・・
c0340898_21562703.jpg
まずは何口か水を飲み、それから・・・

c0340898_21585094.jpg
猛烈に水浴びをはじめました!とにかくもの凄い勢いです!


c0340898_21574048.jpg
ときどき、ハッと我に返った様子で休憩しながら、延々と浴びていました。




水場のそばの餌台では、おいしそうにリンゴを食べるヒヨちゃん。
c0340898_22000351.jpg




娘がそーっと教えてくれた、ヤマガラの巣材集め。
c0340898_22012863.jpg
嘴にくわえられるだけくわえて、どこかへ運んでいました。子育てがうまくいくといいですね。




再び水場を観察すると・・・
c0340898_22024542.jpg
今度はヒガラ、元気いっぱい水浴びしていました。今日は良い天気なので、ホントに気持ち良さそうです。




それから、ウソの女の子、最初は静かに浴びていましたが、だんだん大胆な水浴びに・・。
c0340898_22040441.jpg
表情が、とても嬉しそうに見えました!



時間の経つのも忘れて、しばらくの間、ブラインドから彼らの様子を眺めていました。
ここはほんとうに素敵な場所、また行きたいなぁ~~と思っています。




[PR]
by naomin1112 | 2015-04-12 23:07 | アトリ

ベニマシコ君に出会う

しばらくぶりに、いつもの湖へ行きました。
悪天候続きと仕事と用事とで、なかなか出かけられずにいたので、ほんとうに久しぶりに!


今年はマガンなどの渡り時期が例年より早いそうですが、こちらの湿原でも・・・
c0340898_22015855.jpg

もう、水芭蕉が咲き始めました。





今日はなかなか鳥さんたちに出会うことができず、湖一周の後半でようやく、アスファルトの上でなにか一生懸命食べている、アトリの女の子を見かけました。

c0340898_22042297.jpg


c0340898_22052094.jpg

嘴に泥がついてしまっていますよ~。
食べながら、仲間を呼んでいるのか、可愛らしい声で鳴いていました。





湖の一部が入江になっている湿地に、ずっと前から気になっている、苔むした木があります。
大きな朽木に倒木が重なり、それが丸ごと綺麗な苔におおわれています。
その苔が、曇り空の下だとよけいに目立つように光っているので、ここを通るたび足を止めていました。
その木に、今日は、ゴジュウカラが2羽いました。
c0340898_22083060.jpg


c0340898_22065730.jpg

なにか、隠しておいたものを取りにきたのでしょうか。
一生懸命、落ち葉を取り除いて、ヒミツの作業をしていたようです。






遊歩道を進んで行くと、遠くの水たまりで誰かが水を飲んでいることに気付きました。

c0340898_22091935.jpg

遠くてボケていますが、ベニマシコに出会ったのは久しぶりだったので・・・。



その後、通りかかると、彼はまだ近くにいました。
c0340898_22101513.jpg

ここは観光のお客さんがよく通る場所なので、この子は人なれしているのか、のんびり食べ物を探していました。
よく、イチゴミルク色、と言われるとおりの可愛いベニマシコ。
出会えて、とても嬉しかったです!





昨日、テレビのニュースや番組で話題になっていた、寝台特急北斗星。
娘が1歳のころ北海道に越してきて以来、帰省のたび何度も乗りました。

小さいころから鉄道好きの息子が、昨日最後の札幌行きの雄姿を撮りました。
c0340898_22031711.jpg

このカーブは、昔見つけた、とっておきのカーブなのだそうです。

引退は寂しいけれど、私たちはいつまでも忘れることはありません。
  ありがとう、とこころから思います。

[PR]
by naomin1112 | 2015-03-15 23:31 | ベニマシコ

ベニヒワちゃん、よく来たね!

 低気圧が居座り、悪天候が続いています。
湿った雪が降り積もり、風も強く、時々吹雪いてあたり一面真っ白に。

そんな中、この冬初めて、ベニヒワの小さな群れが、隣の庭(空き家です)にやってきました。
雄1羽、雌3羽で、何かの実を食べていました。

・・・本日の写真はすべて窓越しなので、ボケボケですが・・・

c0340898_21354993.jpg
去年は「ベニヒワの当たり年」だったそうで、この町でも4月初旬まですごい数のベニヒワが来ていました。
でも、今年はまだだったので、この冬は会えないかも・・・と思っていました。




c0340898_21365452.jpg
いい場所で食べているのに、すぐ雌が来て、「そこ、どいてよ!」と言われ、すごすごと譲ってしまう、雄。




c0340898_21373326.jpg
こんなにちっちゃいカラダなのに、ずっと食べまくっています。
寒い中、体温を維持するためには、いくら食べても足りないのでしょうか。
それにしても、なんて可愛いのでしょう!









いつもの湖に大群がいたアトリは、この頃、住宅地でも見られるようになりました。
今日は我が家の庭にも来ましたよ~!
c0340898_21334959.jpg


c0340898_21384782.jpg
ときどき、小競り合いをしながら、残っている草の実を食べていました。
何かに驚いて、いっせいに飛び立つとき、窓ガラスに当たってしまうんじゃないかと、ハラハラします。








c0340898_21325070.jpg
去年はいっぱいいたのに、この冬はずっと姿を見なかったカワラヒワ。
先週あたりから、ようやく来てくれるようになりました。



c0340898_21344810.jpg
シャクナゲの木でひと休み。
このコたちは、オオカワラヒワ?なのでしょうか?


まだ、外では強風が吹いているようです。
みんな、どんなところで夜を過ごしているのでしょう。
明日は天気が回復してくれたらいいのですが。












[PR]
by naomin1112 | 2015-03-11 22:46 | ベニヒワ

アトリの森

 久しぶりの鳥見、いつもの湖一周コースを歩きました。

数日前、湿った重た~い雪が降り、それが凍ったので、遊歩道は滑りやすくとても歩きずらい状態でした。

キャンプ場の奥の方までひと回りして、管理センターへもどると、目の前の斜面に、なんと、yamainuさんが!
こちらにおいでになっているとは知らなかったので、ビックリしました!
・・・いろいろなお話をしながら、近くに来るアトリを観察したり、写真を撮ったり、とても楽しい時を過ごしました。
yamainuさんは、ここのフィールドとの相性バッチリらしいので、今日もその後どんな風だったのか、ブログを楽しみにしています。



今年はアトリがホントに多いです!
はじめは大群でいたようですが、だんだん小さな群れに分散して過ごしているようです。

c0340898_19290315.jpg
落ち葉に保護色が効いて、近くでもわかりずらいですね~!
一生懸命、食べ物を探して食べ続けていました。



c0340898_19303917.jpg
このコは人のそばでも平気で、ずっといっしょにいました。
嘴で実を噛み砕くパキパキという音が聞こえていました。



c0340898_19313338.jpg
雌もおりてきて、いっしょにお食事。



c0340898_19320012.jpg
うっかり雪の上にいると、オレンジ色がこんなに目立ってしまいます。




ある時、急にアトリたちが残らず飛び去り、このあたりにいたカラちゃんたちのヒステリックな警戒の声が響き、ただ事ではない緊迫した空気が流れました。
ハッキリは見えませんでしたが、広場を横切って山側へ飛んで行く小型の猛禽の姿。
小鳥たちの警戒はすごいな、としみじみ感じました。




1周コースの、後半。雪のない場所にはたいがいアトリがいる、というほどアトリの数が多く、ほかのコたちの姿はまばらでした。

c0340898_19330518.jpg
木の芽とアトリの背中が素敵だったので・・・。



本日最後に出会ったアトリの女の子。
c0340898_19342016.jpg
ふんわりとした色合いの、可愛い彼女。

いつまでいてくれるのかな、ざわざわと聞こえる彼らの声は、もうこの森の常連さんのようです。

















[PR]
by naomin1112 | 2015-03-03 20:46 | アトリ

アトリ、素敵なオレンジ色

 明日から数日間仕事で鳥見には行けないので、今日はのんびり一周して来ました。

キャンプ場入口でカラちゃんたちを眺めてから、湿原を見下ろす遊歩道を行くと、その見下ろす先には、アトリの大群!!
200? 300? 400?数日前から来ていることは知っていましたが、こんなに大きな群れは初めて見ます。
雪の消えた、濡れた落ち葉で覆いつくされた湿地のいたるところにアトリがいーーっぱい!
みんな、落ち葉をめくって食べ物探しをしていました。

そんな群れからちょっと離れて、遊歩道のすぐ脇で、3羽のアトリがお食事中。
c0340898_22034620.jpg
ウォーキングの方々が通ったので、木へ上がりました。


c0340898_22045886.jpg

c0340898_22071143.jpg

c0340898_22082908.jpg
オレンジ色が、とっても綺麗!でも・・・
木の上にいると、目だってしまいます。ここは猛禽がいるんだよーー!





今日もあちこちでシマエナガの群れに出会いました。
c0340898_22024039.jpg
くわえているのは、枝? 虫?


c0340898_22091637.jpg
振り返ったところをパチリ!


c0340898_22103117.jpg
エナガちゃんにしては珍しく、ここで落ち着いてなにか食べているようでした(左のコ)
すると、右のコがふいに現れた瞬間です。





一周コース終点近くで、今まで聴いたことがない囀り声がしました。
誰かと思ったら、カケス君!
c0340898_22113573.jpg
遠いのでボケボケですが、初めて見て聴いたカケスの囀り。
歌声に酔いしれているようでした。





それから、気配がして、ふと近くの木を見ると、エゾリスが3匹。
c0340898_22130600.jpg
みんな逆さまになってジッとしていました。
かと思ったら、急に動きだしたりして・・・エゾリスは体が大きいので、3匹一緒に素早く動くと、こちらはビックリしてしまいます。




[PR]
by naomin1112 | 2015-02-25 23:02 | アトリ

久しぶりのオオアカゲラ

 今日は娘と鳥見です。
朝7時出発、ふだんよりかなり早い時間帯の森はどんなふうかな~とワクワク!
私はコンデジと双眼鏡なので軽いのですが、娘は重いカメラ持ち。
でも、保育士という職業柄、腕力と体力には自信あり、と、頼もしいです。


ワカサギ釣りを眺めながら、湖畔を時計回りに歩いて行くと、カラちゃんたちの声が賑やかに聞こえてきました。
それに、アカゲラ、コゲラ、カケスの声、よく見ると、松の高いところにキクイタダキの姿も。
みんな忙しく動き回り、食事中でした。


湖畔を抜けたあたりで、オオアカゲラ雌!久しぶりの出会いです。
c0340898_18021395.jpg
さすがに大きい!おなかの縞模様がステキですね~!


c0340898_18030427.jpg
この木のここが気になる様子、ずっと突いていました。






遊歩道はところどころ凍っているので、気をつけながら歩いて行くと、突然どばっっっ!!と、鳥たちが飛び立ち、本当にびっくりしました!
100とか200とか、数えようがありませんが、アトリの大群です。
なんとも表現できない声とともに移動していきました。
c0340898_18034045.jpg
数羽が近くの木に残っていました。三角アタマがかわいいです。


キャンプ場を過ぎ、湿原に入ったところで、再びアトリの群れ。
地面でなにか食べていました。
c0340898_18042619.jpg
ちょっと驚いて木に上がったアトリ。
雌は薄い色合いからか幼く見えて、とても可愛らしいです。





森を歩いて行くと、すぐそばの木にエゾリスが!
c0340898_18055214.jpg

c0340898_18071569.jpg
何をくわえているのかな?私たちが見ていても、別に慌てずマイペースのようでした。





さらに進むと、苫小牧からいらっしゃった方に教えていただき、オオアカゲラ雄!
c0340898_18125371.jpg

c0340898_18133791.jpg
アタマの赤い部分がまるで毛糸の帽子のよう・・・。
はじめはかなり遠かったのですが、なぜか彼はだんだん私たちの方の木へと移動して来ました。





さきほどの方が、「この先に人懐こいシメがいますよ」とおっしゃっていたとおり、道端でせっせと食べまくっているシメがいました。
c0340898_18084497.jpg

c0340898_18093063.jpg
飛べないのかな・・・?とも思いましたが、よくわからなかったです。
いつまでもそこらへんにいる様子だったので気がかりなのですが・・。















[PR]
by naomin1112 | 2015-02-21 19:14 | オオアカゲラ

カササギの雪宿り

 今日はいつもの湖で、久しぶりに3人での鳥見です。
最初に出会ったのは、アトリ雄。

c0340898_22291699.jpg
見晴らしの良い斜面で、一心不乱に食べていました。
枯葉の中にいると、保護色が効いて、どこにいるのかわからなくなりますね。


c0340898_22295226.jpg
アトリといえば群れでいる印象ですが、このコははぐれてしまったのかな?
時々、近くにいるシジュウカラに追われながらも、必死で食べ続けていました。

この後、湖を半周しましたが、天気がパッとせず、薄暗くて写真は撮れず・・・。
ミヤマホオジロや、お久しぶりのキクイタダキとの出会いがあったのですが。

でも、いろいろとおしゃべりをしながらの鳥見は、とても楽しかったです!





家に帰って来た時、近所の電線にシメがいーっぱい止まっているのが見え、公園にもいそうだったので行ってみました。
大きな木のてっぺんあたりや地面に、シメやツグミがワイワイといました。クルマが通るたび、飛んでしまうのですが、また集まってきます。

急に雪が降ってきました。
ふと気付くと、遊具にカササギが。
c0340898_22311973.jpg
こっちを向いてくれないかなぁーー。



カササギは、近くの木に移動しました。
c0340898_22342451.jpg
雨宿りならぬ、雪宿りです。
珍しく大粒の雪が降って、暗いはずのあたりが白く明るい雰囲気になりました。


c0340898_22323098.jpg
嘴を枝にこすりつけて拭いている、可愛い仕草。


c0340898_22355655.jpg

c0340898_22370720.jpg
いつもそこらへんにいる、すっかりお馴染みのカササギは、最近では繁殖がうまくいっているのか、だいぶふえたようです。
からだが大きく、カシャカシャ言う声も大きいのですが、とってもかわいい目をしています。












[PR]
by naomin1112 | 2015-02-11 23:20 | カササギ