タグ:アカハラ ( 6 ) タグの人気記事

囀りとバトル

 いつもの湖畔を歩いていると、あちこちからオオルリの囀りが聴こえてきます。

今年は少し早めかな・・?
c0340898_14423789.jpg
美声が響き渡ります!


c0340898_14481561.jpg
いろんな方向へ、この声がとどくように。


c0340898_14485485.jpg
高い木の上で、いい調子で囀っていたところ、急にビュン、ビュン!と飛びました。
よく見てみると、雄2羽が、争っていました。
つい最近まで、複数の雄が仲良く過ごしている様子を見ていたのですが、それは渡ってきた直後だったからでしょうか。





キビタキも、ブンブン言いながら、激しいバトル中でした。
c0340898_14572750.jpg

c0340898_14510395.jpg
相手の出方をうかがっている?
いつまでも続きそうな様子でした。
今年はまだ、キビタキ雌に出会っていませんが、そろそろ会えるかな?





毎年、アカハラを多く見かけるのですが、ちょっと小柄に見えたこのコは、愛くるしいという言葉がピッタリ!
c0340898_14414218.jpg


c0340898_14403636.jpg
薄い色合いなので、女の子なのかな、ほんとうに可愛かったです。













[PR]
by naomin1112 | 2016-05-08 15:48 | オオルリ

アカハラさん、おかえり!

 冬の間、埼玉の実家へ手伝いに行っていましたが、先週、自宅に戻りました。

久しぶりの北海道はすっかり春、もうすぐ桜も開花しそうです。

今日はぽかぽか陽気のなか、いつもの湖畔をゆっくり一周歩いてきました。



水場では、昼風呂あとの羽繕い中のアカハラさん!
c0340898_17011922.jpg


c0340898_16595123.jpg


c0340898_16583656.jpg
念入りに整えていました。
くちばしに、ふわふわの羽がくっついていますよ。





キクイタダキがわらわらと出てきてくれましたが、とにかくちょこまか、はやい!はやい!
c0340898_16573229.jpg


c0340898_16562193.jpg
この時期は群れで見かけますが、もうすぐつがいができるのでしょうね。





水芭蕉の群生地を見おろす坂道で、カケスに出会いました。
c0340898_17042659.jpg


c0340898_17024020.jpg
静かな森の中では、遠くにカラちゃんたちの声が聴こえていたのですが、???なにかきこえる!と思ったら、このカケスくんが歌っていたのです。
やさしい口調の、素敵な歌でした。





c0340898_17060518.jpg

水芭蕉は今が見ごろのようです。甘いかおりがあたりいっぱいたちこめています。





















[PR]
by naomin1112 | 2016-04-22 20:45 | アカハラ

渡り途中、キセキレイ・クロツグミ・アカハラ

 久しぶりに、早朝、カワセミがよく止まる杭を見に行きました。
少し待ちましたが、交通量が増えてきたので諦めて、場所を移動しました。


すると、すぐにキセキレイが現れ、はじめは2羽だったのが、あとからわらわらと集まってきました!少なくとも20羽はいたと思います。
ちょこまか歩きながら、せわしなく何かついばんでいました。
c0340898_20215655.jpg


c0340898_20223627.jpg

今年はあまり見かけなかったキセキレイ、渡りの途中だったのかもしれません。
見るからに子ども!というコも、何羽かいたようでした。旅の無事を祈ります。





カラちゃんたちやヒヨドリたちもやって来て賑やかになったところで、なつかしい声が聴こえました。でも、誰の声なのかどうしても思い出せず、しばらく待ってやっと姿を見ることができました。
もうこの湖畔ではとっくに姿がみられなくなっていた、クロツグミ!
c0340898_20260598.jpg
若鳥のクロちゃん!


c0340898_20264655.jpg
正面顔はよくこんなふうに撮れることを思い出しました。


c0340898_20282686.jpg
おとなになったら、黄色いアイリングになりますね、また元気に北海道に帰ってきてね。



ガサガサするので様子を見ていると、
c0340898_20241274.jpg
クロツグミ雌?それともアカハラ幼鳥でしょうか?



c0340898_20250209.jpg
アカハラも登場。このコは林を出たり入ったりせず、黙々と落ち葉をめくっては何か食べていました。




c0340898_20232339.jpg
ピントが合っていませんが、クサギの実を食べていたコ。
アカハラ?クロツグミ?
図鑑で調べましたが、わかりませんでした。

この仲間で、これから南へ渡って行くのでしょうね。
どうか、無事に目的地へ着いてほしいと願うばかりです。
















[PR]
by naomin1112 | 2015-10-12 21:16 | キセキレイ

去年生まれのキビタキくん

 天気予報では、9時から12時までは晴れマークだったので、そのように出かけました。
昨夜の雨があがり、ますます木の葉が元気に生い茂ってきたようです。



キャンプ場ではアカハラが闊歩していました。
渡ってきた頃は警戒していて、遠くに見えただけで飛んでいってしまったけれど、今は人馴れしたのか、ある距離を保っていれば飛ばずにそこらへんにいます。
c0340898_18122364.jpg
ベンチのまわりを歩きまわって、ミミズを探しては食べていました。





キャンプ場手前の広場で鳥友Tさんとお喋りしているとき、頭上をすーーっと飛んできたキビタキくん。
c0340898_18135671.jpg






湿原の木道を歩いていると、私の少し前へ、前へと、コサメビタキが先導してくれました。
c0340898_18155232.jpg






木道を渡り終わるところで、コサメちゃんはどこかへ飛んで行き、今度はキビタキくん。
c0340898_18164768.jpg
縄張り争いの追いかけあいの真っ最中でした!



c0340898_18180445.jpg
相手との睨み合い?それとも相手を見失った?
緊迫した表情で、ジッとしていました。



少し移動して、開けた場所へ。
c0340898_18201338.jpg

c0340898_18190591.jpg
彼の後ろ姿を見ていて、黒ではなくこげ茶色なんだなーと思いました。

帰ってから調べてみると、第1回夏羽(去年生まれの子)は、全体的に色が淡く、褐色部があり、特に後頭と翼にみられるそうです。

ほかの鳥さんたちもそうですが、このキビタキくんも、はるばる海を渡って北海道に帰ってきたんだなぁーと思うと、本当に感動!です。
キビタキの渡りといえば「キビタキ船長」のお話を思い出し、検索して読んではまた感動!しています。












[PR]
by naomin1112 | 2015-05-13 19:57 | キビタキ

ニュウナイスズメが食べているモノって?

 GW中は、とても賑わっていたいつもの湖周辺とキャンプ場。
今日は最終日、テントを撤収して帰途につくキャンパーのみなさんの、荷物満載のクルマと何度もすれちがいながらの鳥見です。



元気な声で、すぐにそこにいる、とわかってしまうニュウナイスズメつがい。
c0340898_21190870.jpg
この枝先の、紫色のかたまりは、つぼみの集合のように見えるのですが、なんという木なのか、いろいろ調べてもわかりませんでした。とても気になります・・・。


c0340898_21152047.jpg
雌は、からだを思い切り伸ばして、そのかたまりの先の芽を食べようとしていました。


c0340898_21165254.jpg
仲良し夫婦はこの木を飛び回りながら、紫色のつぼみ?を食べていました。
湖畔に行くとたいがい見かけるので、近くに営巣する予定なのかもしれません。





キャンプ場では、アカハラがお食事中、ある程度の距離を置けば、飛ばずにそのまま食事続行のようでした。
c0340898_22182621.jpg
胸を張って、得意のポーズ!


c0340898_22195946.jpg

c0340898_22213024.jpg
土をほじくり、ミミズなどを探している様子。
アカハラ、クロツグミには夏の間、いつでも会える場所なのです。





久しぶりに、海岸草原へ行ってみました。
姿を見せてくれたのは、ヒバリ!
c0340898_21332400.jpg
あちこちから、彼らの囀りが聞こえました。


c0340898_22223990.jpg
クルマから降りずに待っていると、すぐそばに降り立ち、じーっとこちらを見ていました。

1月の探鳥会の時、この海岸で越冬しているヒバリに皆で驚きました。そのコが春を迎えられたかどうかはわかっていないのですが、とても気になっていました。





















































[PR]
by naomin1112 | 2015-05-07 00:58 | ニュウナイスズメ

アオジ、クロツグミ、アカハラ

 このところ晴天が続いているので、毎日湖一周コースを歩きに行けます。
日を追うごとに、夏鳥が増えてきているなぁーと実感!
特に、アオジ。
湖周辺のいたるところにアオジが来ています。
c0340898_22353156.jpg

c0340898_22364244.jpg
目立つ場所にいることもありますが・・・



c0340898_22381779.jpg
たいがい、こんなふうなところで、見つかりづらく暮らしている彼ら。
でも、かわいい地鳴きが聞こえるので、存在はバレバレですよ~。





クロちゃんも次々に到着しています。
c0340898_22412264.jpg
遠いのですが、雰囲気の良い木陰に佇んでいたので、撮らせてもらいました。


c0340898_22394996.jpg

c0340898_22432908.jpg
歩きながら、なにかついばんでいました。

キャンプ場の横を流れる川向こうの遊歩道では、別のクロツグミが優しく素敵な囀り声を聞かせてくれました。
ほれぼれしてしまう、優しい歌声です。




アカハラも登場!
日なたと木陰の境目にいて、こちらの様子をうかがっていたようです。
c0340898_22442796.jpg
今シーズン初めての出会いです。
半年以上ぶりに姿を見ると、感動します。





湿原を通り湖畔へ向かう途中、やちぼうず(谷地坊主)が並んでいる場所があり、鳥さんたちと私のお気に入りのひとつになっています。
c0340898_22462546.jpg
坊主のアタマに、新芽が出てきました。

冬には、このアタマに雪がつもったところを撮りたかったのですが、なかなかタイミングが合わず、春になりました。











[PR]
by naomin1112 | 2015-04-23 23:45 | アオジ