<   2015年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

可愛い~!ベニマシコ

 明日は天気が崩れるそうなので、今日はのんびり落ち葉の中を歩いてきました。


ピッポ~、ピッポッポ~と、聞き覚えのある声がするので、そーっと動いて探してみました。すると、ベニマシコ雌が1羽、それから雄も1羽、地面を歩きまわって何か食べていました。
c0340898_21495225.jpg
優し気な表情の女の子です。





真夏の真っ赤なベニマシコの雄にどこかで出会ったことがありましたが、今は、「いちごみるく色」とよく言われる通りの色合いです。
c0340898_21511685.jpg

c0340898_21504059.jpg
美味しそうにむしゃむしゃと食べていました。





c0340898_21533646.jpg

c0340898_21543565.jpg

c0340898_21522439.jpg
彼が食べている?ピンクの小さな花は、何という名前なのでしょう。
ここに、こんなにかわいい花が咲いていたことを今まで気付きませんでした。





c0340898_21560735.jpg
雌もやって来て、仲良くお食事です。





c0340898_21564346.jpg



道内でもここは雪が少なく、気温も高めなので、越冬するベニマシコを毎年見かけます。
このコたちはどうするのかな、もう冬の過ごし方を決めたのかな?












[PR]
by naomin1112 | 2015-10-23 22:28 | ベニマシコ

クマゲラの女の子

 湿地に来ている小鳥たちを見ていた時、キョ――ッ、キョ――ッ、と今までに聴いたことのない大声がしました。
とっさに「クマゲラ??」と思い、声のする方を見ると、やはり!!


c0340898_20365058.jpg
後頭部が赤いので、女の子です!






しばらく同じところを突いていましたが、ちょっとずつ上に登り、向こう側に移動。
c0340898_20352869.jpg






そして、飛んだ!と思ったら、今度は私の近くの木に止まりました。
もう、びっくりして、心臓バクバク!
c0340898_20380158.jpg
近すぎてピントが合わない・・・最近、よくこんなふうなのですが、慌てている私を、彼女は可笑しそうに見ていたような気がします。







c0340898_20403382.jpg
まるで赤いベレー帽をかぶっているよう。

どこかに相方さんがいるのでしょうか、来年、この森で子育てしてくれたら素敵だなぁ。







[PR]
by naomin1112 | 2015-10-21 21:08 | クマゲラ

ミヤマホオジロとふっくらカシラダカ

 遊歩道脇の湿地にカシラダカの群れが来ていたので眺めていると、ミヤマホオジロが1羽、混ざっていました。

遠いのでボケボケなのですが、今シーズン初めての出会いだったので・・・。
c0340898_20370515.jpg

c0340898_20374532.jpg
胸の黒いエプロンの色がまだうすいので、若い雄なのかもしれませんね。
雌もいるかな・・・と探しましたが、雌はカシラダカと見分けがつかないので、わかりませんでした。

落ち葉が積もった中で、みんなでガサゴソと食べ物を探していました。




まん丸く膨らんだカシラダカ、いつもと違う雰囲気です。やさしい表情を見せてくれました。
c0340898_20385746.jpg

c0340898_20382127.jpg
水の中も歩き回っていました。
ここにいた群れは皆、冠羽を立てず、寒くはなかったのですがふっくらとしていました。




c0340898_20361772.jpg
光のかげんからか、背中、腰の赤い鱗模様がはっきりわかりました。






c0340898_20351006.jpg

湖に突き出たこの木では、毎年、ダイサギやアオサギが羽を休めている様子が見られます。
これからもっと増えて、「サギの木」となります。

警戒心が強い彼らですが、時々、交通量の多い交差点近くに止まっていたりして、驚くことがあります。













[PR]
by naomin1112 | 2015-10-20 21:22 | ミヤマホオジロ

貯食に大忙し!

 湖畔の遊歩道~キャンプ場を往復していると、あちこちで出会うゴジュウカラ。
今は、冬に備えて貯食に大忙しです。

c0340898_21384854.jpg

c0340898_21393304.jpg
樹皮の隙間にくわえて来た木の実を埋め込んでは取り出し、またちょっと違う隙間に埋めて・・・と、見ているといろいろ場所を吟味しているようです。






キャンプ場奥の栗林近くでは、エゾリスがクルクルと回りながら作業中でした。
c0340898_21372063.jpg

c0340898_21351730.jpg
匂いをかぎながら草地を回っているかと思えば、急にピタッと動きを止めたりします。


c0340898_21363373.jpg
栗の皮を剥いて美味しそうに食べていました。





遊歩道脇では、今まさに栗拾いをしている最中のカケス。
c0340898_21340159.jpg
今年はどこも栗でいっぱいです。去年も一昨年も、これほど栗だらけではなかったと思います。


c0340898_21324435.jpg

たくさん拾ってどこかへ運んでいるようでしたが、この時はもう喉が限界?なのか、ちょっとたいへんそうでした。




[PR]
by naomin1112 | 2015-10-17 22:08 | ゴジュウカラ

カシラダカも到着です

 今日は雨の心配のない良い天気でした。
湖畔の遊歩道を進むと、いつも釣りにきているおじさんの指定席に、アオサギが。

c0340898_22463463.jpg
アオサギもここに立ってみたかったのかもしれません。





キャンプ場の奥で、地面から木に飛んだコを見ると、ここでは1年ぶりのビンズイでした。
c0340898_22471996.jpg
おなかの縦斑がとても素敵。何日かこのあたりにいてくれるなら、もう一度会いたいです。





キャンプ場でのんびりしたあと湿原の橋に戻ると、真っ赤に紅葉した葉のあいだに、アトリが来ました。
c0340898_22482116.jpg

c0340898_22492865.jpg
嘴を枝にスリスリしている可愛い仕草。大きな群れが分散したのか?小さな群れをいくつも見かけました。





カシラダカも、続々と到着しているようです。
c0340898_22501603.jpg
橋にいる私のすぐそばに止まった群れ、近すぎてピントが合いません・・。あたふたしているうちに、さぁーーっと飛び去って行きました。



c0340898_22511109.jpg
帰りのインフォメーションセンター近くにも、カシラダカの群れ。

昨日から何度か群れに出会っているので、彼らの声がわかるようになってきました。
この森で冬を越してくれたら嬉しいなぁーと思います。


[PR]
by naomin1112 | 2015-10-15 23:28 | アトリ

ツリバナの実とアカゲラ君

 急に寒くなりました。鳥たちも忙しそうに冬の準備中のようです。

ツリバナの実を採ろうとしているアカゲラくんが、ちょうど良い足場がなくて苦労していました。

c0340898_21150222.jpg
シジュウカラたちに大人気のツリバナの実、どれにしようかな、と物色中のアカゲラくん。


c0340898_21154031.jpg
けっこう長い間、こうして見ていました。



c0340898_21161882.jpg
ホバリング?らしいことをやっても、細い枝の上に止まろうとしても失敗。その都度落ちてまたふわりと幹に戻ってきました。
そしてやっと、こうして逆さまになって実をゲットする技を編み出しました!






湿原を流れる小川の近くでは、今シーズン初めてのアトリの群れ。
c0340898_21180460.jpg


c0340898_21184257.jpg
去年の冬はアトリがとても多く、我が家の庭にも来ていました。この冬はどうでしょうか。





いつの間にか、シメさんも来ていました。
c0340898_21171131.jpg
強そうな嘴は、もうすっかり冬の色です。





キャンプ場では、キバシリが群れでやって来ました。
c0340898_21203919.jpg


c0340898_21192813.jpg

背中から見ると、保護色でとてもわかりずらいですが、おなか側は真っ白なので目立っています。
冬の間、お馴染みさんのキバシリたち、からだは小さいけれど、声は意外と大きいですね~。








[PR]
by naomin1112 | 2015-10-14 21:53 | アカゲラ

渡り途中、キセキレイ・クロツグミ・アカハラ

 久しぶりに、早朝、カワセミがよく止まる杭を見に行きました。
少し待ちましたが、交通量が増えてきたので諦めて、場所を移動しました。


すると、すぐにキセキレイが現れ、はじめは2羽だったのが、あとからわらわらと集まってきました!少なくとも20羽はいたと思います。
ちょこまか歩きながら、せわしなく何かついばんでいました。
c0340898_20215655.jpg


c0340898_20223627.jpg

今年はあまり見かけなかったキセキレイ、渡りの途中だったのかもしれません。
見るからに子ども!というコも、何羽かいたようでした。旅の無事を祈ります。





カラちゃんたちやヒヨドリたちもやって来て賑やかになったところで、なつかしい声が聴こえました。でも、誰の声なのかどうしても思い出せず、しばらく待ってやっと姿を見ることができました。
もうこの湖畔ではとっくに姿がみられなくなっていた、クロツグミ!
c0340898_20260598.jpg
若鳥のクロちゃん!


c0340898_20264655.jpg
正面顔はよくこんなふうに撮れることを思い出しました。


c0340898_20282686.jpg
おとなになったら、黄色いアイリングになりますね、また元気に北海道に帰ってきてね。



ガサガサするので様子を見ていると、
c0340898_20241274.jpg
クロツグミ雌?それともアカハラ幼鳥でしょうか?



c0340898_20250209.jpg
アカハラも登場。このコは林を出たり入ったりせず、黙々と落ち葉をめくっては何か食べていました。




c0340898_20232339.jpg
ピントが合っていませんが、クサギの実を食べていたコ。
アカハラ?クロツグミ?
図鑑で調べましたが、わかりませんでした。

この仲間で、これから南へ渡って行くのでしょうね。
どうか、無事に目的地へ着いてほしいと願うばかりです。
















[PR]
by naomin1112 | 2015-10-12 21:16 | キセキレイ

ムギマキちゃん

 先日の暴風で、いつもの湖畔コースではあちこちに倒木が・・・。

「みんなの水場」にかかる木道にも木が倒れこみ、様子が変わってしまいました。
c0340898_20040708.jpg



c0340898_20052036.jpg

水が湧き出ているこのきれいな場所で待っていると、誰かしらやって来てくれることが多いのですが、今日は気配がなくひっそりとしていました。






湿原を渡る橋でのんびり待っても、誰も来ません。今日はそういう日だったんだなぁ、と湖畔に向かいました。

ふだんなら足を止めず通り過ぎている場所に、シジュウカラが群れていたので、見るとツリバナの実がいっぱい!可愛いなぁ~と、しばらくながめていると、ふいにオレンジ色のコが飛んできて、こちらをじーっと見つめました。(のような気がしました)


キビタキ?まだいたんだね!と、そっとカメラを向けて見たとき、
c0340898_20072165.jpg


アレっ?ムギマキ??
c0340898_20055875.jpg
1枚撮らせてもらったら、すぐ湖の方向へ飛んで行ってしまいました。
また来るかな・・と、しばらく待ってみましたが、来てはくれませんでした。



家に戻って図鑑で調べると、雌または若い雄のよう?です。
とても短い時間でしたが、初めての出会いはほんとうに嬉しいものでした。






[PR]
by naomin1112 | 2015-10-10 20:51 | ムギマキ

宮島沼・マガンたち

 ガン・カモ類などの渡りの中継地である美唄市・宮島沼へ行きました。
マガン、ヒシクイは今がピークで、約65000羽がここで過ごしているそうです。

c0340898_19524285.jpg
昼間なので、沼でマガンたちがひしめき合っている、というわけではありませんが、採食地と沼を行ったり来たりしている群れがひっきりなしに見られました。



c0340898_19545187.jpg
湖畔に建つ「宮島沼 水鳥・湿地センター」





近くの、刈り取り後の水田には、マガンたちがいーっぱい!!
c0340898_19493120.jpg

c0340898_19510963.jpg
落ち穂などを食べたり、休憩したり。
若鳥の姿も多く見られました。




c0340898_19555661.jpg
別の場所では、ひとつの区画にびっしり集まっていました。
次々と群れが到着してきます。




猛禽に驚いて一斉に飛び立ちました。
c0340898_19570703.jpg
旋回した後、また戻ってきましたが、このような時、家族はバラバラになってしまわないのでしょうか。





飛び立ったマガンたちを眺めている群れ。
c0340898_19584982.jpg
猛禽が時々姿を現すので、どんな時も気が抜けないのでしょう。





c0340898_19593258.jpg
頭上には、沼へむかう群れ。

いくつもの群れが、沼へ向かう時間帯、農地へ向かう時間帯というものがあるようでした。

マガンはカラダが大きいですが、顔がとても可愛いと思います。
命懸けの厳しい渡り、どうか無事に目的地へ行けるようにと祈るばかりです。









[PR]
by naomin1112 | 2015-10-04 20:47 | マガン

暴風のあと

 今日は朝から快晴、暴風のあとの遊歩道は大量の落ち葉と枝と栗でいっぱいでした。

キャンプ場入口のオンコの木では、ヤマガラが忙しそうに出入りしていました。
c0340898_15133207.jpg

c0340898_15143575.jpg

c0340898_15153601.jpg
木には、ヤマガラが食べずに残した、甘くて赤い果肉がくっつけて(捨てて)ありました。あとで誰かが食べに来るのかもしれません。





湿原へ向かうと、久しぶりにアオジの女の子に出会いました。
c0340898_15241749.jpg
何羽もいるような声がきこえました。みんな渡りの準備中かもしれません。





一般車が通れない道なのですが、倒木が。
c0340898_15261578.jpg
「みんなの水場Ⅱ」の鳥たちが羽繕いをする枝の混んだ木も、他の倒木に巻き込まれて崩れてしまいました。ここを通るたびにいつも長居したくなる、素敵な水場の様子が変わってしまい、とても残念です。





ヒグマ騒ぎの影響で、今年は栗拾いに来る人が少ないせいか、森や遊歩道のいたるところに栗が落ちています。
カケスは喜んで栗を拾って貯食しているようです。
c0340898_15171378.jpg

c0340898_15181362.jpg

c0340898_15224983.jpg

前回来たときよりも、カケスはかなり多く見られました。
みんな、それぞれあっちこっちに栗を埋めていますが、あとで忘れてしまいそうですね。











[PR]
by naomin1112 | 2015-10-03 16:14 | ヤマガラ