カテゴリ:クロツグミ( 3 )

てっぺんで歌うクロツグミ

 このところ、カヌーで賑わっているいつもの湖。
青い風景の中に、赤いカヌーが浮かび上がっているようです。
小学生の団体が楽しそうな歓声をあげる湖をあとに森を進むと、上の方からクロツグミの歌が聴こえてきました。

高~い木のてっぺんで、気持ち良さそうに歌うクロちゃん。
c0340898_18404246.jpg

c0340898_18412423.jpg
クロちゃんは、歌いながら羽繕いをしていました。


c0340898_18395412.jpg
ふわふわのおなかと、透き通るような黒い尾羽、遠くても嘴の黄色は輝いて見えます。

このあと私がこの場所から遠ざかっても、しばらくの間彼の歌声は聴こえていました。
ずいぶん遠くまで聴こえるんだなぁーと、ゆっくり歩いていると、小川の対岸にシマリスが。

c0340898_18392272.jpg
最近、見かけなかったのですが、いつも歩道に出て来て人をあまり恐れないコのようでした。


見失った、と思ったら、ひょっこり足元に来ました。
c0340898_18422932.jpg
人の近くは安心できる、と思っているかのようです。
出会うときは、たいがい何か食べています。どんな仕草も可愛い~。





アカゲラの巣立ち雛、というかもう幼鳥さんは、森のあちこちにいて、声で居場所がわかります。

湿原の木にいたこの子は、もうだいぶしっかりしてきたようでした。
c0340898_18433936.jpg
木を突きながら登ったり、となりの木に飛んだり、すっかり慣れてきた様子。
でもまだ親が虫を運んでいました。親から見たら、まだひとりで食べ物を捕るには心配なのかもしれませんね。




こちらは湖畔の幼鳥です。
c0340898_18462427.jpg
まだとても幼い感じで、バサバサとやっとこの木に止まったところです。
下にもう1羽いるようでした。笹薮をガサガサさせている音は、たぶん兄弟なのでしょう。


こちらはおとうさん。
c0340898_18451580.jpg
子育ても仕上げの時期ですね。子どもたちに教えることがいっぱいあるのでしょう。
まだしばらくは食べ物を運んであげるようですね。

















[PR]
by naomin1112 | 2015-07-10 21:25 | クロツグミ

親は大忙し!クロツグミ・ハシブトガラ

 クマに注意、の看板が立ってからいつもの湖はご無沙汰していたのですが、様子を見に行くと一般車通行可の方なら、ウォーキングの方々もちらほらいたので、キャンプ場まで歩いてみました。

エゾハルゼミの声が大音量で響きわたり、キビタキの囀りもかき消されてしまいそうでした。


頭上からぶら下がっている青虫や毛虫に注意しながら歩いて行くと、前方にクロツグミ。
c0340898_18450483.jpg
縁石を上り下りしながら、ぴょんぴょん飛び跳ねるように食べ物探しをしていたようです。
春に渡ってきた頃は、警戒心が強く、人が歩く歩道を一緒に歩くなんて(ある距離をおいて、ですが)考えられなかったことです。





キャンプ場に着くと、今度は嘴にいっぱい虫をくわえたクロちゃんが・・・。
c0340898_18572634.jpg

c0340898_18461584.jpg
これでも、まだまだ虫探しをしていました。こんなにくわえていたら、次の虫をくわえる時に、全部落としてしまいそう。
巣で、おとうさんの帰りを待っているかわいい子どもたちのために、一生懸命虫探しをしているクロちゃんでした。





湿原を通らず、来た道を引き返し歩きました。
ある場所で、なぜか私のすぐ近くで羽をふるふるさせているハシブトガラ、青虫をくわえていました。
c0340898_20090489.jpg

c0340898_20095605.jpg
不思議に思って立ち止まると、もう1羽来て、大きな木にとまると、スッと消えたように見えました。


その時はじめて、ここにハシブトガラの巣があることに気付きました。
とっさに、ここにいてはいけない!と思い、道路の反対側へ、そしてさらに離れてから、そっと様子を見させてもらいました。


頻繁に親が虫を運んでいます。巣に入る前には、鳴いて合図をしているようでした。
c0340898_19013149.jpg

c0340898_19041128.jpg

c0340898_19030449.jpg
人もクルマも通る場所で、しかも出入り口は歩道から丸見えです。
先週は遠足の小学生たちがワイワイと巣の目の前を通ったはずです。
このハシブトガラは、あえて人間のそばに営巣したのでは・・?と思うのです。



家に帰ってよく考えてみたら、はじめに見た、羽をふるふるさせていたコは、偽傷行為だったのかも?!
知らずに巣のすぐそばで立ち止まってしまった私の注意をひこうとしていたように思えてなりません。













[PR]
by naomin1112 | 2015-06-08 21:10 | クロツグミ

夕方の湿原、クロツグミの囀り

 午前中は曇り、午後から晴れという日が続いています。

今日は夕方、キャンプ場の駐車場までクルマで行き、湿原に沿った遊歩道をのんびり歩きました。
この時間に鳥見ということは今までになかったのですが、思っていたより鳥たちが多く見られ、ちょっとビックリでした。


c0340898_18404994.jpg
かわいいキビタキの女の子。
近くには雄もいました。つがいになって落ち着いたところ?のように見えました。




西日を背に、囀るクロちゃん。
c0340898_18433233.jpg
木の葉をなんとかかいくぐってピントを合わせてみました。
遠いので、こちらに気付いていないように思いましたが、そんなことはないのでしょうね。
この距離は、クロちゃんにとって、許してくれる距離なのでしょう。


c0340898_18421078.jpg
クロちゃんがやさしい歌をうたっているのをずっと聴いていました。
1曲終わると、どこからかほかのクロツグミの歌が聞こえてきます。その歌が終わると、またこちらのクロちゃんが歌う・・・これが鳴き交わしなのかな?





湿原を流れる小川から、急に飛び上がったキビタキの女の子。
c0340898_18452598.jpg
雄はびっくりしたのか、離れた木へ飛んで行きましたが、このコはこの枝に止まってのんびりして、そのうち羽繕いをはじめました。





夕方は、みんな水浴びをしたくなるのか、鳥さんに大人気の水場は混んでいました。

このコサメビタキは、ホバリングしながら、流れの速い場所にジャボン!と入っては飛び出てくる・・を繰り返していました。
c0340898_18464112.jpg

キビタキ、センダイムシクイ、ハシブトガラ、シジュウカラも水浴び。
みんな、とても気持ち良さそうでした。


最近、キビタキ雌をよく見かけるようになりました。
雄のバトルを見ることが少なくなってきたので、つがいができて落ち着いたのかな?と思います。
それでもまだまだ、一生懸命囀っている雄は多いです。縄張りの主張か、雌を呼んでいるのか、いろいろな鳥たちの囀りの中で、ひと際目立っています。











[PR]
by naomin1112 | 2015-05-22 21:06 | クロツグミ