カテゴリ:ノビタキ( 2 )

ノビさんと樽前山・初めて出会ったコムク幼鳥

 カラッと晴れた海岸草原は風もなくおだやかでした。

思いがけなく、道のすぐわきの茂みに出入りしているシマセンニュウを見かけました。
c0340898_14583066.jpg
営巣中かもしれません。なんとなくそのような声が聞こえました。
なんでこんなに人が通るところに?
それとも、あえて人間のそばにしたのでしょうか。





樽前山とノビタキ雄。
c0340898_15022825.jpg

そして樽前山とノビ雌さん。
c0340898_15055083.jpg
ここから樽前山までかなり距離があるのですが、写真だととても近いように見えるので不思議です。



c0340898_15044707.jpg
ハマナスの実がいっぱい!でもまだちらほらと遅咲きの花も見かけます。






夕方、駅付近で、聞き覚えのある声がしました。
よく見るとコムクドリがいっぱい!!ビックリしました!
c0340898_20084620.jpg
いっぱいいすぎて、どこを撮ったらいいのか迷ってしまいます。
私が見た限りでは、幼鳥の群れのようでした。


c0340898_20120384.jpg
幼鳥のあいだは、雄も雌も見た目は同じなのでしょうか?
初めて見たコムク幼鳥は、ふっくらしていてほんとうに可愛かったです。
まだあどけない表情の幼鳥たちですが、飛ぶときはすごい迫力!いっせいに飛び立ち、旋回する姿はとても格好良かったです!



c0340898_20164217.jpg
遠くなったり近くなったり・・・しばらくの間、観察しているうちに、ムクドリ幼鳥もいっしょにいることに気付きました。
ムクドリも、幼鳥は初めて見ることができました。
薄い色合いで、とっても可愛かったです。













[PR]
by naomin1112 | 2015-07-17 21:38 | ノビタキ

ノビタキきょうだい

 久しぶりの海岸草原は鳥たちの声で賑わっていました。

ハマナスの花の近くで囀っていたコヨシキリ。
c0340898_20290671.jpg

c0340898_20294973.jpg
相変わらずのハイテンポです。
縄張りを主張しているのでしょうか、それともお嫁さん探し?ちょっと飛んでも、また同じあたりに戻って来てスルスルと登りながら囀ります。





もうそろそろかな~と思っていましたが、やっとノビタキの子どもたちに出会うことができました。
とても遠いので、カメラを向けてもゆらゆらの手振れです・・・。でも、かわいいので並べてみました。

まだあまり動けないような、おチビさん。ここから親をジッと見つめている様子でした。
c0340898_20313047.jpg

c0340898_20303640.jpg
親が虫を運んでいました。バランスを崩しながら、パタパタとおねだり!



最初、この子1羽だけかと思っていましたが、兄弟が飛んで来ました。
c0340898_21355045.jpg

c0340898_21371085.jpg
あとから飛んで来た子(左側)は少し成長が早いようで、親の後を追って飛び回っていました。



c0340898_21385952.jpg
たまたまこの場面が写りました。親が子どものところに飛んできて虫を与えるのはとても速いです。



c0340898_21381455.jpg
まだあまり上手に飛べないこの子も、一日ごとに立派なノビちゃんになってゆくことでしょうね。



c0340898_21392860.jpg
こちらは、もうだいぶ飛べる子。飛ぶことが楽しくて仕方がない、という様子でした。

2羽とも、元気に育ってほしいです。
北海道生まれのこの子たちは秋には海を渡って行くのですね。





もう帰ろうとした時、近くの水場からいきなり上がってきてビックリした、シマセンニュウ。
c0340898_21405687.jpg
いつもなら、囀り声は聴こえてもなかなか出会えないのです。でもこの彼は、慌てるわけでもなく、羽繕いをしたり囀ったりしていました。











[PR]
by naomin1112 | 2015-06-25 22:31 | ノビタキ