<   2014年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

トラツグミのトラちゃん!

 今日の湖は、だいたい半分、凍っていました。
年明けには、湖のほとんどが分厚く凍って、ワカサギ釣りやスケートで賑わうようになります。
今は、とても静かで、時々氷のきしむ音が響きわたるだけです。




湖畔を抜けたところで、ミソサザイのミソちゃんが、クルクル回りながら、ミソダンスを踊っていました。
しばらく同じ場所で回っていたので、撮らせてもらいましたが、なかなかピントが合いませんでした。
c0340898_19580799.jpg

c0340898_19583682.jpg
湖一周コースでは、あちこちでミソサザイに出会えます。
少し前には縄張り争いのような場面に出くわしたことが何度かありましたが、もうみんな落ち着いたのかな?





キャンプ場管理センター周辺では、いつもカラちゃんたちの声が聞こえるのですが、今日はいやに静まり返っているなぁ・・と思ったら、近くの高い木に、猛禽の姿。
c0340898_19591662.jpg
枝かぶりでわかりずらいのですが、ノスリ??



遊歩道は、所々凍っていて、その上から少し雪が積もっていたので、油断して歩いていると、滑って転びそうになってしまいます。



もうすぐ終点、という所で、私が歩いているちょっと先から、慌てて飛び立つ姿!!
ほんとうにびっくりしました。小鳥というよりも、少し大きめだったから。

でも、それが誰か、うしろ姿ですぐにわかりましたよ、
トラツグミのトラちゃん!!
c0340898_20001148.jpg
遠くには飛ばず、遊歩道の近くに止まってくれました。


雪で濡れた落ち葉をめくりながら、ごはんを食べていたのに、私が邪魔をしてしまったようです。
c0340898_20012182.jpg
カメラを向けたら飛んでしまうかな?と思ったのですが、そこにいてくれました。



c0340898_20022696.jpg
とっても素敵な羽の色合い!
とっても大きい目!
寒さで膨らんでいたせいか、ふわっふわ!


c0340898_20033291.jpg
今度はすぐそばの木に来てくれました。
不思議そうに、大きなまん丸の目でこちらを見ていました。






[PR]
by naomin1112 | 2014-12-25 21:12 | トラツグミ

シノリガモたち

 今日は苫小牧の港へ行きました。
街中にいるとそれほど風はなかったのですが、海を前にすると、冷たい風でじっとしてはいられなかったです。



最初に行った漁港は、ぐるりと囲まれていたので、波はほとんどなく、あくまでも穏やかでした。

シノリガモがいっぱいで、ちょっとビックリ。
c0340898_21111550.jpg

c0340898_21114911.jpg

30から40羽はいたと思います。
雄の方が多いようでした。
この場所ではまるっきり逆光で暗く写ってしまいましたが、シノリガモの色合いはなんとも素敵です。





漁港から離れ、大きな港へ移動する途中、開けた場所で何か小さな鳥たちがいっぱい動いているのを見つけたました。クルマを止めてそっと見てみると、スズメの群れ!
家などまったくない場所だったので、とても意外でした。彼らは一生懸命、なにか食べていました。
c0340898_21124562.jpg
少なくとも50羽はいそうでした。
もしかして、渡りの途中?
スズメが長距離の移動をすることは、スズメの本を読んで知りましたが、このコたちもその途中かもしれないですね。





釣り人がたくさんいる大きな港では、シノリガモ、ハジロカイツブリ、ミミカイツブリ、カンムリカイツブリ、ウミウなどを間近に見ることができました。
海水が透き通るようにキレイだったので、カイツブリが潜っていく姿を真上から見ました!
c0340898_21170357.jpg

c0340898_21141866.jpg

c0340898_21152151.jpg
ミミカイツブリ、このコは白い部分がまだらでした。
幼鳥なのでしょうか?





こちらの港にも、シノリガモがいっぱい!
c0340898_21134250.jpg
波で、なかなか撮れなかったのですが、近くにずっといてくれたので、じっくり観察できました。



c0340898_21161255.jpg
シノリガモは、ふと気付くと並んでいるように思います。
ついつい、並んじゃうのでしょうか・・。




この帰り道、先ほどのスズメたちは、まだ同じ場所で食べ続けていました。














[PR]
by naomin1112 | 2014-12-23 22:06 | シノリガモ

寒~い湖一周コース

 久しぶりにいつもの湖へ行きました。
今日は湖の氷が半分溶けて、湖面が見えていました。
晴れたり、急に暗くなって雪が降ったり、コロコロ天気が変わりやすい一日でした。




いつも群れで行動しているカワアイサやマガモたちとはちょっと距離をおいて、単独行動の(現在ここには1羽だけなので)ホオジロガモくん。
c0340898_14572238.jpg
みごとな三角のアタマです。





湖の縁の氷の上で羽繕い中のコガモたち。
c0340898_14580571.jpg
警戒心がとても強く、気付くとドッと飛んでしまいそうなので、足音をたてないようにそ~っと。






c0340898_15004367.jpg
急に雪が降ってきました。
カワアイサの群れが一列に並んでいました。


c0340898_15012953.jpg
1羽が潜ると、次々に全員が潜っていきます。
上がってくるタイミングもみんないっしょ、お見事です!





キャンプ場の方の小川から、ミソサザイの声が聞こえてきました。
c0340898_14585820.jpg
ちょうど枝と重なってしまいましたが、こちらを見ているようでした。





先日の低気圧通過の暴風雨以降、なんとなく鳥たちが少なくなってしまったような気がします。
私がたまたま見ていないだけかもしれませんが、いつもいるはずのエナガの姿が見えません。
カラちゃんたちの混群も少なく感じます。
「毎年、減ってきている」と、ベテラン鳥友さんたちはおっしゃいますが、本当にそう思います。

それでも、ゴジュウカラは多い方です。
c0340898_14594622.jpg
おなかが白いシロハラゴジュウカラにも下尾筒や脇の色には個体差があるそうですが、このコはお腹の半分くらいが薄茶色でした。
人が怖くないのか、わざわざ近くに飛んできて、しばらくの間そこらへんでちょろちょろ・・。
可愛くて仕方がなくて、ずっと見ていました。





湖一周歩いてきて、駐車場に向かっているとき、空に大きな黒いものが2羽!
湖を見下ろすように、悠々と旋回していたのは、オジロワシでした。
c0340898_15070154.jpg
写真の成鳥と、もう1羽はたぶん前回のブログに登場した幼鳥らしく、まだ尾が白黒のまだらでした。
この時は晴れて真っ青な空だったので、オジロワシたちがより気持ち良さそうに見えました。






[PR]
by naomin1112 | 2014-12-22 18:20 | ホオジロガモ

オジロワシの子

 今日は穏やかでしたが、明日から大荒れになるそうです。

久しぶりの、いつもの湖は、一部を除いてほとんど凍っていました。
水鳥といえば、マガモ7羽ほどの群れが、氷の上で休んでいるだけでした。



湖最奥の、凍っていない部分で、オジロワシが水を飲んでいました。
遠かったので、ボケボケですが・・。
c0340898_20201636.jpg

c0340898_20193467.jpg
よく見たら、オジロワシの若さんでした!
嘴がまだ黒く、からだは白いまだら模様、それに、しぐさがとても幼い感じでした。



カラスがちょっかいを出しにやってきて、オジロワシの子はのんびりしていられない様子でした。
c0340898_20210449.jpg



c0340898_20215205.jpg
ついにカラスの挑発にのって、いっしょに飛んで行ってしまいました。
尾羽がまだ白くなりきらないところがまた可愛らしいです。


このあたりには毎冬、オジロワシがやってきて、春になるまで過ごして行くのですが、この子はその成鳥の子どもなのかな?と思いました。





湖を離れてキャンプ場入口へ。
少し水量が増えた小川の縁で、ミソサザイが元気に活動中でした!
c0340898_20224688.jpg





c0340898_20232000.jpg
きーきー鳴いているヒヨちゃん。仲間を呼んでいるのかしら?





c0340898_20241093.jpg
駐車場の近くでは、ヒガラの群れが、松ぼっくりを突いていました。
このコは首回りが逞しいですね!











[PR]
by naomin1112 | 2014-12-15 21:04 | オジロワシ

エゾフクロウ・初めて出会いました!

 久しぶりに家族で苫小牧方面へ鳥見に行きました。
とても寒いので、何枚も重ね着をして、あちこち見てまわりました。



初めて出会った、エゾフクロウ!
c0340898_20284064.jpg
高い木の樹洞で休んでいました。
今まで私が思い描いていたより大きく、そして神々しい印象でした。




c0340898_20301625.jpg
人にカメラを向けられることに慣れているのか、時々チラリとこちらを確認するものの、またウトウト目を閉じていました。
今頃、森の中で狩りをしているかもしれません。
昼間の様子からは想像もつかないほどの機敏さなのでしょうね!





小川に沿って歩いていたら、ミソサザイの声が聞こえました。
c0340898_20310152.jpg
お得意のポーズ!
相変わらずの素早さで、ちょこまかと動き回っていました。





c0340898_20314615.jpg
ホオジロガモ雄は、こちらの動きをとても気にしていて、カメラを向けると同時に潜っていました。
でも、ベンチに座ったら、潜ることをやめて、こちらを観察していた様子。






c0340898_20323801.jpg
橋の上から寝ているマガモの群れをそっと見ていたら、そのうちの2羽(つがい?)が寄ってきました。
なにかくれるかと思って近づいてきたようです。











[PR]
by naomin1112 | 2014-12-14 21:16 | フクロウ

ナナカマドの実が食べごろに!

 今日は晴れ間は見えなかったので、とても寒く感じました。

湖にたくさんいたカワアイサは、次の場所へと移動したようで、マガモ・コガモ・ホオジロガモ・カイツブリなどが少数、氷の縁に並んで休んだり、凍っていないところで泳いでいたり。
ずいぶん静かになってしまいました。


久しぶりに鳥友Tさんにお会いし、これから見られる冬鳥たちのことをいろいろ教えていただきました。
寒い時期にしかここでは出会えない鳥さんたちの姿をひと目見たくて、暴風雪ではない限り通い詰めたいと思っています。



何日間か続いて出会っているキクちゃん、今日もたまたま写ったのは正面顔!
c0340898_17522788.jpg
寒いので、からだを膨らませています。





だんだん雪雲になってきて、冷たい風も吹いてきました。
c0340898_18033649.jpg
こちらも真ん丸に膨らんだエナガちゃん。





駐車場の方へ戻って来た時、道路脇のナナカマドの木にツグミがいました!
c0340898_17581230.jpg

c0340898_17590890.jpg

c0340898_17570202.jpg
毎年、ここの木でナナカマドの実を食べつくすと、次は町の街路樹へとくり出して行くようです。



[PR]
by naomin1112 | 2014-12-10 20:24 | ツグミ

エゾリス・キクちゃん・セグロセキレイ夫婦

 少しだけ寒さがゆるんだような気がして、いつもより早い時間に出かけてみました。
駐車場にクルマを置いて、歩きはじめてすぐ、ミソサザイが目の前を横切りました。
湖の奥では、私に驚いたのか、オジロワシが対岸へ飛び去る姿を見ることができ、森に入ると、エゾリスに出会いました。

c0340898_16132390.jpg
大きなからだに似合わず、すばしっこく木から木へ・・。





今日は次々に出会えるなぁ~!とウキウキしながら進みましたが、この後さっぱり、誰にも会うことなく湿原~湖畔へ出てしまいました。

でも、もうすぐ終点というあたりで、カラちゃんたちの混群が!
その中に、キクイタダキもいて、ほかのみんなが移動して行ったあとも、まだ近くにいてくれました。
近いのに、ぜんぜん撮れない・・。

c0340898_16140788.jpg
食べるのに夢中?
せわしなく場所をかえて、行ったり来たり。



c0340898_16144986.jpg
これは偶然、こっちを向いていた写真で、あとから気付きました。
キクちゃんって、いつも笑っているような顔に見えるのです。







次の水場では、セグロセキレイの夫婦が、濡れた落ち葉をめくって食べ物を探していました。
見つけたときは、逆光の位置で・・・
c0340898_16160281.jpg
私が動いたら、飛んでしまうかな?と思いながらも、場所を移動。
でも、そのままいてくれました!

c0340898_16220392.jpg

c0340898_16180971.jpg
「雌の上面は、淡い黒色」だそうなので、奥が雄、手前が雌のようです。
仲良くお食事中でした。
それにしても、氷水の中を歩きまわって、冷たそう・・・!


[PR]
by naomin1112 | 2014-12-09 18:36 | キクイタダキ

湖が凍った日

 いつもの湖へ行くと、一昨日までふつうに湖水だったのが、急に凍っていてビックリ!!
見た目、全体の三分の二は凍っていたと思います。


湖最奥の、湿原を流れてきた小川の河口のあたりは、毎年凍らず、ここで越冬する少数の水鳥の居場所になっています。


湖に張った氷の端に、ずらりとダイサギたちが並んでいました。
c0340898_20244761.jpg
そんなにのんびりしていて、いざという時、逃げられるのかな?
警戒心の強い彼らのことだから、まず、大丈夫なのでしょうね。





湖畔を歩いて行くと、コゲラちゃんのぎーぎー声。
c0340898_20253479.jpg
このコは、ちょっと登っては羽繕い・・を繰り返していました。

c0340898_20262569.jpg
頭上からは、じーっとこちらを見ているコが。





午前中なのに、まるで夕方のような陽の色合いの中、キクイタダキのキクちゃんに出会いました。
c0340898_20265396.jpg
木の冬芽を食べに来たらしいです。



c0340898_20301190.jpg
ふわっふわのおなか!
この写真だと、メジロにも見えますが、小枝を握っている足が黄色です。




c0340898_20292769.jpg
幹に這いつくばるようなキクちゃん。




c0340898_20313362.jpg
アタマのてっぺんの、黄色いキクの花びらが目立ちます。




c0340898_20304841.jpg
ちょこまか、ちょこまか、動き回って、1秒もじっとしていません。
時々、お得意のホバリングを見せてくれました。

[PR]
by naomin1112 | 2014-12-08 23:44 | コゲラ

シジュウカラ・オオアカゲラ・コゲラ

 今日は久しぶりの快晴、いつものコースを歩きました。
日陰は凍っていて、気をつけて歩かないと滑ってしまいます。

昨日はなぜか鳥さんたちの姿が見当たらなかったのですが、今日は時々声が聞こえました。


今月から、キャンプ場も管理センターも閉鎖です。
静かで、湿原を流れる小川の音しかしません。
それから、遠くに聞こえるヒヨちゃんのキーキー声。


センターのウッドデッキのベンチに座っていたら、すぐそばの木にシジュウカラ2羽。
c0340898_22192186.jpg
とても立派なネクタイの、たぶん雄と、



c0340898_22183790.jpg
細めでオシャレなネクタイの、たぶん女の子。
かわいいカップルのようでした。
ヒトが来たから、様子を見に来たのかな?





キャンプ場へは行かずに、湿原から湖畔へ。
途中の、いかにもキツツキがいそうな森で、オオアカゲラ雄に出会いました。
c0340898_22205784.jpg
背の高い木のてっぺんの方にいたので、全部見上げる写真です。


c0340898_22201593.jpg

c0340898_22215552.jpg
しきりに上空を警戒していました。
木の下にいる私には気付かなかったかも。


c0340898_22225229.jpg
木を突くパワーもさすがに強い!
アカゲラやコゲラが多いこの森で、彼はとても珍しい存在です。






湖畔に出たところで、カモたちを眺めていたら、すごい勢いで私のすぐ側の木にコゲラちゃんが飛んで来ました。
c0340898_22235344.jpg


c0340898_22245521.jpg
嘴を開いたタイミングを初めて撮りました。
地鳴きの、ギ~ギ~です。


c0340898_22254891.jpg
このコも上空を警戒!常に警戒!
どこで猛禽やカラスや動物に狙われるかわからないので、慎重に!!













[PR]
by naomin1112 | 2014-12-05 23:34 | シジュウカラ

ミソサザイのミソちゃん

 ずっと悪天候が続いていました。
昨日は少しいいかな・・と思って、鳥見へ出かける支度をして家を出ると雪、しばらくして空が明るくなって、また出ようとすると再び雪・・こんなことを3回繰り返して諦めました。
でも今日はやっと天気が安定したので、久しぶりにいつもの湖一周コースへ行くことができました。



湖には、カワアイサの大群が、潜ったり浮かんだり、漁をしていました。
1羽で湖畔近くにいた、ホオジロガモの女の子。
c0340898_20033440.jpg

離れたところには雄もいました。





雪がつもった遊歩道を歩いて行きましたが、どこまで行っても鳥さんたちの姿も声もなくしーーーーんと静まり返っていました。
何日も続いた暴風雪のせいで、みんなどこかへ行ってしまったのか、猛禽がらみのなにかがあったか、みんな休憩中だったのか??

キャンプ場入口で、知人夫妻に会いましたが、やはり「ぜんぜんいないみたいだね、ひどい風だったし・・」と。

みんなのお気に入りの水場にも、1羽も姿がない。
水場Ⅱにも、誰もいない。
おかしいなぁ、どうしちゃったんだろう、と歩き続けました。
もうすぐ終点、というところで、ようやくミソサザイの声が聞こえてきました!

c0340898_20041610.jpg




c0340898_20045520.jpg

この枝に、しばらくいてくれました。
ミソちゃんがこんなふうに同じ場所にいてくれたことは今までありませんでした。



c0340898_20052503.jpg

正面顔、というのも初めてです。



c0340898_20060634.jpg




c0340898_20064703.jpg

寒いせいか、ふくらんでいて、よけいに可愛いです!



c0340898_20072369.jpg




c0340898_20080423.jpg

一度に同じコを何枚も載せてしまいましたが、とにかく可愛いので・・・。
このあと、あわてる様子もなく、ヤブの中へ移動して行きました。
久しぶりにミソちゃんに出会えて、とても嬉しかった!です。













[PR]
by naomin1112 | 2014-12-04 20:58 | ミソサザイ