カテゴリ:ヤブサメ( 4 )

久しぶりの湖畔

 長い長い雨降りがようやくおわり、久しぶりに太陽を見ました。

いったいいつ以来の鳥見なのか、忘れてしまったほどです。


遊歩道を歩いていると、斜面からかわいい声が聴こえてきました。前方を、こげ茶色のちいさな毛糸玉のようなモノが横切ったので、もしかしたらヤブサメの子?と思い、様子を見ていると、やはりそうでした!
c0340898_19382574.jpg
c0340898_19395211.jpg
遠かったのでぼけぼけですが、かわいい姿を撮らせてもらうことができました。
ヤブサメのこどもたちが山から湖側へ移動して行くところに出会えて、ほんとうに嬉しかったです。




薄暗い森の中で、スポットライトを浴びて歌うキビタキくんを見かけました。
c0340898_19365235.jpg
c0340898_19340136.jpg
よく見ると、尾羽が痛んでいるようでした。なにかアクシデントがあったのでしょうか。飛ぶことはできていましたが、秋の渡りが心配です・・・。




明るい林縁で、エナガの親子に出会いました。
c0340898_19411715.jpg
子どもたちはだいぶ成長して、枝から枝へと上手にちょこまかしていました。
c0340898_19424328.jpg
c0340898_19453651.jpg
c0340898_19441263.jpg
この子はのんびり止まっていたので、かわいい表情をたくさん見せてもらいました。


電線に止まり、親がごはんを運んでくれるのを待っている子も。
c0340898_19465715.jpg
c0340898_19482055.jpg
c0340898_19494760.jpg
からだは親より大きくみえるほどでした。
大きな木に、子どもが何羽もいるので、親は大忙しのようでした。





26日(日)雨が止んだので出かけてみたら、また雨がふりだし、帰ろうと思ったときに出会ったオオルリくん!
c0340898_19312006.jpg
雨の降る中、美声を響かせていました。

ふと気付くと、近くに雌さん!
c0340898_19320936.jpg
片足をしまい、くつろいでいた様子?

おじゃま虫のわたしは退散してきました。
























[PR]
by naomin1112 | 2016-06-28 21:08 | ヤブサメ

ヤブサメ・シマエナガ・ゴジュウカラ幼鳥たち

 今日は家を出たのがもうお昼頃、と、ずいぶん遅い鳥見でした。

静かな遊歩道を鳥たちの声を聴きながら歩いていると、路肩の笹薮でガサガサと何羽かがいる気配がしました。
立ち止まって様子を見ていたら、ヤブサメが1羽道路を飛んで渡って来ました。
そして、あとを追って、こげ茶色の小さな子たちがわらわらと渡って来たのです。
もう、ビックリ!!
私の足元の前後に5羽か6羽?着地して、草むらのあたりにチョロチョロしていました。

だんだんヤブの奥へ移動して行った様子を見届け、少し歩いて離れてから振り返ると、まだ1羽見えました。
c0340898_21010227.jpg

c0340898_21021460.jpg
まだ嘴が黄色い、可愛いヤブサメの雛ちゃん。ヨチヨチしていても、道路を飛んで渡ってくる姿は逞しかったです。
もうしばらくは、親に食べさせてもらいながら、生きてゆく術を教わるのでしょうね。





開けた場所で、エナガ幼鳥に出会いました。
高い木の上部を見ていたら、いくつかの群れがいることに気付きました。
c0340898_21034031.jpg
初めて見た、シマエナガ幼鳥。この子はだいぶしっかりしてきている様子でした。


c0340898_21112744.jpg
こちらは成鳥です。水浴びをしてきたのか、羽毛が濡れていました。





森の遊歩道わきが、ずいぶん賑やかだなーと思ったら、ゴジュウカラ幼鳥が何羽もいました。
c0340898_21063396.jpg
色が薄くて、とーっても可愛いーー!

c0340898_21044496.jpg
もう大きさは親と変わらないけれど、親が虫を運んでくれるのを待っています。

c0340898_21125126.jpg
まだ短い、黄色い嘴。この子も親を待っている様子でした。

c0340898_21082827.jpg
何家族かが、近い場所で過ごしている様子が意外でした。
親は、一生懸命この子たちを育ててきたんだなぁーと、しみじみ感動・・・。











[PR]
by naomin1112 | 2015-06-17 22:31 | ヤブサメ

コルリ雌に出会ったけれど・・・。


 今年はあちこちで囀りが聴こえるコルリ。でも、その姿はなかなか見えず・・。
昨日、湖畔の遊歩道を歩いている時、遠くに誰かが・・・アカハラかな~と思って双眼鏡で確認すると、コルリ雌のようでした。
道路の左右を軽やかに、小躍りするように歩き回る様子を初めて見ました。

c0340898_21390735.jpg
縁石の上を飛び跳ねながらどんどん行ってしまう彼女。
何枚か写真を撮りましたが、これだけが確認できる唯一のものです。





今日は午後から仕事なので、午前中に湖畔から橋までの往復だけしてきました。
昨日まで3日連続でヤブサメに出会っているので、今日もどこかで・・・?という期待があったのです。

声が聴こえたのでジッと動かずにいると、ヤブサメくんが!!
c0340898_21410265.jpg

c0340898_21400605.jpg
近くの木に止まって、囀りました。
もしかして、私への威嚇なのでしょうか?





囀りや地鳴きでいっぱいの森の道を進むと、久しぶりにキビタキのブンブン言う縄張り争いの現場。
雄が2羽、少し離れた位置で囀ったり、接近して追いかけたり、睨み合ったりしていました。
c0340898_21422407.jpg
オレンジ色の喉ももちろん素敵ですが、背中の黄色もとっても素敵です。


c0340898_21433949.jpg
喉を膨らませて、囀り声が響き渡る。



c0340898_21445140.jpg
まだこげ茶色、若い雄です。相手の出方を見つめる。



c0340898_21462058.jpg
直角に曲がった場所で優雅な囀り。

もう、子育てに忙しく、虫をくわえたキビタキとうさんをよく見かける中、今ごろ雄同士の争いをしているのは・・・?


[PR]
by naomin1112 | 2015-06-15 22:26 | ヤブサメ

ヤブサメ、やっと出会えた!!

 爽やかな湖畔の遊歩道、湿原の中を流れる小川から、誰かがぴょんと枝に止まりました。
なんと、もう出会いをあきらめていた、ヤブサメ!!
水浴び後のブルブルをしていたところだったのです。

c0340898_20325846.jpg
わかりづらいですが、写真下部は小川の流れです。


c0340898_20333897.jpg
カメラを向けている私に気付いたようですが、羽繕いを始めました。


春先から♪シシシシシ・・・と、ずっと囀りを聴いてきて、ひと目だけでも姿を見てみたいと思っていました。でも、どうしても叶わずにいたのですが、今日はチャッ、チャッという地鳴きも初めて聞くことができました。


c0340898_20345227.jpg
目の前で囀ってくれたのに、ピントが合っていなくて(泣)。



c0340898_20354527.jpg
尾が短くて、よく「寸詰まり体形」と言われるけれど、そこがまたチャームポイントですね!



コサメちゃんが飛んで来たので、ヤブサメくんはどこかへ飛びましたが、また戻ってきました。
c0340898_20365736.jpg

c0340898_20375585.jpg
正面向きに止まると、意外に足が大きく見えました。


まさかこんなふうに出会える日が来るとは・・・!!
一度見失ったあと、また戻ってきた時など、ほんとうにビックリしました。
ここは人が多く歩く遊歩道わきなのですが、もしかしたら巣があるのかもしれませんね。
写真を撮らせてもらった数分間は、今思うと夢のようでした。

















[PR]
by naomin1112 | 2015-06-12 21:29 | ヤブサメ