<   2014年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

カラちゃんたち&カワラヒワ

 遊歩道を歩いて行くと、道のすぐ脇の、高さ1.5メートルほどの場所に、巣がありました。それほど高くはない木の枝の間に。
c0340898_21441761.jpg
クルマも人も頻繁に通る道の、手を伸ばしたら届いてしまうところで、誰かが懸命に子育てしていたのですね。もちろん、その頃は葉が生い茂っていて、ここに巣があるとは誰にも気付かれなかったでしょう。
「鳥の巣図鑑」で調べてみましたが、どうしてもわかりませんでした。






キャンプ場では、カラちゃんたちが賑やかでした。
わざわざそばに来てくれる、、、としか思えないようなゴジュウカラ。
c0340898_21403772.jpg
c0340898_21161544.jpg
c0340898_21165663.jpg
おなかが真っ白!そして正面顔!
今年の夏は、ゴジュウカラの幼鳥もよく見かけました。子育て大成功ですね。





湿原の、大人気の水場では、カワラヒワの群れが水浴び中でした。
c0340898_21181839.jpg
風呂上がりの羽繕いをする、枝の混んだ木に、幼鳥と思われるコがいました。
住宅街にいるカワラヒワと、森で生活するカワラヒワ、風貌がちょっとだけちがうような、、、?





再び湖畔に戻り、進んで行くと、またまたカラちゃんたち。
ふと気付くと、、、
c0340898_21411039.jpg
ハシブトガラが、↑こんな格好でこちらを見ているようでした。
足元を突くでもなく、このまま動きがとまっていたので、撮らせてもらいました。
このあと飛んで行きました。

[PR]
by naomin1112 | 2014-10-31 23:46 | ゴジュウカラ

久しぶりの湖畔

 月末だけの仕事の4日間、鳥見に行くことはできないので、今日は久しぶりでした。
なんだか森が明るい、、、木の葉がかなり落ちたから。
4日も見ないと、だいぶ様子が変わっていました。




歩き始めてすぐ、メジロの群れに出会いました。
チーチー、チ―チー、チーチー、、、と、50羽以上はいそうな大群。
そういえば、室蘭の鳥友Tさんが、50羽~70羽くらいの群れがいたよ、と言っていました。
この群れのことかもしれません。
c0340898_21140642.jpg
いっぱいいると却って写真は難しいよ、とも。ホントにそうですね、メジロたちはワイワイして次々に動き回って、ぜんぜんピントが合いません。




今までは、笹やぶでチャッ、チャッ、チャッ、、、とウグイスがずいぶんいましたが、もうだいぶいなくなりました。
今日のチャッ、チャッ、、、は、ミソサザイ。
c0340898_21144628.jpg
夏の間はまったく姿を見ることができなかったので、とても久しぶりです!
これから冬~春、毎日会えるといいな~~!





湿原の中を流れる小川で、楽しそうなキーキー声と、バシャバシャ水の音が、、、?
ヒヨドリたちが、豪快な水浴びの真っ最中だったのです。15~20羽くらいいました。
c0340898_21192856.jpg
とても遠いので、ボケボケですが、かわいいヒヨちゃん。たぶん幼鳥。
彼らは南へ渡って行くのでしょうか、それともここで越冬?





駐車場に戻ると、クルマのすぐ後ろに、、、
c0340898_21201663.jpg
ウグイスがこっちを見ていました。もうすぐ渡って行くのかな?
来年もここに来て、美声を聞かせてほしいです~!





すぐ近くに飛んできたコゲラ!
c0340898_21214722.jpg
木の幹に縦にとまれば、尾羽でからだをささえますが、この場合は↑?














[PR]
by naomin1112 | 2014-10-30 23:57 | メジロ

オオアカゲラ、クマゲラに出会う!

 今日は、野幌森林公園へ行きました。
今にも雨が降り出しそうな天気でしたが、鳥見の人、ウォーキング、ジョギング、キノコ採り、自転車、いろいろ楽しんでいる人たちがいっぱいでした。

カラちゃんたちは高い木にいて、ちょこまか忙しそうでした。

そんな中、このお方はマイペースで、、、
c0340898_21155527.jpg
オオアカゲラの女の子。のんびりとしていました。


そして、その近くでは、オオアカゲラの雄が、猛烈な勢いで木を突いていました。
c0340898_21150159.jpg
待っていたのですが、とうとうこちらを向いてはくれませんでした。





人通りが多い地帯を抜け、あまりひと気のないコースに入ってしばらく行くと、キョキョキョキョキョ!!と大きな声が響きました。
もしかしたら、いるかも、、、と思って、あたりを見回してじっとしていると、やはりいたのです。
c0340898_21180618.jpg
クマゲラに出会ったのは、18年ぶりです。
もう、ずっと見られないと思っていたので、ほんとうにビックリしました。
大きなからだ、赤い帽子、愛嬌のある表情、なかなか出会えない存在なので、よ~くその姿を目に焼き付けました。



c0340898_21171648.jpg
ここで羽繕いをはじめました。


c0340898_21163549.jpg
羽繕いの仕上げに、からだをぶるぶるさせたところ。

このあと、ずっと向こうの方へと飛び去って行きました。




[PR]
by naomin1112 | 2014-10-25 22:13 | クマゲラ

カシラダカ、やっと出会えた!

 さわやかな秋晴れが続いています。
昨日まで気温が低かったのですが、今日はそれほどでもなく、とても過ごしやすかったです。
いつもの森では、栗はもう拾い切ったのか、栗拾いの姿はなく、キノコ採りが盛んでした。


夏の間、緑のトンネルだった遊歩道は、今度は紅葉のトンネルです。
c0340898_20251003.jpg
道には落ち葉が敷き詰められ、ふわふわした足裏の感触が、靴底を通して感じられます。
これからどんどん葉が落ちて、冬には幹の向こうの景色までが見渡せるようになり、アカゲラなどの派手な色を持つ鳥さんたちはかなり目立ってしまいます。




今日は、今までどこを歩いても聞こえてきたアオジの地鳴きが聞こえてきません。
昨日、みんな出発したのでしょう。
まずは室蘭方面を目指したのかな?もっと先、函館から海を渡るのかな?いろいろ思いをめぐらせてしまいます。




そんなふうにアオジのことを考えながら歩いているとき、湖畔のひらけた感じのところで、チッ、チッ、と声が聞こえました。
アオジがいる、と思って探したら、少し離れた地面から木に飛び移ったコ、、、
c0340898_20163667.jpg
カシラダカです!
なかなか出会えなくて、ずっと探していました。ここでしばらくじっとしていたのですが、、、




なんと、私の側の木に飛んできてくれました。
c0340898_20175037.jpg
c0340898_20183575.jpg
しきりに、上空を警戒していました。
図鑑によると、カシラダカは群れでいることが多いそうです。
この子はひとりでいましたが、もしかしたら、近くに群れがいたのかもしれませんね。



[PR]
by naomin1112 | 2014-10-24 22:17 | カシラダカ

ウトナイ湖で、マガン・ヒシクイ・ハクチョウ

 ウトナイ湖へ行きました。
20日の新聞によると、ガン類、ハクチョウ類、カモ類などその他の鳥、合わせて6400羽を確認し今が飛来のピークなのだそうです。

湖畔で観察していると、次々に着水してきました。
c0340898_23201876.jpg

c0340898_23191256.jpg
けっこうぎりぎりまでVの字でいて、一瞬ばらけて着水しているようでした。





c0340898_23212689.jpg
マガンとヒシクイがごちゃ混ぜで、みんな逆立ちで食べ物を採っていました。
数年前から、シジュウカラガンが1羽混ざっているそうなので、見える範囲で探してみましたが、わかりませんでした。





c0340898_23182001.jpg
コハクチョウの親子。
遠くにも近くにも、オオハクチョウやコハクチョウがたくさんいます。


しばらく休んだら、次の中継地へそして越冬地へと飛んで行くのですが、来年の春もまた元気で帰ってきてほしいです!





湖畔を離れ、林の中の小道を進むと、ハシブトガラが2羽、木の実を食べていました。
c0340898_23222053.jpg

c0340898_23230613.jpg
この子たちのお気に入りの場所なのでしょうか、ちょっと飛んでもまたここに戻ってきて、おいしそうに実を食べていました。
ウトナイ湖周辺は人通りが多いせいか、慣れているようで、ヒトのすぐそばでもふつうにもぐもぐしていました。



[PR]
by naomin1112 | 2014-10-22 00:07 | ヒシクイ

マミチャジナイとヤマゲラ  

 今日は探鳥会に参加しました。
ふだんは単独で行っているので、14名での探鳥というのも新鮮でした!

川の中流域、足場の良い山の道を、枯葉をガサゴソさせながら歩いて行くと、次々と現れる鳥さんたち。

誰もがアカハラ?だと思ったこのコは、、、
c0340898_21223561.jpg
マミチャジナイでした!
初見の方が多く、みんな大喜びでした。




c0340898_21231956.jpg
見やすい場所に来てくれたのに、ピントが合っていなくて、、、。
でも、かわいいポーズが嬉しい!

よく見ていると、マミチャジナイは大きな群れでいました。





次に出会ったのはヤマゲラの雄です。
私はじっくり観察できたのは初めてです。写真も!
c0340898_21241518.jpg
c0340898_21245870.jpg
同じ木のすぐ側にエゾリスがいたので、すぐに飛んでしまうかと思いましたが、彼はこの場所であまり動かずキョロキョロしていました。




立ち入り禁止のダムのゲート手前で、ただならぬ警戒の声があたりに響きました。
最初、ヤマセミの声かと皆、眼下の川を見回しましたが、
「あれはヤマセミではなく、アカゲラだよ」とのこと。
みんな納得。、、、次の瞬間、川の上流から下流に向かって、大きな猛禽(オオタカらしい)が川の水面上を滑るように飛んできました。
私たちが川を見下ろす絶好の場所にいたので、猛禽が川下へ見えなくなるまでずっと見ていることができました。
数秒間のできごとだったのかもしれませんが、まるでスローモーションを見ているかのような、、、不思議な時間でした。



c0340898_21262643.jpg
紅葉の中の探鳥会。
終盤には、カワセミの声が響きました。

ここは冬も車道が除雪されて、入って来れるそうなので、ぜひ来てみたいと思います。






[PR]
by naomin1112 | 2014-10-19 22:49 | マミチャジナイ

コゲラちゃんの日

 今日の湖畔は、ジョギングの方々で賑わっていました。
「焼肉ランニング」、、、1周6キロの遊歩道を、午前中は好きなだけ走って、午後は湖畔で焼肉だそうです。

さわやかに晴れた休日、楽しみ方は人それぞれですが、森の空気をいっぱい吸って、誰もがいきいきとして見えました。



湿原にかかる木の橋では、ぎーぎーとコゲラちゃんの声が聞こえました。
最近は湖を一周するコースばかり歩いているので、この橋を渡るのは久しぶりです。

c0340898_21154272.jpg
かわいいコゲラちゃん。
夏の間は、木々が茂っていたためか、あまり姿を見かけなかったのですが、今は行けば必ずその可愛らしい姿を見せてくれます。







c0340898_21240484.jpg
こんな格好もおてのもの。





c0340898_21201584.jpg
紅葉したもみじとコゲラちゃん。このあと、、、、、





私のすぐ側の木に飛んで来ました。
c0340898_21210946.jpg
あまりにも近くて、なかなかピントが合わなくて慌てました。



雪虫がいっぱい舞っています。
そろそろ平地でも雪かな?


[PR]
by naomin1112 | 2014-10-18 22:48 | コゲラ

アカゲラの大喧嘩

 今までに、鳥ちゃん同士の取っ組み合いのケンカを目撃したことがあるのは、
キクイタダキ、、、高い松林の上の方でホバリングしながらの大ゲンカ。もつれ合いながら地面近くまで落ちてきた。
キビタキ、、、ブンブンとスズメバチのような羽音をたてて飛び回り、相手に飛びかかって、取っ組み合ったままやはり地面すれすれまで落ちた。
私が呆気にとられて見ていてもまったく気にせず、戦いに集中しているようでした。


今回はアカゲラ♂同士のケンカに遭遇しました。

遊歩道を歩いていたら、聞いたことがない、切羽詰まったような声がしました。
なんだろう?と立ち止まってよく見ると、アカゲラ♂2羽がケンカをしていたのです。


c0340898_22270134.jpg
身を低くして、相手を狙っている様子。






相手も、戦闘態勢です。
c0340898_22275305.jpg
このあと、すごい勢いで片方がもう片方を追いかけて、足と嘴でもつれあってドサッと落ちました。





あとから気付いたのですが、近くの木に、雌がいました。
c0340898_22285435.jpg
きっとこの雌をめぐっての雄たちの戦いなのでしょう。

もともとつがいだったところに、他の雄が割り込んできたのかどうかはわかりませんが、どちらかが去るまで、この戦いは続くのでしょうか。





どこも、今が紅葉の真っ盛り!

c0340898_22304020.jpg
なんとも言えない美しさです。
本当は、こんなところに鳥さんがとまってくれたらいいな~と思いますが、なかなかそうはいきません。





c0340898_22253478.jpg
大好きなムラサキシキブの実。
今年は豊作のようです。
図鑑で調べたら、この実はメジロ、ウグイス、ツグミなどが好むそうです。
食べているところを見てみたいなぁ~~!


[PR]
by naomin1112 | 2014-10-17 23:30 | アカゲラ

ヤマガラがいっぱい!

 ようやく晴れました!
湖を半周してキャンプ場を大回りし、湿原を通って再び湖畔に出て残りの半周、、、といういつもの私のコース。
今は、キノコ採りや栗拾いの方々が多く、毎日採っても採ってもまだ採れるそうです。


キャンプ場管理センター前のオンコの木(イチイ)は、ヤマガラたちで賑わっていました。
鳥見にはまり、このあたりをじっくり観察するようになって丸3年なのですが、シジュウカラ、ゴジュウカラ、ハシブトガラのみなさんは常連さん、ヤマガラは2羽がいたりいなかったり、、、でした。
でも、今年は繁殖が成功したのでしょう、ヤマガラはこの場所だけでも10羽はいそうです。

そういえば、夏にはこのあたりにカラちゃん幼鳥がいっぱいいました。

c0340898_21540074.jpg
↑今年の7月7日 撮影   ヤマガラ幼鳥




ヤマガラは、まずオンコの木のてっぺんあたりに止まり、
c0340898_21525102.jpg

下の方へおりて、赤い実を一つくわえたら、ちがう枝またはちがう木に移動して、足で実をはさみ、種を取り出してその中身を食べます。

c0340898_21514742.jpg
赤い果肉の部分は、そこらへんの枝にくっつけて放置↑

食べたら、少し離れた大きな木へ飛び、またオンコの木へ飛んで来る。
これを延々と繰り返していました。



そんなに、そんなに、オンコの実の種が好きなの?と聞いたら、
「当たり前でしょ!!」
と返されそうです。


c0340898_21505422.jpg
幼鳥のうす~い色が、こんなにも鮮やかな色に変わる、その行程も見たかったです~~!

c0340898_21500205.jpg
冬は他のカラちゃんたちとの混群をつくるのか、今の群れで過ごすのか、、、?
どちらにしても、元気に冬を越してほしいです。




























[PR]
by naomin1112 | 2014-10-15 23:43 | ヤマガラ

はじめまして♪

はじめまして
「なおみんの野鳥部屋」から引っ越してきました。

お天気次第なのですが、鳥さんに会いたくてほぼ毎日、出かけています。
行き場所は近くの探鳥地や海岸です。
そこで出会った鳥さんのこと、感じたことなどを記していきたいと思います。
ブログも、デジカメ任せの写真も初心者なのですが、どうぞよろしくお願いします。



秋になって木々の葉がどんどん落ちてゆくのはもの悲しいようですが、
鳥さんたちの姿が見やすくなってきました。
…でも、彼らにとっては隠れ場所がなくなり、天敵に襲われる危険が大になる厳しい季節の到来なのでしょうね。


今年は当たり年?と聞いていますが、ホントに出会うことが多くて嬉しい、メジロ!
c0340898_00561671.jpg
カラちゃんたちとは違う感じのちぃーちぃー声がするっ!
と思ったら、メジロの群れがドッと高い木々の上の方を飛びまわって、しばらくすると移動して行きました。



いつも通る木道では、行く先にゴジュウカラがせわしなく食べ物探し。
c0340898_00414704.jpg
私に気付いているのかいないのか、しばらくそうしているので、通ることができずに待っていました。




ハシブトガラは、赤い実をくわえて、わざわざ近くに来てくれたようです。
あたりを見回しても、赤い実をつけた木は見当たりません。
c0340898_00363133.jpg
ちょうどアタマのところに木の葉が…。




ぎーぎーわかりやすい声のコゲラ、今日は何羽も見ることができました。
c0340898_00461069.jpg
近くに人間がいても、意外とおかまいなしでいる彼ら、これから冬になってもいつも会いたい友だちなのです。









[PR]
by naomin1112 | 2014-10-13 01:58 | メジロ