カテゴリ:キビタキ( 8 )

キャンプ場まで行ってみました。

 今日も途中まで、のつもりだったのですが、大型犬を連れた家族が同じ方向へ向かったので、距離を置きながらキャンプ場まで行ってみました。
クマが目撃された場所あたりを通過する時は、思わず早足になってしまいましたが。


カラちゃんたちの声、アカゲラの声、ヒヨドリの声は時々聴こえましたが、姿が見えないまま歩いて行くと、道路際の木に飛んで来たコがいました。
とーっても久しぶりの、キビタキでした。
c0340898_21472104.jpg

c0340898_21480185.jpg
今、気付いたのですが、彼の頭上に、セミのぬけがらがちょこんとありました。





キャンプ場に着くと、オンコの木でヤマガラが、せわしなく行ったり来たりしていました。
c0340898_21490538.jpg
幼鳥?それとも換羽中?
羽毛が不揃いなところも、とても可愛い~!
c0340898_21501550.jpg
c0340898_21511176.jpg
足で実をおさえている様子を見ているのが大好きなんです。


c0340898_21520347.jpg
こちらは立派なオトナ。ヤマガラの正面顔は、他の鳥さんたちとは何かが違う・・・と、いつも思ってしまいます。





帰りに見かけたモズは、虫をくわえて得意顔のようでした。
c0340898_21532689.jpg
 蒸し暑かった夏はもう終わり、昼間はカラッと晴れ、朝晩は寒いくらいの気温です。
とても過ごしやすい季節ですが、だんだん陽が短くなるのがちょっとさみしいです。








[PR]
by naomin1112 | 2015-09-01 22:42 | キビタキ

月曜日の湖畔

 日曜日だった昨日とは打って変わって静かな湖畔の遊歩道。
歩いているとき、前後に人もクルマもいない状態というのが続きました。すると、縁石にちょこまかとキビタキの女の子。

c0340898_21105420.jpg
縁石に乗ったり、道路に下りたり、まるで遊んでいるかのようでした。

c0340898_21114073.jpg





水場から上がって羽繕いを始めたこの子は、キビタキ?
c0340898_21095736.jpg






初めて、センダイムシクイの幼鳥にちゃんと出会いました。
c0340898_21124457.jpg
この子はもうだいぶオトナになってきたようです。
センダイムシクイは早めの営巣・子育てなのか、クマの看板が設置される前に(6月初旬)対岸で彼らの巣立ち雛に出会ったことがありました。







ざわざわと、カラちゃんたちのものとはちょっと違う声がしたのでよく見てみると、メジロでした。同じ木に群れでいて、ちょこまかと動き回っていましたが、1羽がふいに出て来て、羽繕いを始めました。
c0340898_21183141.jpg

c0340898_21170346.jpg

c0340898_21153270.jpg

c0340898_21135651.jpg

c0340898_21192521.jpg
動きが速くてなかなか撮らせてもらえないメジロが、明るい場所に出てきて羽繕いを!・・・私はドキドキで、初めはブレブレ写真ばかりでした。
落ち着いてきたころ、やっとふつうに撮ったので、同じようなのですが並べてみました。














[PR]
by naomin1112 | 2015-07-06 22:10 | キビタキ

キビタキ親子

 朝から小雨が降ったりやんだりしていました。
少し明るくなったときにいつもの湖へ行ってみました。


ずっと気になっていた、遊歩道のすぐわきのアカゲラの巣、一昨日までは子どもが大きな声で鳴きながら親を呼んでいました。
・・・昨日か、今朝、巣立ったのでしょう、巣にはもう何の声も気配もなく、静まり返っていました。
ずっと気付かないふりをして見守ってきた、赤いアタマのあの子が、元気にたくましく生きてゆけるように、願っています。





キャンプ場へと続く道を歩いていると、キビタキ雌が虫をくわえて現れました。
今年は彼女たちに出会うことが多いようです。
c0340898_16235134.jpg

c0340898_16211568.jpg

c0340898_16224591.jpg
かわいいなぁ~と、しばらく見ているうちに、虫をくわえたまま高い木へ飛びました。きっと子どもに虫を運んで行ったのでしょう。




少し奥の方で誰かがガサガサしていました。
c0340898_16295760.jpg

c0340898_16265993.jpg

c0340898_16252534.jpg
木の葉をかいくぐってカメラのピントを合わせ、撮らせてもらった後、キビタキの雛だったことに気付きました。


c0340898_16280204.jpg
もこもこのうしろ姿。
このあと、さっきのおかあさんがこの子に虫を食べさせていました。

親子の食事のじゃまをしてしまったようです。







[PR]
by naomin1112 | 2015-06-24 22:01 | キビタキ

歌うキビタキくん

 5日ぶりのいつもの湖、遊歩道は木の葉が茂り、うっそうとしていました。
元気な鳥たちの声が、ここにいる間じゅう、ずっと聞こえていました。


遊歩道のすぐそばで囀っているキビタキくん。
c0340898_19285049.jpg
そっとカメラを向けたら、横目でちらりと睨まれてしまいました。





しばらく進み、また、近くで囀っているキビタキくんに出会いました。
c0340898_19312452.jpg

c0340898_19324455.jpg
喉を膨らませて、自慢の歌を響かせていました。





キャンプ場に近付いた頃、大きな声で何か言っているアカゲラくん。
c0340898_19300408.jpg
相方さんに何かを伝えていたのかもしれません。





明るい広場では、ハクセキレイがタンポポの中をお散歩中でした。
c0340898_19261597.jpg

c0340898_19271931.jpg
街でもよく見かけるハクセキレイですが、このあたりでも気ままに闊歩しています。



キャンプ場は気持ちの良い晴れの天気でしたが、入口付近は曇り空、この地方独特の夏の気候です。
内陸の気温が上がるほど、海からの霧で沿岸部は白く曇ってしまうそうです。








[PR]
by naomin1112 | 2015-05-30 21:14 | キビタキ

キビタキの女の子

 遊歩道を歩いていると、小さな虫が落ちてくるようになりました。何の幼虫なのかわかりませんが、一気に増えました。
葉が茂り、空がだんだん見えづらくもなってきました。
鳥たちにとって、子育てしやすい環境になってきたということなのでしょうね。



鳥たちの声はずっと聞こえているのですが、姿が見えない遊歩道。
湿原を眺めているとき、ふいに目の前に現れたのは、キビタキの女の子でした。
c0340898_20185029.jpg
c0340898_20195601.jpg
突然、至近距離に現れた彼女の可愛らしさにあ然としている私を、不思議そうにじーっと見つめていました。


c0340898_20205634.jpg
まだ、幼い雰囲気の可愛い彼女。


近くでは、3羽の雄が猛バトル中でした。
c0340898_20220308.jpg
この雄のほかにあと2羽。
ブンブン言いながら、追いかけあい、睨み合い、3羽が団子になって取っ組み合っているところも・・!
このところ、キビタキ雄のバトルが盛んでしたが、今日のは私が目撃した中ではいちばん激しかったようです。





キャンプ場近くの小川では、水浴びを終えたキビタキの女の子。さっきの子より少し濃い色合いです。
c0340898_20233029.jpg

c0340898_20242930.jpg
遠くから、羽繕いの様子を見せてもらいました。


彼女のことばかり見ていたので、気付かなかったのですが、すぐそばに雄がいました。
c0340898_20252069.jpg
私のことを監視していたのかもしれません。
彼女の羽繕いが終わると、仲良く山側の木へ飛んで行きました。





だんだん、空が暗くなってきたので、湿原に架かる橋を渡って湖畔へ向かいました。
ポツリ、ポツリきたので、傘を出そうかなーと思っていたとき、何やら揉めながら飛んで来たのは、今年初めてのイカル!
c0340898_20260808.jpg
ホントに久しぶりに出会いました。
3羽いて、すごく揉めているようでしたが、みんな文句を言いながらも、何か食べていました。
今度は、雨じゃない日に会えるかな・・?









[PR]
by naomin1112 | 2015-05-20 21:24 | キビタキ

キビタキ、囀りとバトル!

 爽やかに晴れた、いつものキャンプ場。
ベンチに座っていると、キビタキの姿が見えました。

c0340898_21440943.jpg

c0340898_21460624.jpg
風が吹いたら、黒い羽毛がなびいて、中の白い羽毛が見えました。



可愛くて、とても素敵な囀り。
c0340898_21481085.jpg
いつまでも聞いていたいな~と思っていると、



もう1羽、キビタキ君が現れました。
すると、戦闘態勢!
顔つきが一変します!
c0340898_21465706.jpg
ブンブン言いながら追いかけて、飛んで行ってしまいました。



でも、すぐに同じ木に戻ってきて、今度は虫を捕まえました。
c0340898_21493928.jpg
あっという間に食べ終わり、



また、囀りはじめました。
c0340898_21505433.jpg
膨らんだのどがとってもカワイイ~!



急に素早く場所を変えて、再び戦闘態勢!
c0340898_21520116.jpg
さっきと同じ相手かどうかはわかりませんが、睨み合い。
そして追いかけて行き、



私の目の前の木でまた睨み合いです。
c0340898_21523476.jpg

ここはキビタキ君たちが多くいます。
縄張り争いが激しくて、ずいぶんと体力を消耗してしまいそうです。

雌が来たら、さらに激しいバトルになりそう・・・でもその前に、そろそろ決着がつくのかな?










[PR]
by naomin1112 | 2015-05-18 22:24 | キビタキ

去年生まれのキビタキくん

 天気予報では、9時から12時までは晴れマークだったので、そのように出かけました。
昨夜の雨があがり、ますます木の葉が元気に生い茂ってきたようです。



キャンプ場ではアカハラが闊歩していました。
渡ってきた頃は警戒していて、遠くに見えただけで飛んでいってしまったけれど、今は人馴れしたのか、ある距離を保っていれば飛ばずにそこらへんにいます。
c0340898_18122364.jpg
ベンチのまわりを歩きまわって、ミミズを探しては食べていました。





キャンプ場手前の広場で鳥友Tさんとお喋りしているとき、頭上をすーーっと飛んできたキビタキくん。
c0340898_18135671.jpg






湿原の木道を歩いていると、私の少し前へ、前へと、コサメビタキが先導してくれました。
c0340898_18155232.jpg






木道を渡り終わるところで、コサメちゃんはどこかへ飛んで行き、今度はキビタキくん。
c0340898_18164768.jpg
縄張り争いの追いかけあいの真っ最中でした!



c0340898_18180445.jpg
相手との睨み合い?それとも相手を見失った?
緊迫した表情で、ジッとしていました。



少し移動して、開けた場所へ。
c0340898_18201338.jpg

c0340898_18190591.jpg
彼の後ろ姿を見ていて、黒ではなくこげ茶色なんだなーと思いました。

帰ってから調べてみると、第1回夏羽(去年生まれの子)は、全体的に色が淡く、褐色部があり、特に後頭と翼にみられるそうです。

ほかの鳥さんたちもそうですが、このキビタキくんも、はるばる海を渡って北海道に帰ってきたんだなぁーと思うと、本当に感動!です。
キビタキの渡りといえば「キビタキ船長」のお話を思い出し、検索して読んではまた感動!しています。












[PR]
by naomin1112 | 2015-05-13 19:57 | キビタキ

キビタキ君、到着。 初・さくらメジロ。

 先日は家族で札幌方面へ鳥見に行ったので、今日は室蘭・伊達方面へ行きました。
ちょうど桜が見ごろなので、どこへ行っても賑わっていました。



庭園や小高い丘のある探鳥地では、今シーズン初のキビタキくん!
数日前にはオオルリが到着していたので、そろそろかな・・・と、毎日楽しみに待っていたところでした。

c0340898_22233902.jpg
林の中で彼を見つけたとき、なんとも言えない感動!


c0340898_22251413.jpg
ときどき、囀っていました。なつかしい、この声!


c0340898_22263549.jpg
今日はこのコ1羽に出会いましたが、きっと森林のあちこちに仲間がバラけているのでしょうね。
かわいいお嫁さんが見つかるといいなー!





次に向かった場所の駐車場わきに、大きな桜の木がありました。
なんだか声が聞こえる・・・と、よく見ると、メジロがいっぱい!!

今まで、いろいろな方の「桜メジロ」ブログを拝見してきて、と~っても羨ましくて、いつかは私も・・・と思い続けていました。
その機会がやっとめぐってきてくれたようで・・!
c0340898_22355012.jpg

c0340898_22402799.jpg

c0340898_22414039.jpg
チュルチュル、チルチル・・みんなのかわいい声が聞こえていました。中には、朗々とした囀りも。


c0340898_22425372.jpg

c0340898_22444043.jpg
ひっきりなしにクルマが通る場所なので、メジロたちは1羽が飛んで行ってしまうと、木にいたみんなが次々に同じ方へ飛んでしまいます。
でも、また次々にもといたところへ帰って来ます。これを延々と繰り返していました。





前々から楽しみにしていた、熊谷 勝さんの写真展、「野鳥美を求めてⅡ」。
道の駅、みたら室蘭へ行きました。
ホールに展示された数々の作品は、ふだん見かけることのできる鳥、なかなかお目にかかれない鳥、そのどれもが命あふれ、いきいきとした姿で私たちに感動をあたえてくれました。
笑顔の素敵な熊谷さんは、とても気さくな方で、野鳥の撮影、生態、エピソード、ご自身のことなどいろいろなお話をしていただき、ほんとうに楽しい時間を過ごしました。持参した写真集「野の鳥の四季」にサインをしていただき、とても嬉しかったです。











[PR]
by naomin1112 | 2015-05-06 00:28 | キビタキ