冬なのに、ウグイス巣立ち雛?!

 遊歩道のまわりは葉が落ちて、かなり見通しが良くなりました。
夏のうっそうとした森が、スカスカの木立へかわり、もの悲しい雰囲気です。
でも、松林ではカラちゃんたちの元気な声が聞こえてきました。



今日はこれから何かイベントがあるんですか?と聞きたくなるほど、ヒガラがいっぱい!
みんなで冬支度なのかな?なにやらとても忙しそうに、歩道の路肩(落ち葉が積もっている)と松の木を行ったり来たりしていました。
c0340898_16205421.jpg
いっぱいいると、ぜんぜん撮れないのは、エナガだけではありません、、、。
なにしろ動きが速くて、追いつけませんでした。





このところ毎日通る、木道のある水場では、一見誰もいないように見えましたが、歩道から一歩木道に踏み出したとたん、ばっっっ!!と一斉にカシラダカの群れが上部の木に飛びました。
c0340898_16224594.jpg


c0340898_16215549.jpg
今日は少なくても20羽はいたようです。みんなお食事の最中だったのですね。





湖一周コースを進み、ある場所で、歩道のすぐ脇の笹がガサガサしました。何だろう?ネズミかな?と思い見ていると、
c0340898_16240659.jpg
なにかの幼鳥?!
色と大きさと尾の様子、それに場所から、ミソサザイかも?と思いました。



そしてちょっと歩いたら前方に、のんびり遊歩道を横断している茶色いコが、、、。
c0340898_16245583.jpg
そ~~っと近づいてみました。
たぶんさっきのコと兄弟だな、、、こっちのコはまだやっと歩いている様子。


c0340898_16254568.jpg
きっと、ヒトを見たのは初めてだったのですね。よちよちと、私の方に向かって来てしまいそうでした。
かわいくて、かわいくて、もっと見ていたかったのですが、親がどこかでハラハラしているのでは、、、と思い、その場をあとにしました。

もう冬なのに、ちゃんと育つことができるのでしょうか。
朝晩はとても寒いし、雪が降るかもしれないのに、、、。それに、カラスや猛禽がうろうろしているし、、、。


家に帰って冷静に考えてみたら、ミソサザイではないことに気付きました。
では、なんの幼鳥だろう???図鑑やネットで1時間くらい調べました。
パソコンの前で悩んでいたら、ひょいと来た息子が「ウグイスの子じゃない?」と。
またネットで、ウグイス幼鳥・巣立ち雛を検索したところ、やはりそのようでした。
尾は、だんだん長くなっていくそうです。

もう11月後半、これから成長して南へ渡るとは考え難いので、越冬するのだと思います。
どうか無事で、、、と、願います。









[PR]
by naomin1112 | 2014-11-19 17:36 | ウグイス
<< オオワシ到着!ツグミ到着! シマエナガ・ヒヨちゃん・ルリビタキ! >>