カシラダカがいっぱい!

 昨夜から、暴風がつづきました。朝、いろんなモノが風で飛ばされてしまっていました。
少しおさまった頃、いつもの湖へ行くと、遊歩道に落ち葉が積もり、路面が見えないところもあったほどです。


今日はウォーキングの方々もお休みのようで、森はひっそりとしていました。
ところが、キャンプ場入口あたりで、ちっ、ちっ、と声が聞こえた、、、と思った次の瞬間、茶色い集団がばばっ!!っと飛び、それが何度も続いてビックリしました!
たぶん、100羽以上はいたと思われる、カシラダカの群れです。


少し離れた高い木へ飛ぶグループもいれば、近くの木にとまってこちらを向いているグループもいました。

c0340898_23334273.jpg
じーーっと見つめられてしまいました、、、。




c0340898_23354633.jpg
この子はなんとなく幼さが残るような、、、。


今までカシラダカは、あまり出会う機会がなかったのですが、今年はとても多く、この森へ来れば必ず会えるようになりました。
年によって変動がありますが、多かった次の年には、やはり期待してしまいますね。





このあと、湿原の方へ歩いて行きましたが、行く先、行く先、カシラダカの群れがまるで先導してくれるかのように一定の距離を保ちながらいてくれました。
湿原を渡る橋に着いたころには、いつの間にか姿が見えなくなっていましたが。

橋を渡っている途中、浅い小川の中で動き回っている白黒の2羽を発見。
c0340898_23342721.jpg
セグロセキレイが、落ち葉をめくって食べ物を探していました。


2羽は、夫婦か兄弟か、?ですが、↑のコはとてもせわしなく、↓のコはおっとりして見えました。
c0340898_23351538.jpg
小川の中を歩きまわっていましたが、ときどき、少し深いところに入ってしまう場面もあったりして、そんなときは、ちょっと焦った顔をしているようにみえました。
彼らは、泳ぐことはできませんよね?










[PR]
by naomin1112 | 2014-11-05 00:27 | カシラダカ
<< ミヤマホオジロ・ベニマシコくん... 紅葉もそろそろおしまい >>