カテゴリ:カシラダカ( 2 )

カシラダカがいっぱい!

 昨夜から、暴風がつづきました。朝、いろんなモノが風で飛ばされてしまっていました。
少しおさまった頃、いつもの湖へ行くと、遊歩道に落ち葉が積もり、路面が見えないところもあったほどです。


今日はウォーキングの方々もお休みのようで、森はひっそりとしていました。
ところが、キャンプ場入口あたりで、ちっ、ちっ、と声が聞こえた、、、と思った次の瞬間、茶色い集団がばばっ!!っと飛び、それが何度も続いてビックリしました!
たぶん、100羽以上はいたと思われる、カシラダカの群れです。


少し離れた高い木へ飛ぶグループもいれば、近くの木にとまってこちらを向いているグループもいました。

c0340898_23334273.jpg
じーーっと見つめられてしまいました、、、。




c0340898_23354633.jpg
この子はなんとなく幼さが残るような、、、。


今までカシラダカは、あまり出会う機会がなかったのですが、今年はとても多く、この森へ来れば必ず会えるようになりました。
年によって変動がありますが、多かった次の年には、やはり期待してしまいますね。





このあと、湿原の方へ歩いて行きましたが、行く先、行く先、カシラダカの群れがまるで先導してくれるかのように一定の距離を保ちながらいてくれました。
湿原を渡る橋に着いたころには、いつの間にか姿が見えなくなっていましたが。

橋を渡っている途中、浅い小川の中で動き回っている白黒の2羽を発見。
c0340898_23342721.jpg
セグロセキレイが、落ち葉をめくって食べ物を探していました。


2羽は、夫婦か兄弟か、?ですが、↑のコはとてもせわしなく、↓のコはおっとりして見えました。
c0340898_23351538.jpg
小川の中を歩きまわっていましたが、ときどき、少し深いところに入ってしまう場面もあったりして、そんなときは、ちょっと焦った顔をしているようにみえました。
彼らは、泳ぐことはできませんよね?










[PR]
by naomin1112 | 2014-11-05 00:27 | カシラダカ

カシラダカ、やっと出会えた!

 さわやかな秋晴れが続いています。
昨日まで気温が低かったのですが、今日はそれほどでもなく、とても過ごしやすかったです。
いつもの森では、栗はもう拾い切ったのか、栗拾いの姿はなく、キノコ採りが盛んでした。


夏の間、緑のトンネルだった遊歩道は、今度は紅葉のトンネルです。
c0340898_20251003.jpg
道には落ち葉が敷き詰められ、ふわふわした足裏の感触が、靴底を通して感じられます。
これからどんどん葉が落ちて、冬には幹の向こうの景色までが見渡せるようになり、アカゲラなどの派手な色を持つ鳥さんたちはかなり目立ってしまいます。




今日は、今までどこを歩いても聞こえてきたアオジの地鳴きが聞こえてきません。
昨日、みんな出発したのでしょう。
まずは室蘭方面を目指したのかな?もっと先、函館から海を渡るのかな?いろいろ思いをめぐらせてしまいます。




そんなふうにアオジのことを考えながら歩いているとき、湖畔のひらけた感じのところで、チッ、チッ、と声が聞こえました。
アオジがいる、と思って探したら、少し離れた地面から木に飛び移ったコ、、、
c0340898_20163667.jpg
カシラダカです!
なかなか出会えなくて、ずっと探していました。ここでしばらくじっとしていたのですが、、、




なんと、私の側の木に飛んできてくれました。
c0340898_20175037.jpg
c0340898_20183575.jpg
しきりに、上空を警戒していました。
図鑑によると、カシラダカは群れでいることが多いそうです。
この子はひとりでいましたが、もしかしたら、近くに群れがいたのかもしれませんね。



[PR]
by naomin1112 | 2014-10-24 22:17 | カシラダカ