カテゴリ:カワラヒワ( 3 )

カワラヒワ夫婦

 最近、キャンプ場でよく出会うカワラヒワ。
いつもつがいで仲良く過ごしているのに、今日は雄だけが見えました。

c0340898_18335771.jpg


雌はどうしたのかなぁ・・と、広場を見回すと、やっぱりいました。
c0340898_18351148.jpg
よく見ると、タンポポの綿毛ではなく、綿毛になる前の状態のモノを食べていたようでした。

c0340898_18361791.jpg
c0340898_18373739.jpg
このとき、雌の向こうにもう1羽いることに気付きました。

c0340898_18383833.jpg
ニュウナイスズメの奥さんも、同じようにタンポポのタネをたくさんくわえて行きました。


c0340898_18393039.jpg
雄の待つところへ飛んで行きました。





湿原を流れる小川の上に、キビタキ雌さん。
c0340898_20422599.jpg
木漏れ日が、ちょうど彼女のかわいい横顔を照らしていました。


c0340898_20431433.jpg
ここを通るたび、争い中のキビタキ君を見ますが、なかなか決着がつかないようです。





c0340898_20412094.jpg
ひらひら可愛いシラネアオイ。



c0340898_18405629.jpg
クリンソウ、湿原のあちこちで咲いています。












[PR]
by naomin1112 | 2016-05-26 20:14 | カワラヒワ

庭に来る可愛いお客さん

 ひまわりの種が食べごろになった我が家の庭には、連日お客さんがやって来ます。

カワラヒワの親子は、子どもが大騒ぎしてずっと親を急かし鳴いているので、「来たな~♪」と、すぐにわかります。
c0340898_22123767.jpg

c0340898_22133344.jpg

c0340898_22142373.jpg
下で待っていなさい、と言われたのか、ちょっぴり不満顔?





スズメの親子も、親がとても忙しそうに種を食べさせていました。
c0340898_22101048.jpg
 
c0340898_22105228.jpg
この子はまだよちよちで、自分ではひまわりの花の上に行かず、ひたすら待っていました。それでも、親といっしょに飛んで行くときは、逞しい羽ばたきでついて行きました。





カササギは、家の中からガラス越しに。
c0340898_22153138.jpg
わかりずらいのですが、カササギの嘴にひまわりの種がいっぱいくわえられています!
何往復もしていたので、どこかに貯めこんでいたのでしょう。

c0340898_22164755.jpg
私たちが二十年前、北海道に越して来たころに比べると、確実に増えているカササギ。
すっかり住宅街のお馴染みさんです。





夕方やって来たのは、シジュウカラの親子です。
c0340898_22175198.jpg
まだ色が薄めの、可愛い子ども。種が欲しいけれど、足場がなくて困っている様子でした。


c0340898_22184070.jpg
親は、もう子どもに食べ物を与えていませんでした。しっかり自立してきているようです。


c0340898_22193999.jpg
さっきカササギが落としていったのか、種を見つけました!
足ではさんでコンコン、だいぶ手こずっていましたが・・・。












[PR]
by naomin1112 | 2015-09-24 23:02 | カワラヒワ

海岸草原のカワラヒワ

 どんよりと曇った日が続いています。
午後になってやっと少し明るくなってきたので、海岸草原へ行ってみました。
いつも、クルマを停めるとすぐに文句を言いに来るノビタキ夫婦は不在でした。

遠くにポツリ、ポツリ何羽かノビタキの姿、姿は見えないけれどシマセンニュウの声、相変わらず道路の端にヒバリ、珍しくベニマシコのピッポー声。
初夏にはたくさんいたオオジシギは、いるのかいないのか・・?もう渡って行ってしまったのかもしれません。


そんな中、いつも数羽がここで過ごしているカワラヒワが、今日はたくさん!!あちらこちらから集まってきたのでしょうか。
警戒心が強く、遠くからカメラを向けただけでぱぁーーっと飛んで行きます。

でも、出会えることを楽しみにしていたカワラヒワ幼鳥が、まったり休憩していました。
c0340898_20371285.jpg
c0340898_20375062.jpg
おなかの縞模様と、なんといっても顔が可愛い~!と思うのです。



c0340898_20455706.jpg
カワラヒワは町にも多く、スズメと同じように身近な鳥です。我が家の庭にも毎日、水を飲みにやって来ます。
野原で出会うカワラヒワの方が、からだが大きいように感じます。
カワラヒワとオオカワラヒワの違いなのか、個体差なのか??



帰る時、国道へ出る前に、ふいにクルマのすぐそばに飛んで来たコです。
c0340898_20410741.jpg




c0340898_20394340.jpg
海岸草原は今、ハマナスの赤い実と遅咲きの花、エゾカワラナデシコ、シモツケソウ(?)で、とても綺麗です。
恐怖だった、毒蛾はどこへ行ったのか、姿はありません。



[PR]
by naomin1112 | 2015-08-04 21:43 | カワラヒワ