<   2015年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ホオジロハクセキレイなのかな??

久しぶりに町内西部の川へ鳥見に行きました。
今日は息子がいっしょです。

橋を渡ってすぐ、川の縁のクルマが入れそうなスペースに下りたと同時に、セキレイらしき2羽の姿。
めずらしいな、ここで越冬しているんだ・・・と、カメラを向けると、なんかよく見るハクセキレイとは違う。
c0340898_19163472.jpg
過眼線がなく、あたまが白い。
もしかしたら、ホオジロハクセキレイでしょうか?
図鑑によると、いろいろ個体差があるそうなのですが・・・。


いっしょにいたのは、こちらのセグロセキレイです。
c0340898_19154993.jpg
とても仲良くいっしょに行動していました。







カワセミの声が聞こえたので、待っていると近くに止まりました!
c0340898_19174333.jpg
人にはとても警戒してこんなにすぐそばには来てくれないけれど、クルマなら大丈夫?




ちがう木に移動、でもすぐそこ。
c0340898_19185182.jpg

c0340898_19193766.jpg
彼はおなかがすいていたのか、何度も魚を捕っていました。
魚をくわえたところも撮りたかったのですが、ピンボケばかり・・・。
でも、こんなに近い距離で、カワセミの様子を見ることができたのは初めてです!




これは、息子が撮りました。
c0340898_19205123.jpg
私たちへの警戒心が薄れて、のんびり、優しげな表情に見えました。
それにしても、なんてきれいな色なんでしょう!
背中の青は、発光しているかのようです。







カワガラスが2羽、ビュンビュン飛び回っていました。
c0340898_19214160.jpg

c0340898_19221665.jpg
縄張り争いの追いかけあい?かと思っていたら、どうやら仲良し夫婦のようでした。
いっしょに潜って食べ物を探すところも見ることができて、もう感動!!



「飛び方が弾丸のようだね!」と言っていた息子が撮ったカワガラス↓
c0340898_19230931.jpg

c0340898_19242327.jpg
思いがけなく、ふだんなかなか出会えないコたちに出会えて、とーーっても嬉しかったです!

雪が降り積もったら、また行ってみたいと思います。
















[PR]
by naomin1112 | 2015-01-31 20:31

やっと出会えたね!カヤクグリ!

 今日は久しぶりに娘との鳥見でした。
ぽかぽかと暖かく、絶好の日和・・いつもの私たち親子ならのんびり気ままに歩いて行くのですが、今日はキョロキョロと足早に進みます。
それは・・・ブログ「山犬・山猫・山爺 の ぼやき」の、yamainuさんがこの湖畔にいらっしゃっているからなのです。



 なぜか今日は、カラちゃんたちの声も聞こえない、静かな森。
どんどん歩いて行くと、向こうから、ニコニコとyamainu さんが歩いてくるのが見えました。
初めてお会いし、いろいろなお話をして楽しいひとときでした。
雪深く、極寒の地にお住いのyamainuさんは、ここの雪の少なさに驚いたそうです。
でも、何種類もの出会いがあったそうで、良かったです~!




その後、鳥たちも私たちもお気に入りの水場を見おろす場所で、娘が急に「なにか、いる!」と。
双眼鏡で確認すると、なんと、カヤクグリだったのです!
c0340898_20215997.jpg
「冬になると、このあたりで見かけるよ」と、鳥友さんから聞いていたので、毎年心待ちにしてはいたものの、今まで出会えずにいたのです。
やっと、見つけた!




ちょっとずつ、時間をかけて近づいてみました。
c0340898_20240938.jpg
さえぎる草木の間をぬってなんとかピントを合わせてみると、カヤクグリくんはのんびり羽繕い。



c0340898_20225247.jpg
こちらには気付いていて、ときどきチラッと目が合います。



c0340898_20252144.jpg
落ち葉の中にいると、保護色が効いて、どこにいるのかわからなくなりますね。




c0340898_20261820.jpg
うしろ姿、羽模様が美しいです。

初めて出会ったカヤクグリ、思っていたより小さい印象でした。
夏は高山のハイマツ帯などにいるそうですね。
冬になり、よくここに降りて来てくれたね・・・。
ほかの鳥たちの声にとても警戒していたようでしたが、(ヒヨドリやウソやゴジュウカラの声が遠くに聞こえていたので)湿地の中を歩き回ったり、苔むした木の上でジッとしたり、そんな可愛い姿をかなり長い時間、見させてもらい、とても嬉しかったです!










[PR]
by naomin1112 | 2015-01-25 22:11 | カヤクグリ

初・ツメナガホオジロ、ハギマシコ

 先週、娘がツメナガホオジロに出会ったところへ、「もしかしたらまだいるかも・・・」と、出かけてみました。
今日は1月とは思えないぽかぽか陽気。雪も一気に融けだしてしまいそうでした。


土手に上がってすぐに、ツメナガホオジロが!!
c0340898_22401546.jpg
人やクルマに慣れてしまったのか、かなり近くても地面でなにか食べていました。
もう、その様子が可愛くて仕方なく、しばらくの間、見入っていました~~!!



c0340898_22422846.jpg
ずっと食べ続けているうちに、2羽がいろんな位置になり、こんなにかわいい場面も。



c0340898_22434087.jpg


c0340898_22442832.jpg
とっても仲良しなんですね~。
ツメナガホオジロの後趾の爪は長いそうですが、そこのところは見ることはできませんでした。





それから、ハギマシコ!
毎年、一度しか出会えず、しかもじっくり観察できたことは今まで一度もありませんでした。
c0340898_22414214.jpg
カメラマンさんが多数いる目の前で、安心したようにくつろぐハギマシコたち。



小屋の屋根で、なにやらおしゃべり?
c0340898_22405702.jpg
屋根になにが写って見えたのでしょう?



先ほどツメナガホオジロがいたあたりに、今度はハギマシコの群れが!
c0340898_22454084.jpg
50羽くらい、いたようでした。みんなでわいわいお食事中。



c0340898_22461951.jpg
黄色い嘴がアクセント。おなかが「バラ色」と表現されていましたが、なるほどそのとおりですね~。
ときどき、なにかに驚いたようにいっせいに飛び立ち、あたりを旋回しては、またこの場所に戻ってきます。
猛禽が多くいるので、警戒を怠れません。



まさに鳥見日和の今日、多くのカメラマンさんからいろいろなお話を聞かせていただき、とても楽しかったです。
皆さまに感謝!です。













[PR]
by naomin1112 | 2015-01-21 23:34 | ツメナガホオジロ

ウソ?アカウソ?

 朝からとても寒かったので、一枚多く重ね着をして、湖一周コースを歩きました。


だ~れもいないキャンプ場の奥には、まだけっこうたくさんの実をつけたナナカマドの木が並んでいます。
今日はウソくんがお食事中でした。
c0340898_21525048.jpg

c0340898_21532726.jpg

c0340898_21535777.jpg
寒いけれど天気は良かったので、青い空とナナカマドの赤い実、そこにウソという素敵な組み合わせ。



彼は場所を変えて、雪を食べ始めました。
c0340898_21544316.jpg
ナナカマドの実をいっぱい食べて、のどがかわいたのでしょう。



ひとしきり雪を食べたら、また実を食べ始めました。
c0340898_21552312.jpg

c0340898_21555701.jpg
おなかが赤いとアカウソ・・・と、ずっと思っていたのですが、識別のポイントがいくつかあるそうですね。
このコは、尾羽の羽軸は白く見えますが、白い軸斑ではないようなので、ウソですね。





湿原に沿った遊歩道を雪に足をとられながら歩き、湖畔に出て、鳥さんたちみんなのお気に入りの水場に着きました。
高い木のてっぺんの方で、ウソが3羽、実を食べていました。
c0340898_21563904.jpg
このコたちの左側に雌がもう1羽います。みんな、むしゃむしゃとおいしそうに食べていました。



c0340898_21571605.jpg
よく見ると、尾羽に白い軸斑?
この雄はおなかが薄いグレーで、パッと見たところウソのようですが、アカウソなのですね。



しばらくすると、3羽がパラパラっと水場に降りてきました。
c0340898_21585536.jpg
水を飲んでいます。


c0340898_21581540.jpg
ずいぶん飲んでいました。
いっぱい食べて、いっぱい飲んで、とても元気なのですね!

このあと急に雲行きが怪しくなり、一周コースの終点から駐車場へ戻る頃には、横殴りの雪となりました。

[PR]
by naomin1112 | 2015-01-21 00:20 | ウソ

まん丸可愛い、ウズラ

 久しぶりの海岸草原、春・夏・秋と、ずいぶん通っていたのですが、寒くなってからはずっとご無沙汰していました。


クルマでうろうろしていたら、草原の中になにか丸っこいものが動いているのを見つけ、双眼鏡で確認すると、なんとウズラ!!
もう、ホントにビックリしました!
ウズラは夏鳥、まさか今、ここにいるとは!
c0340898_15363723.jpg
ウズラはもともと丸いからだらしいのですが、寒さからか、どこから見てもまん丸!




c0340898_15371561.jpg



c0340898_15380933.jpg
雪がなかったら、たぶん気付かなかったと思います。
草の中にいたら、みごとな保護色なので、まったくわかりませんね~。
それに、小さくて・・・。




c0340898_15394235.jpg
伸びあがって草の実を食べていました。
あたりは実をつけた草がどこまでも広がっているので、食べ物には困らないのでしょう。
それに、北海道の中でも降雪量の少ない地域なので、草原が雪に埋もれてしまうことは考え難いです。





ウズラが急に、遮るものがない場所に出て来てくれました。
c0340898_15411846.jpg
こっちを向いたウズラくん、足もとは小石混じりの砂と雪、背景は海、絶好の場面!
それなのに、なさけないことに、ピントが合わず、こんなふうです・・・。
逆光のせいばかりじゃありません、ドキドキ大慌てだったのです。




c0340898_15423034.jpg
調べたところ、「クイナ並の警戒心の強さ」とありました。
そんなウズラくんに今日出会えたことに感謝です。


















[PR]
by naomin1112 | 2015-01-18 16:37 | ウズラ

ヤマシギ、再び

 今朝、起きたら、雪が降っていて、けっこう積もっていたのでビックリしました。
昨日までの穏やかさがうそのように、冷たい風も!



雪が止んだので、いつもの湖へ行ってみました。
遊歩道に入ったとたん、聞き覚えのある、ジュイーン、ジュイーンという声が聞こえました。
マヒワがいる!と思って探しましたが、まともに逆光で、よくわからないまま、声は聞こえなくなってしまいました。



一周コースを逆回りして、みんなのお気に入りの水場へ。
ミソサザイの声がしたので、立ち止まったまましばらく探していたら、湖方向から茶色くて嘴が長いコが飛んできました。ふわりと水場に降りたのは、ヤマシギでした。
c0340898_17073124.jpg
先日、出会ったコかもしれません。



あちこちに嘴を突っ込んで、食べ物探し。
c0340898_17081956.jpg

c0340898_17090533.jpg
曇ってきてしまったので、暗いですが・・・。



c0340898_17100969.jpg
せわしなく歩き回りながら探していますが、見つかっているのかな?



c0340898_17125235.jpg
この、斜めうしろからの頭と首が特徴的ですね~。



c0340898_17172637.jpg
雪に嘴を突っ込んでいますが、大きな目はパッチリ見開いています。
何か見つかりましたか?






まただいぶ雪が降ってきたので、引き返すことにしました。
最後の水場で、ミソサザイに出会いました。
c0340898_17190777.jpg
寒いせいか、まん丸にふくらんでいました。



c0340898_17181109.jpg
うしろ姿もとっても可愛い!
尾の、白いつぶつぶが並んでいるところがステキ!





同じ水場では、ツグミの姿も。
c0340898_17195344.jpg
ふだん街でもよく見かけますが、雪がとてもよく似合いますね。



c0340898_17202249.jpg
このあと、湿地に降りて、落ち葉をめくりながら食べ物を探していました。
降りるときに足を踏み外して(?)転んだのです。
鳥さんが転ぶところを初めて見ましたよ~!












[PR]
by naomin1112 | 2015-01-17 18:30 | ヤマシギ

ゴジュウカラの羽繕い

 今日は雲ひとつない快晴、しかも春を思わせるようなぽかぽか陽気でした。
森のみんなはいつも元気ですが、今日はあたたかな日差しの中で、さらにいきいきとして見えました。

カラちゃん、ミソサザイ、キバシリの囀りも聞こえました。
まだ本当の春は遠いけれど、今日は思わず囀ってしまったようです。




湿原の小川の近くの安全地帯で、ゴジュウカラが水浴び後の羽繕いをしていました。
c0340898_19342014.jpg

c0340898_19345649.jpg

c0340898_19361794.jpg

c0340898_19353250.jpg
ハッと、こちらに気付きましたが、また延々と羽繕い。





湖が入江になっている湿地では、いつものメンバーが勢ぞろいしていました。
気持ち良さそうに水浴びをしているコがあっちにもこっちにも!
アカゲラ2羽がびゅんびゅん飛び交っていたので、なにやら落ち着かない雰囲気でしたが、私も仲間にいれてもらったつもりになりました~。

c0340898_19370242.jpg
いつものミソちゃん。この湿地の主です。



c0340898_19374447.jpg
手が届きそうなほど近くにハシブトガラ。
興味津々という表情でした。



c0340898_19384281.jpg
苔が光っているところに、青みの濃い色をしたゴジュウカラ。
なにか探し物をしているみたいでした。


c0340898_19394388.jpg
お得意のポーズ!
このコのおなかは、真っ白でした。シロハラゴジュウカラという名前そのものですね~。





湖一周を終えて駐車場へ向かっていたら、車道のすぐそばの杭に、トビのたぶん幼鳥が止まっていました。
c0340898_19332905.jpg
スケートを楽しむ子どもたちの様子を眺めているように見えました。
「凍った湖の上で、いったい何をしているんだろう?」と不思議に思っていたのかもしれませんね。










[PR]
by naomin1112 | 2015-01-14 20:27 | ゴジュウカラ

ちょこまかミソサザイ・くつろぐカワセミ

 今日は3人で鳥見に・・・。
ふだんひとりなので、新鮮な気分でした。
湖畔や湿地を歩いていても、それぞれ目のつけどころが違い、ひとりでは気付かなかったであろう鳥さんとの出会いがありました。
とは言っても、撮影はマイペースで、いつになくピントが合わず、ブレブレばかり。



みんなからかなり遅れてやっと見つけたミソサザイ。
c0340898_21574281.jpg

c0340898_21582446.jpg
この場所にしばらくいてくれたのに、なかなか撮れない。





また、雰囲気のよいこ~~んな場所にもミソサザイ。
c0340898_21562749.jpg

c0340898_21555205.jpg

c0340898_21565858.jpg
このへんを通る時、いつも見かけるコです。
きっと、お気に入りの場所なんですね。






湿原を流れる小川から、カワセミの声が聞こえました。
たいがい、高速ですっ飛んで行く姿を見送るだけなのですが、今日は同じ場所から声が・・。
気付かれないように、そーーっと覗き込むと、小川の上にかかる枝にカワセミ!
c0340898_22030951.jpg

c0340898_22004330.jpg
カワセミの女の子でした。
背中のブルーがキラキラ輝いています!



c0340898_22020658.jpg
よく見ると、肩のあたりにふわふわの羽毛があります。
これは冬だから?



c0340898_22011818.jpg
この写真だと、もっとふわふわ・もこもこしているのがわかります。



c0340898_22035736.jpg
こちらを向きました。なんともかわいい女の子!
朱色の足もとっても可愛いですね~!

魚やエビなどを捕る湖は、冬の間ほとんど凍ってしまうので、この小川が食糧調達の場所なのです。
寒さが厳しくなるのはこれからが本番ですが、逞しく、元気にいてほしいと思います。

[PR]
by naomin1112 | 2015-01-12 22:58 | ミソサザイ

ヤマシギがいた!

 湖の一部が細い入江になって湿地が広がっている場所がいくつかあります。
私がいたのは、その中のひとつの湿地を見おろせる、少し高い場所でした。

近くのヤブの下部にミヤマカケスが3羽、ガサゴソしていたので様子を見ていた時、湿地の水場を山側から湖側へ全力疾走してくる誰かが視界に入りました。
それがヤマシギだと気付くまで、数秒かかったように思います。
低く飛んで来たのではなく、確かに両足で力強く走っていました。

私の眼下でピタリと止まったと思ったら、水の中に嘴をつっこみながら食べ物を探して歩きはじめました。
c0340898_20522756.jpg

c0340898_20532203.jpg
三角アタマに、大きな目、長い嘴、美しいからだの色合い。
足は逞しいですね。


c0340898_20542490.jpg
ゴロンとしたからだに似合わず、機敏な動きです。



c0340898_20552973.jpg
何か食べ物を見つけた様子。



c0340898_20561229.jpg

c0340898_20570794.jpg
夢中であちこち歩き回っていましたが、ちゃんと辺りを警戒しているのかな?
今日キャンプ場ではオオタカが狩りをしていたのですよ・・・。



c0340898_20580476.jpg

c0340898_20591615.jpg
図鑑では、ヤマシギは夏鳥(北海道では)とありますが、ここは雪が少ないので冬でもいられるのでしょうね。

今まで、このあたりを歩いているとき、足元から誰かがばっっ!と飛び去り、びっくりしたことが何度かありましたが、もしかしたら、それはヤマシギだったのかもしれません。
そうかな・・?と思っていましたが、ちゃんと姿を見せてもらったのは初めてです。












[PR]
by naomin1112 | 2015-01-10 21:49 | ヤマシギ

ウソとコゲラちゃん

 悪天候で外に出られなかったので、今日は久しぶりの鳥見でした。
前回と同じように、猛禽の気配がするせいか、行きはだ~れもいなくて、静まり返っていました。
でも、みんなのお気に入りの水場でしばらくジッと待っていると、遠くからウソの声が聞こえてきました。



桜の名所などでは、芽を食べてしまう困りモノと言われるウソですが・・・。
c0340898_17253514.jpg
食欲旺盛、ずっと食べ続けていました。
からだを伸ばすと、こんなにも伸びるのですね~。



でも、「ふつう」に戻るとまん丸です。
c0340898_17261599.jpg
コロンとした嘴と赤いほっぺがとっても可愛い。
フィーフィー・・というわかりやすい彼らの声が聞こえてくると、とっても嬉しい!





今日出会った群れは、雌5羽と雄1羽。
去年はこの森にウソが多かったのですが、雄だけの群れや、多数の雄と雌1羽の群れなど、雄が極端に多かったです。


喉が渇いて、水を飲みにおりてきた女の子。
c0340898_17270076.jpg
美人さんですねー!
羽の色合いのせいかもしれませんが、雌は可愛らしい顔をしているような気がします。






湖畔へ向かう途中で出会ったコゲラちゃん。
c0340898_17314168.jpg

c0340898_17283339.jpg
森の中は風がなく、それほど寒いとは思わなかったのですが、コゲラちゃんにカメラを向けていた所は湖からの冷た~い風が吹いてくる場所だったので、とーーっても寒くなってしまいました。

それにしても、昨夜の暴風の中、どこでどうやって過ごしていたのでしょうか。
みんな無事で、ホッとしました。





[PR]
by naomin1112 | 2015-01-08 18:13 | ウソ