<   2015年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

キクイタダキつがいのお仕事


 進学のため、北海道を離れる息子の引っ越しと、月末のアルバイトが重なって、せわしなくもあっという間に時は過ぎ、明日からもう4月です。


今日は10日ぶりにいつもの湖へ行きました。
歩き慣れた場所なのに、なんとなく雰囲気が変わったような気がしました。


森では、カラちゃんたちの囀りがあちこちから聞こえてきました。
それから、すでにつがいになっているコたちの姿や、揉めている方々の姿・・・。
恋の季節は、彼らなりの切実な駆け引きとか、理不尽なことなど、いろいろあるのでしょうね。



嬉しいことに、わざわざ近くに来てくれるエナガちゃん。
c0340898_18384795.jpg




こちらも、手の届きそうなくらい近くに来てくれる、ハシブトガラ。
c0340898_18351307.jpg




ハッと気付いたら何羽もいてビックリした、キバシリたち。
c0340898_18395849.jpg
つがいになる前の揉め事なのか、5~6羽が飛び回っていました。
ひとがいても、おかまいなしのようです。





シジュウカラは、カラちゃんたちの中ではいちばん警戒心が強いかなーと思います。
c0340898_18404613.jpg
りっぱなネクタイの雄でした。







ある場所で、なにか動いている・・・と思って双眼鏡で確認すると、キクイタダキのつがい!!
とても遠いので、彼らは私をまったく無視して地面をちょこまか動きまわりながら、一生懸命なにか食べている?かと思いましたが、木の上と下を往復しているところを見ると、どうやら巣材を集めて運んでいるようでした。
c0340898_18355702.jpg

c0340898_18364223.jpg

c0340898_18374754.jpg
キクイタダキといえば、高~い木の上の方でちょこまかしているところしか見たことがなかったので、こんなふうに巣材集め(たぶん)をする姿に感動しました。
子育て、うまくいくといいですね・・・!
キクちゃんたちの邪魔をしたくないので、しばらくの間、この場所へは行かないことにします。







c0340898_18420505.jpg
水芭蕉がとても綺麗です。今年は例年になく早いような気がします。

















[PR]
by naomin1112 | 2015-03-31 21:01 | キクイタダキ

優しい囀り、カワガラス

 娘から、「ヤマセミがいるよ~」と連絡がきて、久しぶりに川へ行ってみました。
もう時間がかなり経ってしまったので、ヤマセミの姿は見られないと思っていましたが。



夫と娘がいる河原に到着して、二人が見ている方向を探すと、川の上部の木にヤマセミはいました!
c0340898_19424943.jpg
枝が混んでいるところだったので、ピントは合わせられなかったのですが・・・。

あとで聞いたのですが、このコはお腹いっぱいで、ここで休憩していたらしいです。
「お腹いっぱい」になった理由を、娘たちは目撃したそうで、凄かったと言っていました。





しばらくして、聞き覚えのある声が響いたと思ったら、つがいのカワガラス!
c0340898_19454583.jpg

c0340898_19442262.jpg
私たちの目の前で、泳いだり潜ったり、石の上で休憩したりしていました。



すこし上流へ飛んだときは、川の水の色が青く見えました。
c0340898_19465857.jpg
ビッ、ビッ、ビッと、張りのある大きな声で鳴きながら飛んでくるので、すぐにわかります。






「あれ、これは誰の声??」と、娘とあたりを見回しました。
やさしい、素敵な囀りが、どこからか聞こえてきたのです。

すると、声の方向に、彼の姿が。
c0340898_19481052.jpg
囀り声の主は、さっきから目の前にいるカワガラス!!
もう、ほんとうに感動しました!
やさしい囀りは、しばらく続き、私たちはずっと聞かせてもらうことができました。



その後、彼は悠々とこの場所で羽繕い。
c0340898_19501006.jpg
子育てが忙しくなったら、こんなにのんびりしてはいられないでしょうね。

今日は彼のおかげで、とても穏やかな気持ちになれました。
新年度を目前に、多忙な毎日を送っている娘も、ホッとひと息つけたようです。



[PR]
by naomin1112 | 2015-03-21 20:41 | カワガラス

ホオジロガモのディスプレイ!


 今日は昼から雨の予報だったので、家事後回しで朝から出かけました。
静かな遊歩道を歩いて行くと、なんとなく春のにおいがします。


もうすぐキャンプ場というところで、ガサガサする音の方を見ると、
c0340898_18292069.jpg
アカゲラくんが忙しそうに作業中でした。

一年中、必ず森にいてくれるアカゲラたち、出会うとホッとします。

それから、やはり森の常連さん、
c0340898_18301542.jpg
コゲラちゃんも、いつも元気な声を響かせていますね~。



管理センター前の広場で、多くのアトリたちがわいわいごはんを食べていました。
しばらく眺めていたら、急に彼らがいっせいに近くの木に飛びました。

でも、地面に残って食べ続けているコが3羽。
アトリではなく、ミヤマホオジロ君。
c0340898_18323017.jpg

c0340898_18311526.jpg
相変わらずのイケメンぶりです~!



それから、マヒワ(たぶん、つがい)
c0340898_18331867.jpg
ムシャムシャと、食べまくっています!


c0340898_18342644.jpg
草の中にいると、保護色が効いていますね~。
この雌は、先日出会った雌2羽よりも濃い色合い、オトナなのでしょう。





キャンプ場をあとに、湿原を抜けて再び湖畔に出ました。
遊歩道後半は、緩いアップダウンがあり、湖を見下ろす高台を歩いていたとき、聞いたことのない不思議な声が湖から聞こえてきました。
双眼鏡でよ~く見ると、白黒の水鳥たちが騒いでいました。

初めて見る、ホオジロガモのディスプレイ!
c0340898_18374902.jpg
雌の近くで素早くアタマを背に乗せ、また戻すことを繰り返す、「ヘッドスローディスプレイ」という求愛ディスプレイなのだそうです。


c0340898_18351821.jpg
この場では、雄より雌の方が数が多かったようです。


c0340898_18385389.jpg
雄がさかんに行動している間を、雌はスイスイ泳いでいました。


c0340898_18355709.jpg
この雌の首は!?伸ばすとこうなっているのですね!


c0340898_18363921.jpg
湖の真ん中で、ホオジロガモたちのディスプレイは続いていました。
初めて見る光景に、感動しました!














[PR]
by naomin1112 | 2015-03-19 21:20 | ホオジロガモ

オオマシコ、やっと出会えた!!

 今日は曇り空、昼間なのに薄暗い湖畔の遊歩道をいつものようにキャンプ場へ向かいました。
日影のところにはまだ雪がたっぷり残っていて、気をつけないと滑ります。

鳥たちの声は聞こえず、静かでした。
ふと気付くと、歩道から2羽、すぐ上の木に飛んだ姿がありました。
アトリかな?と思い、いい場所だったのでカメラを向けたらビックリ!
何年も前から会いたくて待ちつづけていた、オオマシコだったのです!


c0340898_18243432.jpg
雌のオオマシコ、からだの縞模様が素敵!
もう1羽のコは?探しましたが、見えませんでした。




このコはまた歩道に下りて、食べ物を探してウロウロし始めました。
c0340898_18253569.jpg

c0340898_18260924.jpg
背中の模様もとてもキレイですね~!
私は一歩も動かずにいたので、安心してくれたかのように、ずっと近くにいてくれました。



すると、もう1羽のコも戻ってきました。
c0340898_18270627.jpg
このコも道路に下りて、食べ物探し。


c0340898_18280913.jpg
濡れた落ち葉の中にいると、どこにいるのかわからなくなりますね~。



c0340898_18291156.jpg


c0340898_18301248.jpg
2羽とも雌のようですが、ちょっとだけ色合いに違いがある風にみえました。

この冬も出会えないなぁ~~と思っていたところだったので、とてもとても嬉しかったです!
しかも、3人で同じ時間を共有できたこと・・・こんなこともあるんだなーと、夢のようです。






それから、キャンプ場からの帰り道、松林ですごい数のヒガラがいっせいに道路に下りて、なにか食べているところに出会いました。
その中に、こちらもまた、なかなか出会えずにいたマヒワが!!
雄1羽、雌2羽の小さな群れです。

c0340898_18343935.jpg

c0340898_18361139.jpg
レモンイエローがとっても素敵!


c0340898_18330041.jpg
一生懸命、なにか食べていました。
チョコチョコ動きながら食べているので、ピントが合いません・・。



クルマも人も来なかったので、しばらくの間見ていることができました。
ヒガラたちがドッと飛んだら、マヒワたちも道路脇の木へ。

c0340898_18312797.jpg
ほ~んと、可愛い!
意外に嘴がとがっていますね。
囁くような、かわいい声も聞くことができました!




























[PR]
by naomin1112 | 2015-03-17 20:32 | オオマシコ

囀るミソサザイ

 昨日はなかなか鳥さんたちに出会えなかったので、今日はふだん行かないような時間に(午後2時過ぎに)出発しました。
すると、夕方の腹ごしらえのためか、特にカラちゃんたちがいっぱい!
こんな時間だと、ウォーキングの方々もいないので、森を独り占め気分・・・だけど、そろそろクマに会ってしまわないか、ちょっと怖いです。



ここでは数が減ってきたアトリ。
c0340898_21580146.jpg
足でアタマを掻いていました。
どんな鳥さんでも、気持ち良さそうにこうやってアタマを掻いている様子を見ているのが大好きです!





いつも湿地にいる、顔なじみのミソサザイくん。
c0340898_21585520.jpg
彼はこの場所が囀りポイントなのでしょう。
あちこちにカラダを向けて、長く囀っていました。


c0340898_21593406.jpg
西日を浴びて気持ち良さそうです。


c0340898_22001373.jpg


c0340898_22010139.jpg


c0340898_22015294.jpg
ミソサザイに出会えるのは秋から春、これからはしばらくの間、ちょこまか可愛い姿を見ることも、小さなからだの割に大きな地鳴きを聞くこともできなくなります。
私たちの目が届かないどこかで、ひっそりと懸命に子育てをするのでしょうね。





ハシブトガラは、遊歩道のすぐ側でも平気で食べ物を探して、こちらに近づいて来ます。
c0340898_22024141.jpg

c0340898_22034642.jpg
落ち葉が積もってふわふわ、足場が良くないけれど、なにかおいしいものが落ちているのでしょうね。





もう山へ帰って行ったとばかり思っていましたが、まだいました、ウソの小さな群れ。雄だけ4羽です。
その中の2羽が、いっしょに動いていました。とっても仲良し!
c0340898_22044152.jpg
まるでスナップ写真ですね~!


c0340898_22134635.jpg
このコたちも、遊歩道のすぐそばにいて、ずっと食べまくっていました。




最近、風邪でもないのに、目・鼻が不調でグズグズ・・・もしかしたら花粉症?
北海道にはない、というわけではないそうです。




[PR]
by naomin1112 | 2015-03-16 23:10 | ミソサザイ

ベニマシコ君に出会う

しばらくぶりに、いつもの湖へ行きました。
悪天候続きと仕事と用事とで、なかなか出かけられずにいたので、ほんとうに久しぶりに!


今年はマガンなどの渡り時期が例年より早いそうですが、こちらの湿原でも・・・
c0340898_22015855.jpg

もう、水芭蕉が咲き始めました。





今日はなかなか鳥さんたちに出会うことができず、湖一周の後半でようやく、アスファルトの上でなにか一生懸命食べている、アトリの女の子を見かけました。

c0340898_22042297.jpg


c0340898_22052094.jpg

嘴に泥がついてしまっていますよ~。
食べながら、仲間を呼んでいるのか、可愛らしい声で鳴いていました。





湖の一部が入江になっている湿地に、ずっと前から気になっている、苔むした木があります。
大きな朽木に倒木が重なり、それが丸ごと綺麗な苔におおわれています。
その苔が、曇り空の下だとよけいに目立つように光っているので、ここを通るたび足を止めていました。
その木に、今日は、ゴジュウカラが2羽いました。
c0340898_22083060.jpg


c0340898_22065730.jpg

なにか、隠しておいたものを取りにきたのでしょうか。
一生懸命、落ち葉を取り除いて、ヒミツの作業をしていたようです。






遊歩道を進んで行くと、遠くの水たまりで誰かが水を飲んでいることに気付きました。

c0340898_22091935.jpg

遠くてボケていますが、ベニマシコに出会ったのは久しぶりだったので・・・。



その後、通りかかると、彼はまだ近くにいました。
c0340898_22101513.jpg

ここは観光のお客さんがよく通る場所なので、この子は人なれしているのか、のんびり食べ物を探していました。
よく、イチゴミルク色、と言われるとおりの可愛いベニマシコ。
出会えて、とても嬉しかったです!





昨日、テレビのニュースや番組で話題になっていた、寝台特急北斗星。
娘が1歳のころ北海道に越してきて以来、帰省のたび何度も乗りました。

小さいころから鉄道好きの息子が、昨日最後の札幌行きの雄姿を撮りました。
c0340898_22031711.jpg

このカーブは、昔見つけた、とっておきのカーブなのだそうです。

引退は寂しいけれど、私たちはいつまでも忘れることはありません。
  ありがとう、とこころから思います。

[PR]
by naomin1112 | 2015-03-15 23:31 | ベニマシコ

ベニヒワちゃん、よく来たね!

 低気圧が居座り、悪天候が続いています。
湿った雪が降り積もり、風も強く、時々吹雪いてあたり一面真っ白に。

そんな中、この冬初めて、ベニヒワの小さな群れが、隣の庭(空き家です)にやってきました。
雄1羽、雌3羽で、何かの実を食べていました。

・・・本日の写真はすべて窓越しなので、ボケボケですが・・・

c0340898_21354993.jpg
去年は「ベニヒワの当たり年」だったそうで、この町でも4月初旬まですごい数のベニヒワが来ていました。
でも、今年はまだだったので、この冬は会えないかも・・・と思っていました。




c0340898_21365452.jpg
いい場所で食べているのに、すぐ雌が来て、「そこ、どいてよ!」と言われ、すごすごと譲ってしまう、雄。




c0340898_21373326.jpg
こんなにちっちゃいカラダなのに、ずっと食べまくっています。
寒い中、体温を維持するためには、いくら食べても足りないのでしょうか。
それにしても、なんて可愛いのでしょう!









いつもの湖に大群がいたアトリは、この頃、住宅地でも見られるようになりました。
今日は我が家の庭にも来ましたよ~!
c0340898_21334959.jpg


c0340898_21384782.jpg
ときどき、小競り合いをしながら、残っている草の実を食べていました。
何かに驚いて、いっせいに飛び立つとき、窓ガラスに当たってしまうんじゃないかと、ハラハラします。








c0340898_21325070.jpg
去年はいっぱいいたのに、この冬はずっと姿を見なかったカワラヒワ。
先週あたりから、ようやく来てくれるようになりました。



c0340898_21344810.jpg
シャクナゲの木でひと休み。
このコたちは、オオカワラヒワ?なのでしょうか?


まだ、外では強風が吹いているようです。
みんな、どんなところで夜を過ごしているのでしょう。
明日は天気が回復してくれたらいいのですが。












[PR]
by naomin1112 | 2015-03-11 22:46 | ベニヒワ

氷の上に、オジロワシ

 今日はぽかぽか陽気でした。
いつもの湖一周コースを出発すると、半分以上融けてきた湖の氷の上に、オジロワシが1羽、佇んでいました。
先日は4羽の若鳥でしたが、今日は成鳥です。

c0340898_19022929.jpg
あちこちで泳いでいるカワアイサやマガモたちを、のんびり眺めているようでした。
水鳥たちは、オジロワシを恐れてはいないのでしょうか?



c0340898_19031127.jpg
目の前で、(と言ってもかなり遠いですが)歩いているオジロワシを見たのは初めてです。
黄色い足と黒い爪が印象的!




c0340898_19004460.jpg
いつも、もっと遠くからしか見たことがありませんでした。
この風貌には感動させられます!




c0340898_19035288.jpg
この冬は、この湖や近くの海岸草原で、オジロワシを見る機会が何度かありました。
もうすぐ、北方へ渡って行くのでしょう。
繁殖地でも元気でいてほしいですね!






湖畔を抜けて、湿原に入り、オオアカゲラ雄に出会いました。
c0340898_19045989.jpg
アカゲラと比べると、ひと回り大きいのですが、特に足の大きさにはビックリします!



c0340898_19055876.jpg
この雄は、とても落ち着いた様子で、時々コンコン突いていました。




そして、遊歩道をはさんで向かい側の大きな木には、雌が。
c0340898_19085659.jpg

c0340898_19071253.jpg
熱心にこの場所を突いていました。
彼女は、オオアカゲラにしては小柄な感じの美人さんでした。

鳥友Sさんによると、今年は例年になくオオアカゲラがよく出てくれる、そうです。



駐車場に戻り、クルマに乗ったとき、近くの木に何かが舞い降りたので、見てみると、
c0340898_19095936.jpg
今年初めての エルタテハ(たぶん)。
このあたりのどこかで越冬していたのですね!
今日は暖かかったので、飛び出してきたのでしょう。


[PR]
by naomin1112 | 2015-03-08 21:34 | オジロワシ

ビロードキンクロの群れ

 昨日の続きです。
湖一周を終えるころ、まだ氷が残っているところに、オジロワシの若鳥が4羽いました。
ポツン、ポツンと距離をおいて4羽。ただ、佇んでいました。
朝はいなかったので、私が湖畔の奥~キャンプ場へ行っているあいだにここへ降り立ったのでしょう。

c0340898_20590621.jpg
皆、お疲れのように見えました。
どこからか渡ってきて、ちょっと休憩?



c0340898_20594619.jpg
急に飛び立ったかと思えば、また降りてきて・・・。
若鳥たちは少し休んだ後、また北上して行くのでしょう。







今日は、西部の川へ行ってみました。久しぶりに、息子もいっしょにです。
以前出会ったことのある、セグロセキレイ白化個体のコは元気でした!
c0340898_21083134.jpg

相方さんと、とても仲良しです。
c0340898_21091625.jpg



いつもはカワガラスが目の前を行ったり来たりするのですが、今日は出会えませんでした。
きっと、子育て中なのでしょうね。
天敵に襲われることなく、無事な子育てができますように・・・!






夕方になってしまいましたが、久しぶりに海岸草原へ行ってみました。
猛禽の姿はありませんでしたが、海には水鳥たちがいろいろいました。

ホオジロガモは、出てきたな、と思うとすぐにまた潜って行きます。
c0340898_21060101.jpg

c0340898_21063547.jpg
波打ち際にいるときも潜っています。すぐに底だと思うのですが・・・。






息子が、「あれ、なに?」と言う方を見ると、ビロードキンクロ8羽の群れ!
c0340898_21051678.jpg

c0340898_21041416.jpg
ここで彼らを見たのは、初めてのことです!
ゆったりと、でもけっこう速いスピードで苫小牧方面へ泳いで行きました。
図鑑によると、外敵から逃げる場合、飛翔よりも潜水するほど、潜水能力に優れているそうです。









[PR]
by naomin1112 | 2015-03-06 21:51 | ビロードキンクロ

ミヤマホオジロ君、湿原の小川で

 湖の氷が半分以上、融けました。
待っていたかのように、カワアイサ、マガモ、ホオジロガモたちがやってきました。


森では、いーっぱいいたはずのアトリが分散したためか、時々見かける程度になり、カラちゃんたちは、つがいができ始めた様子。
大声でギャーギャー鳴いているカケスがあちこちで目立ってきました。



湿原を流れる小川が遊歩道とかなり接近する地点で、1羽のミヤマホオジロ君に出会いました。
c0340898_22140711.jpg
いつもエレガントな雰囲気のミヤマ君!



c0340898_22053905.jpg
なにかいいものがあるのでしょう・・一生懸命引っ張っていました。



c0340898_22062835.jpg
時々雪の上を歩いたり、



c0340898_22084659.jpg
水を飲んだり、



c0340898_22075780.jpg
キョロキョロ見回したり、



c0340898_22070822.jpg
立ち止まったり。
私の存在に気付いているのに、気付かないふり??
しばらくの間、観察させてもらいました。



c0340898_22111700.jpg
ずっとモグモグしていましたが、それはホントに食べられるモノなのかな?



c0340898_22095490.jpg
素敵な冠羽の後ろ側って、どうなっているのか、やっと見せていただけました。



c0340898_22130305.jpg
しばらくの間、水の中にいましたが、冷たくないの?うすピンク色の足が冷え冷え~~!



アトリの声が近づいたと思ったら、小さな群れがこの場所に降り立ちました。
ミヤマ君は、
c0340898_22145120.jpg
驚いて木に飛びました。
でもまた、少し下流の方に下りたようでした。



この冬は、ミヤマホオジロに出会う機会が何度かあり、そのたびに一緒の時間を過ごすことができました。
とても嬉しい!です。













[PR]
by naomin1112 | 2015-03-05 22:55 | ミヤマホオジロ