<   2014年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

アカウソくん、おひさしぶり!

 「月末だけの仕事11月分」が無事終了して、久しぶりにいつもの湖へ。
駐車場の雰囲気が違っていて(きれいに整地されていた)、まわりのぼさぼさとしていた下草が刈られて、不自然なほどきれいになっていました。ここはカラちゃんたちの食事の場所だったのですが、彼らも戸惑ってしまったに違いないと思います。


湖には、カワアイサ、オオハクチョウ、ホオジロガモ、カイツブリなどが悠々と泳いでいました。
特にカワアイサは大群です。



湖を抜け、湿原を通ってキャンプ場へ行くと、ギャーギャー言いながらカケスが4羽、作業中のようでした。
c0340898_21455188.jpg
何か、一生懸命探しています。


c0340898_21463746.jpg
冬のための食糧の貯蔵なのでしょう。
仲良しなのかそうじゃないのか、4羽は急に体当たりしたり、追いかけたり、ケンカしたり。
でもケンカではなく、荒っぽいコミュニケーションなのかもしれませんね。





湿原へもどると、なつかしい声が聞こえてきました。私は小川を見下ろす場所にいたのですが、その下からウソが飛び出てきました。
水浴びの邪魔をしてしまったのかも・・ごめんね。
c0340898_21445010.jpg

c0340898_21440694.jpg
おなかが赤いから、アカウソくんですね。
今シーズン初の出会いです!!
去年はこの森にウソが多くいました。なぜか、雄だけの群れがほとんどでした。
今年も冬じゅう、楽しませてもらえるでしょうか。





湖に出たところで、2羽のゴジュウカラが、食べ物を貯蔵しているところに出会いました。
c0340898_21471419.jpg
見えづらいですが、嘴になにかくわえています。


c0340898_21474387.jpg
お得意ポーズのもう1羽は、背中の色がとても薄く白っぽいコでした。
私がじっとしていたら、ずーっと近くにいてくれました。
木の実を幹のすき間に埋め込んだりまたひっぱり出したり、忙しそうでした。


予報では、明日からしばらくの間、雪。
遊歩道が雪の道になるのは、もうすぐです。




[PR]
by naomin1112 | 2014-11-30 22:43 | ウソ

コゲラちゃん

 ぽかぽか陽気でのんびり鳥見・・と出発したら、湖から冷た~い風がビュービュー!
でも、足早に湖畔を通り抜け、森の中に入ったら風は無し。


遊歩道をキョロキョロしながら進むと、カラちゃんたちの姿がちらほら見えました。
高い木の梢にハシブトガラがちょこまかしていたので双眼鏡で見ていたら、すぐそばの木に、コゲラちゃんが。
c0340898_23104129.jpg
角ばった後頭部がカッコよくて、可愛くて・・・。



c0340898_23120368.jpg
私はいまだに、コゲラ♂の赤い点を見たことがありません。
このコは雄なのか雌なのか・・・?




c0340898_23093361.jpg
常に辺りを警戒!



c0340898_23131353.jpg
背中の両脇に、幼さが残るようなほわほわの羽が。
今年巣立った、若いコゲラちゃんかしら?



c0340898_23140114.jpg
ちょっとだけ遠くの木へ移動しました。



c0340898_23144372.jpg
どこへ行こうとも、ちゃんと尾羽で支えていますね。

ちっちゃくてかわいい、ギ~ギ~声もかわいい。
巣立ってからも長い間、親といっしょに過ごす甘えん坊さんなところもとてもかわいい、コゲラちゃんでした。












[PR]
by naomin1112 | 2014-11-26 00:49 | コゲラ

オオワシ到着!ツグミ到着!

 毎年、同じ川の同じ木で冬を過ごす1羽のオオワシが、今年も来ていました。
私が立っているのは川を挟んだ向かい側約50m、住宅地の端です。ふつうに人が生活しているすぐそばで、このオオワシはのんびりゆったり過ごしています。

c0340898_20083532.jpg


c0340898_20054876.jpg
双眼鏡やカメラを向けても、平気(ホントは嫌なのでしょうけれど・・)です。

羽繕いの様子も、延々と見せてもらって・・・。
c0340898_20063901.jpg
ていねいに、ていねいに、羽繕い。
頭を足で掻いているようすは迫力がありました。


冬中、いつ行っても、たいがいここにこうしています。
目の前には鮭のほっちゃれがある川が流れているので、食べ物にはまったく困らない。
でも、運動不足にならないのかな?
春になったら、長い距離を飛んで故郷へ帰らなくてはならないのに、大丈夫?
・・・と、毎年いつも思ってしまいます。






いつものキャンプ場へ行ったら、ナナカマドの大きな木にツグミが来ていました。
c0340898_20022398.jpg
このコが来る少し前、ナナカマドをめぐってツグミ2羽をヒヨ2羽が追いかけまわして大騒ぎをして、その計4羽が森の奥の方へ飛んで行きました。



c0340898_20032892.jpg

c0340898_20044749.jpg
この1週間でツグミたちが続々と到着したようです。
この森で過ごすツグミも多いですが、町へ出て街路樹や公園、学校などいたるところでツグミを見かけるようになります。

あちこちで彼らの姿を目にするようになれば、冬本番も間近です。








[PR]
by naomin1112 | 2014-11-22 20:48 | オオワシ

冬なのに、ウグイス巣立ち雛?!

 遊歩道のまわりは葉が落ちて、かなり見通しが良くなりました。
夏のうっそうとした森が、スカスカの木立へかわり、もの悲しい雰囲気です。
でも、松林ではカラちゃんたちの元気な声が聞こえてきました。



今日はこれから何かイベントがあるんですか?と聞きたくなるほど、ヒガラがいっぱい!
みんなで冬支度なのかな?なにやらとても忙しそうに、歩道の路肩(落ち葉が積もっている)と松の木を行ったり来たりしていました。
c0340898_16205421.jpg
いっぱいいると、ぜんぜん撮れないのは、エナガだけではありません、、、。
なにしろ動きが速くて、追いつけませんでした。





このところ毎日通る、木道のある水場では、一見誰もいないように見えましたが、歩道から一歩木道に踏み出したとたん、ばっっっ!!と一斉にカシラダカの群れが上部の木に飛びました。
c0340898_16224594.jpg


c0340898_16215549.jpg
今日は少なくても20羽はいたようです。みんなお食事の最中だったのですね。





湖一周コースを進み、ある場所で、歩道のすぐ脇の笹がガサガサしました。何だろう?ネズミかな?と思い見ていると、
c0340898_16240659.jpg
なにかの幼鳥?!
色と大きさと尾の様子、それに場所から、ミソサザイかも?と思いました。



そしてちょっと歩いたら前方に、のんびり遊歩道を横断している茶色いコが、、、。
c0340898_16245583.jpg
そ~~っと近づいてみました。
たぶんさっきのコと兄弟だな、、、こっちのコはまだやっと歩いている様子。


c0340898_16254568.jpg
きっと、ヒトを見たのは初めてだったのですね。よちよちと、私の方に向かって来てしまいそうでした。
かわいくて、かわいくて、もっと見ていたかったのですが、親がどこかでハラハラしているのでは、、、と思い、その場をあとにしました。

もう冬なのに、ちゃんと育つことができるのでしょうか。
朝晩はとても寒いし、雪が降るかもしれないのに、、、。それに、カラスや猛禽がうろうろしているし、、、。


家に帰って冷静に考えてみたら、ミソサザイではないことに気付きました。
では、なんの幼鳥だろう???図鑑やネットで1時間くらい調べました。
パソコンの前で悩んでいたら、ひょいと来た息子が「ウグイスの子じゃない?」と。
またネットで、ウグイス幼鳥・巣立ち雛を検索したところ、やはりそのようでした。
尾は、だんだん長くなっていくそうです。

もう11月後半、これから成長して南へ渡るとは考え難いので、越冬するのだと思います。
どうか無事で、、、と、願います。









[PR]
by naomin1112 | 2014-11-19 17:36 | ウグイス

シマエナガ・ヒヨちゃん・ルリビタキ!

 今日はこの時期にしては暖かく、手袋もナシでOK!
いつもの湖と湿原一周コースを歩いていると、暑くなってしまうほどでした。


嬉しいことに、今日は何度もエナガちゃんの群れに囲まれました!
つぶ・つぶ、または、ぶつ・ぶつ、と聞こえるみんなの声が、可愛さ倍増です!

いっぱいいるのに、ぜんぜん撮れない・・・。
唯一、ピントがまぁまぁ合ったと思うのがこれだけです。
c0340898_23002014.jpg
今頃、みんなでくっついて眠っているのでしょうね。




だ~れもいないキャンプ場でのんびりしていたら、遠くのナナカマドの木でヒヨちゃんが、
c0340898_23010783.jpg
ぎぇーー・ぎょえーー、と絶叫していました。

ナナカマドの実は、まだ誰にも食べられていないようです。
図鑑によると、あまり好まれないので、ほかに食べるものがなくなってきたら最後の最後に食べるそうです。





鳥さんたちも私もお気に入りの水場でボーーッとしていたら、足元から1羽慌てて飛び出したので、ビックリΣ(゚Д゚)!
近くに止まってくれたので見ると、青いルリビタキ!!だったのです。
c0340898_23014343.jpg
こんなかんじだったので、もうちょっと見える位置に出てくれるかな、、、と、わくわくして待っていたら、残念・森の奥の方へ飛んでいきました。

木道を通り、小川に沿った道を進んで、お気に入りの水場Ⅱで佇んでいると、なんと、またさっきの彼が来てくれたのです!
c0340898_23022830.jpg
c0340898_23025349.jpg
ここは水浴び後にみんなが羽繕いをしたり、とりあえず飛び込む安全地帯。
もっと木の枝の中の方に止まるコがほとんどなのに、このルリ君は、まるで私に、
「おばさん、写真撮ってもいいよ~」と言っているかのようでした。


夏にはまったく見かけることがなかったルリビタキ。
これから冬~春はときどき出会えると思います。
それにしても、こんなに青いルリ君に会ったのは初めてです。






[PR]
by naomin1112 | 2014-11-18 23:46 | ルリビタキ

キャンプ場のキクちゃん・A川のカワガラス

 今日は早起きしていつもの湖へ行ってみました。
5時半、6時でもまだ暗く、6時20分頃に出発。
カワセミのお気に入りの杭をめあてにしばらく待ちましたが、クルマが来て杭の前に停まり、諦めてキャンプ場へ向かいました。


キャンプ場手前であたりを眺めていると、あっという間にカラちゃんたちに囲まれました!
みんな朝のお食事中のようでした。
アカゲラもコゲラもきたなぁ・・・と、まだ明るくならない朝の湿原を眺めていると、松の枝先にホバリングする小さなコを見つけました!


どうしようもなく枝かぶりなのですが、私はなかなか撮れないキクイタダキのキクちゃんです!
c0340898_19180501.jpg
c0340898_19173193.jpg
ちょこまかと動き回って追いつけませんでした。
キクちゃんはちっちゃくてほんとに可愛いです!




一度家に帰ってから、今度は家族で初めての場所に向かいました。
川に沿った道路の行き止まりの所から川下へ、キョロキョロしながら歩いて行くと、ずっと探していたカワガラス!!
c0340898_19190820.jpg
川の真ん中でジッとこちらを見ていました。


c0340898_19195952.jpg

c0340898_19204593.jpg
カワガラスの足の裏は、滑りやすい石の上でも滑らないようになっているそうですね。


映像で、カワガラスが泳ぐのを見たことがあるのですが、ホンモノを見ることができて大感激!
c0340898_19212195.jpg

c0340898_19215929.jpg
泳いで川の縁へ移動して、ここでなにか食べていました。
もう、最初に出会ったときの警戒は薄らいだ様子でした。


雪が積もるころにもまたカワガラスに会いに行きたいと思います。
これから真冬になったら、この川は凍るのか凍らないのか・・・?
とても気になります。


[PR]
by naomin1112 | 2014-11-16 20:26 | キクイタダキ

相変わらずいつも可愛いシマエナガ

 強風の悪天候がやっと落ち着いたので、いつもの湖へ行ってみました。
途中、倒木が道路をふさいでいて、管理センターの方がチェーンソーで切っていました。

声がするなぁ・・・と思ったらシマエナガの群れ!!
しばらくの間、囲まれていたので(エナガはお食事)とーーーっても嬉しかったです!
c0340898_15001291.jpg

c0340898_15010895.jpg

c0340898_15014315.jpg






木道のあるみんなのお気に入りの水場では、久しぶりにカシラダカ。7羽くらいいました。
c0340898_15025644.jpg
c0340898_15033179.jpg
木道の途中で撮っていたとき、カメラの電池を交換しなければならず、
もたもたしているうちにカシラダカはみんな飛んでいってしまうと焦りました。
彼らはたぶん私を見ていたと思うのですが、電池を入れるまで待っていてくれたような、、、。





薄暗い場所で、ちゃっ、ちゃっ、とミソサザイの声がしました。
c0340898_15021511.jpg
ここでは2羽のミソちゃんがいっしょにいました。
夏の間はまったく見られなかったミソサザイ、今はこの遊歩道を歩いていると必ず何度か出会うことができます。
尾をピン!と立てたこのポーズがたまりません!


[PR]
by naomin1112 | 2014-11-14 15:39 | シマエナガ

キバシリ、さすがの保護色

 今日はいつもより1時間早く出発してみました。
鳥さんたちの声が活発な気がするような、、、やはり朝は、より早い方が鳥見に合っているのでしょう。



久しぶりに、キバシリ。
さすがに、すばらしい保護色です!
c0340898_15523871.jpg
嘴がどうなっているのか、じっくり見せてほしいです~!


c0340898_15530524.jpg
おなかが真っ白でふわふわ!

こんなにちっちゃいのに、春先の囀り声は信じられないほどBIGです。






今日はカラちゃんたちの中でも、ハシブトガラがよく出て来てくれました。
c0340898_15543033.jpg

c0340898_15515217.jpg
先日、探鳥会に参加したときに、ハシブトガラとコガラの見分け方を教わりました。
ハシブトガラは角尾、コガラは円尾なのだそうです。
今日、まじまじと観察しましたが、難しいです~~!
角にも円にも見えてしまって、、、。





みんなのお気に入りの水場近くで、ミソちゃんに出会いました。
c0340898_15534973.jpg
親子?兄弟?他人?
わかりませんが、狭い範囲に3羽いました。
これから縄張り争いをはじめるのでしょうか?


[PR]
by naomin1112 | 2014-11-11 16:27 | キバシリ

ヒシクイを間近で

 苫小牧、ウトナイ湖では、ピークは過ぎたものの、マガン、ヒシクイ、カモたちがいーーっぱい!
そんな中、観光客が多く立ち寄る道の駅の裏手の湖岸に、怪我をしたオオハクチョウと、群れから離れたヒシクイ2羽が佇んでいました。

c0340898_21300662.jpg

c0340898_21161080.jpg
ヒシクイは、一見、どこも怪我などないように見えるのですが、何か群れにいられない理由があるのでしょう。
奥のコが、対岸方向にいる群れに向かって鳴いている声が、とても寂し気でした。
彼らはこの後、どうなるのか、気がかりです。





北大研究林では、ミソサザイに出会うことができました。
ちょこまかと動きが速くて、カメラが追いつかないのですが、なんとか、、、。
c0340898_21143996.jpg

c0340898_21152174.jpg
あちらこちらでチャッ、チャッ、チャッ、と声が聞こえました。
縄張りがあるなら、かなり狭い範囲かな?と思います。
いるのはわかっているのに、なかなか見つけられないところも、私にとってはミソちゃんの魅力なんです。





林の中では、きーーきーーとヒヨちゃんの声がする、、、見ると、
c0340898_21125527.jpg
疲れそうな格好で、木の実をついばんでいました。

今日は暖かく、寒さに備えて重ね着をして行ったものを脱いだほどです。
この暖かさがいつまでも続いてくれたら嬉しいのですが、、、。





[PR]
by naomin1112 | 2014-11-09 22:08 | ヒシクイ

ふくらハシブトガラ

 今日は最近の中ではいちばん寒かったです。
午後からは雪雲であたりが暗くなり、雪もぱらぱら降り出しました。

寒さのせいか、ふくらハシブトガラ。
c0340898_19464209.jpg
ふわふわの羽毛で、冬を元気に過ごすのですね・・・。




木道のある水場では、ゴジュウカラが忙しそうに何かをくわえては隠している??様子でした。
冬の準備なのでしょうか。
c0340898_19451171.jpg
ここの葉が緑色なのが、不思議です。まるで春のような色です。





アカゲラの女の子が、キハダの実を食べていました。
c0340898_19441517.jpg
いつも木の幹や枝を突いている姿ばかり見ているので、意外です。





数日前の場所とはまったく別なところで、セグロセキレイ。
c0340898_19461079.jpg
ここでも、落ち葉をめくって食べ物を探していました。
少し離れてもう1羽。やはり、数日前のつがいかもしれません。

去年はこのあたりにツグミが何羽も来ていました。
今年はまだ到着していないようです。
冬の使者の到着を、今か、今かと毎日様子を見に行ってしまいます。


[PR]
by naomin1112 | 2014-11-07 22:51 | ハシブトガラ